サイケデリック・奇譚

永遠の日常は非日常。

タグ:アニメ

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1427669698/

971 : 本当にあった怖い名無し:2015/05/31(日) 12:34:48.43 ID:8Dz8pdvb0.net
ムーミンシリーズに、登場する度に後味が悪いというか物悲しいような、
複雑な気分にさせられるキャラがいる。
モランという名前で、よくみんなのトラウマにも挙げられるキャラ。
容姿は文章じゃちょっと説明しにくいので画像を下に貼っときます。
因みに女性。

ムーミン谷は色んな生物や種族が価値観は違えど皆受け入れあい、共生している。
だからこそムーミン谷はユートピアなのだ。
こんな風な言葉がムーミンの原作の解説にはあった。
しかしそのムーミン谷に陰を落とす存在、誰とも共生出来ない存在、それがモラン。

モランの体は冷たく、彼女に触れた者は下手すれば凍え死んでしまう。
彼女の周りは冷気が立ち込める。
彼女が通った跡は凍りつき、長く佇んだ場所は二度と草花が育たなくなる。
原作では氷のような声と表現され、アニメ版「楽しいムーミン一家」では呻り声しか発さない。

モランは寂しく、体は冷たく、常に(暖をとる意味でも、人肌が恋しい意味でも)
あたたかさを求めて彷徨っている。
けれど彼女が焚き火を求めても近づいた途端冷気で火は消え、
他人を求めれば他人は恐ろしさに逃げていく。

以下、原作のエピソード。


972 : 本当にあった怖い名無し:2015/05/31(日) 12:37:41.64 ID:8Dz8pdvb0.net 
ムーミンパパが若い頃の話では、パパはモランに追われていた人を助ける。
「なんでこんな事をするんだ!」とパパ。(アニメ版での言葉だった気もする)
ただ人肌を求めているモランからすれば理不尽な台詞。
そしてこの回で確信したのが、モランは昔からずっと彷徨っているということ。

スナフキンが子守をする話では、
彼がなかなか言う事を聞いてくれない子供達に困っていると、
ミイが「モランのことを言っておどかしなさいよ!私の姉さんはそうするわ」と言う。
モランは恐いもの、嫌われものの代名詞。

ムーミン一家が島へ移住する話では、
ムーミンがとある目的で夜中、カンテラを振っていた所に
海を凍らせその上を歩いて、モランがカンテラの明かりを求めてやってくる。
凍りつくのは怖いけど、仕方なくその日から浜辺にずっといるモランに、
夜中になるとカンテラを振ってやるムーミン。
モランは揺れる明かりを目で追うだけ。

ある日、カンテラを振って貴重な油を減らす事にイライラし、
ついでに嫌な事があったムーミンは、モランが少し近づいているのを見て、
思わず怖さも相まり当たり散らす。「あっちへいけ!」と。
モランはその日から悲しそうな声で毎晩鳴くが、
ムーミンは特に何もせず、もう浜辺へカンテラを振りには行かなかった。

モランに思いやりを持ってくれたムーミン。
しかし突き放してしまう。
考えの無い優しさは人を傷つけてしまうというのはこういう事なんだな、と思ってしまった。
でもまあそんな哀愁漂うモランが好きだったりもする。

上が原作のモラン(ムーミンがカンテラを振る時の挿絵)
下がアニメのモラン。






http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1350817711/

70 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 08:25:15.25 ID:bA40+LsX0
霊的な話とかじゃないんだけど。

この間都内の御徒町辺りの飲み屋で知り合いと飲んでいたんだけどさ。
そしたら自然と最近のアニメやマンガの話になって、
飲み相手と「魔法少女まどか☆マギカ」の話振られたんだよ。

正直俺は、第一話だけ見て
「何が面白んだか解らない。続編は見てない」って言ったのね。
相手は「はははー。そうだよねー。」って言ってた。




そしたら、隣のテーブルで飲んでた若いグループの兄ちゃんが急に乗り出した。
それも一人や二人じゃなく、四人全員が。

「あの作品を面白いとは思えない奴は頭がおかしい。
あれこそ、2000年代を代表する名作アニメだ。」とか言ってきたわけ。
そして魔法少女とはなにかとか、宇宙の法則がどうしたとか、
なんかそういう正直どーでもいい話を延々とし続けてきた。

 
俺、田舎在住で終電早いんで、仲間も察してくれて「そろそろお開きにするか。」と。
そしたらそのオタク集団が「逃げるのか!」とか言い出してきた。
俺は「バカヤロウ、終電があるんだよ!」と言って会計へ。

そしたらそいつらのうちの二人が、御徒町駅まで追いかけてきてやんの。
気持ち悪くなったんで、小走りで上野駅まで行ってまいてやった。


確かに奴らのホームである、アキバ近くの飲み屋でそういう発言した俺も無用心だったと思う。
だけど、大阪で阪神タイガースの批判をしたって、
水道橋近くで巨人軍の批判をしたってそこまで「信者」が乗り込んでくることはなかった。

