サイケデリック・奇譚

永遠の日常は非日常。

タグ:事故

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1392478821/


53:本当にあった怖い名無し:2014/02/28(金) 03:50:34.11 ID:2OMVjEiM0.net[1/2]
福井県の東尋坊で聞いたはなし。


言わずと知れた自殺の名所だが、ここにもいわゆる「いのちのでんわ」が設置してある。

観光で訪れた老夫婦が東尋坊に沈む夕陽を眺めていると、
いのちのでんわの中に佇む若い男が見えた。
無視するのも関わるのもイヤな気がしたので、しばらく様子を伺う事にした。

 
男は電話でどこがに電話している様子だったが、男は電話を切ると
電話ボックスから飛び出して、猛ダッシュで崖に向かい崖からあっという間に飛び降りた。


慌てた老夫婦の旦那が、飛び降りた崖を見に、
婦人の方は携帯を持ってなかったのでそのいのちのでんわから通報しようと受話器を取り
ダイヤルを押そうとしたら受話器から

「死ぬしかないよ、死ぬしかないよ、死ぬしかないよ、死ぬし・・・・・」

とい言う女の声が繰り返し流れていた。





54 :本当にあった怖い名無し:2014/02/28(金) 12:20:49.99 ID:tR6VC74Z0.net
同じく東尋坊での話し 
 
ある日、バイト先の同僚らが東尋坊にいった
そこには眼のおよいだ若い女性がいた
とりあえず、その女性を近くの駅まで送っていったらしい



55 :本当にあった怖い名無し:2014/02/28(金) 12:24:27.92 ID:tR6VC74Z0.net[2/2]
またまた、東尋坊での話 
 
大学の同期ら数名が東尋坊いった
現地で、2人がいきなり鼻血をだした
そして、そこにいった連中全員が年内に交通事故にあっている
偶然か?



短くて怖い話

5.:本当にあった怖い名無し 2014/02/16(日) 03:36:24.02 ID:jiDdraab0.net[2/7]
これも石川県の小松市という所で、あるデパートに隣接して立つ
立体駐車場に勤務する警備員から聞いた話。


ある日の昼、その駐車場の裏で中年の女の死体が発見された。
どうやら車で駐車場に来て屋上の8階から
飛び降り自殺したというのが監視カメラの映像から分かった。


その自殺者の乗ってきた軽自動車は
その日のうちに親族か関係者らしき人が引き取りに来たが、
見慣れないお札の様なステッカーが貼ってあったのが妙に印象に残った。

 
翌朝、その警備員が勤務先の駐車場に向かう途中、交通事故現場に遭遇した。
どうやら路肩に止めてあった大型トラックにノーブレーキで軽自動車が突っ込んだようだった。 
 
軽自動車は完全に原型をとどめていない程大破していて
運転手は即死だというのが素人でも一目で分かった。


ただその車は、あの飛び降り自殺した女が乗っていた軽自動車と同じステッカーが貼られていた。
間違いなく同じ軽自動車だった。




http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1401730969/


827 : レインメーカー(catv?):2014/06/05(木) 16:12:02.24 ID:uYLCcJgp0.net
マリオ系のバイトしてて、あるお宅にお邪魔したときの話。

夏休みのクソ暑い昼間に、車の中で子供達が遊んでたんだ。
「げ~dqnかよ」と思ってたら、施主は見た目フツーのおばちゃんだった。

dqn親が孫を預けに来て手をやいてるパターンかなとか思いつつ、
淡々と打ち合わせを済ませた。
そのお宅から出たらもう子供は居なくなってて、ちょっと安心した。

次行ったら、また子供が車で遊んでて、今度は腕を出したり引っ込めたりして遊んでた。





831 : レインメーカー(catv?):2014/06/05(木) 16:26:36.28 ID:uYLCcJgp0.net
施工は無事に一通り終わったんだけど、おかしいんだよ。車。
ワゴン車って一番後ろの窓って開かないだろ?
だいたいが嵌め込んであるタイプだと思う。 その車も後ろは開かないやつだった。
なのに、子供の腕が出たり入ったりしてたのさ。