正直怖かった。
あいつらカルト信者かよって思って。



71 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 10:27:40.72 ID:a9yP5fCzO
ネタバレになるけどまどかマギカは
「最初ほんわかアニメ思わせといて急に×××展開にしてビビらす」
という手法が取られているため
最初の数話が悪く言えばあえてつまらなくしてある。
×××展開になるまではCMやEDまでほんわかアニメにカモフラしてあり
展開と同時にそれらも急に変わるという懲りよう。
そのため最初の部分だけを見て批判されると怒る人がいるかもしれない。



72 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 10:40:58.26 ID:zviIwzZM0
いきなり首食いちぎるアレか。
ネットの発言叩くとかなら理解出来るけど、リアルで追いかけられたら怖いな。



73 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 10:51:33.10 ID:bA40+LsX0
今はどうだか知らないけど、ブームまっただ中は結構酷かったんだよね。
俺のも含めて、俺の周囲でも結構すごくて、
それこそ「創価顕正か、まどマギ信者か」ってくらい。
震災とかもあった時期とも重なるから、
どこかまどマギに救いを求めていたのかも知んないけどさ。
それでもヤバかった。
まどマギをちょっと批判するだけで、マイミクやフォローが二桁減るくらいw



 「銀牙 -流れ星 銀-」は、1983~1987年に『週刊少年ジャンプ』で連載された漫画である。
作者は高橋よしひろ。1986年にはテレビアニメ化され、2005年にはミュージカル化もされている。

アニメーションは海外でも放映され、いまだ根強いファンを持つ。

そのストーリー性と独自の世界観、過酷な運命に立ち向かう銀らの姿に、国内はもとより、海外からも熱く支持されてきた。

アニメのOPは上手く構成されており、この部分だけで銀の運命に翻弄されつつ、しっかりと自立して行く様が表現されている。




【ストーリー(赤カブト編)】
・主人公は秋田犬の猟犬・銀。熊犬という熊を追う猟犬である。
父親犬・リキと、主人の猟師・五兵衛の仇を討つべく、凶暴な人食い熊・通称「赤カブト」に立ち向かう成長物語。
(祖父犬であるシロもまた赤カブトに殺されており、壮大な因縁物語ともいえる)

熊犬リキは赤カブトと闘い、谷底へ転落して行方不明となった。
リキの復讐を果たすべく、猟師の五兵衛は生後まもない子犬の銀を熊犬として厳しく育てて行く。

五兵衛の孫息子である大輔と心の交流を続けながら、銀はたくましく勇敢な熊犬として成長するが、五兵衛の死により、「赤カブト打倒」を強く誓った銀は、日本中の勇敢な犬達を集めるべく旅にでる。
(暴れ熊赤カブトはその巨体と凶暴さ故に、人間でも歯が立たない)

所謂冒険熱血青春ドラマであり、犬同士の会話をセリフで表すことにより友情、結束、葛藤、成長を描く。

旅の行き先々で様々な犬達にあい、仲間を増やし、あるいは反目しつつも銀は精神的にも大きく成長する。
やがてついに、多くの仲間犬達を引き連れ、宿敵「赤カブト」との因縁の対決に臨む。



結末は、あえてここでは記事にしないでおく。
この後、「八犬士編」に続く。
他にも「特別編」(外伝)も描かれている。
続編として「銀牙伝説WEED」がある。

描かれる犬達は多岐にわたっており、グレートデン、ドーベルマンから甲斐犬、土佐犬などとあらゆる犬種がそれぞれの運命を背負って登場する。
彼らの因縁や苦しみを取り除いてくれた銀に恩義を感じ、行動を共にする者もいる。

興味のある方は一読してみると良い。
文庫版であれば、10巻ほどで完結する。
(続編除く)


なお、この作品の物語の巧みさを示すため、ひとつだけエピソードの種明かしをしておこう。

銀の父犬・リキは子犬の銀をかばい、谷へ落ちたが命だけは助かっていた。しかし記憶を失っており、覚えていたのは赤カブトへの憎悪のみ。
やがて銀とも再会するが、息子としての記憶はなく、ただ打倒赤カブトのみで協力する。
五兵衛の死後、銀が勇敢な犬達を集めに旅にでている間は、リキが1匹で赤カブトの手下らの熊と闘い、被害を防いでいた。
銀と仲間が揃い、人喰い熊との最終決戦となった時に初めてリキの記憶が戻り、銀を息子として認識、親子で闘いを挑む。
同時にそれは、リキの父・シロの仇討ちも兼ね、3代に続く因縁の闘いとなるのだった。


関連記事 


↑このページのトップヘ