アフターサービスの聞き取りで最終訪問したとき、新車に変わってた。

それとなく施主さんに聞いてみたら、事故って買い替えたらしい。
あれは中古で買った車だったそうだ。

心霊現象とは関係なく、事故車ってフレームやらシャフトが微妙にひずんでたりするから、
修理しても事故りやすいらしいから気をつけな。



死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?


951 :本当にあった怖い名無し:2011/05/31(火) 22:57:27.90 ID:BndriAnC0
ドルフィンリングと言うイルカの形をした指輪が流行った大昔の話。
当時私はリア消(低学年)で、10歳年の離れた姉がいるんだけど、
姉はいわゆるDQNで、
夏休みになるとほぼ毎晩DQN仲間をうちに連れてきては、親と喧嘩をしていた。


で、この当時、子供嫌いのお兄さん(以下A)、優しいお姉さん(以下B)と言う二人が、
いつも家に遊びに来ていた。
Aさんは私が姉の部屋に近づくと凄い怒って、「ガキがくんじゃねーよ!」って怒鳴り散らすのね。
その度にBさんや他の人たちが、「小さい子にそんな事言うなよ~」
とフォローしてくれて、「Cちゃん(私)だって遊びたかったんだよね」とか言って
お菓子くれたり、部屋に入れてくれた。

正直私はAさんが嫌いだった。
だって人の家に来て泊っていったりするのに優しくしてくれないし、
私が姉の部屋に近づこうとすると、「チッ!」って舌打ちして威嚇するし、
たまに外で会っても「ガンくれてんじゃねーぞ!」とか言ったりして、とにかく怖かったから。

逆にBさんのことは大好きだった。
BさんはAさんと違ってて、うちに来る度に花火やお菓子をくれたり、Aさんのフォローもしてくれたり、
外で会えば必ず声をかけてくれて、
友達のいない私が寂しいだろうからって、一緒に遊んでくれたりもしたんだ。
Bさんの口癖は、「Cちゃんが私の妹ならいいのに」だった。





956 :本当にあった怖い名無し:2011/05/31(火) 23:16:50.90 ID:BndriAnC0
そんな荒れた夏休み(我が家の黒歴史)が終りに差し掛かったある日、
急にAさんがドルフィンリングをくれた。

姉の部屋にも行かず私の部屋に来て、「ほら」って投げてよこした
ピンクのラッピングした箱に入ってた。
誕生日でもなんでもない普通の日なのにおかしいな?っとは思ったけど、
友達いなさ過ぎて頭がお花畑だった私は、
やっとこのお兄さんとも仲良くできるんだ!って思った。
当時の流行り物だったし、初めてAさんがプレゼントしてくれた物で、
当時の私の指には親指でもブカブカだったけど凄く嬉しくて、貰った日は握りしめて寝たんだ。
そしたら真夜中に手が熱くなって、びっくりして目が覚めた。



959 :本当にあった怖い名無し:2011/05/31(火) 23:22:24.41 ID:BndriAnC0
Aさんから貰った指輪が焼けたように熱くなってた。
せっかく貰った指輪が壊れた~!って、熱いわ寝ぼけてるわで
ギャン泣きしたのを今でも覚えてるんだけど、誰も様子を見に来てくれないのね。
真夜中だからしょうがないんだけど、
横に寝てたはずの母もいなくて、流石におかしいなっと思った。

指輪はそのころには熱くなくなってて、
その指輪を握りしめて明かりがついてたリビングに行ったら、
両親が真っ青な顔して「お姉ちゃんが事故にあった」って言った。

この辺りはもうほとんど覚えてないんだけど、
姉とそのDQN仲間たちが、バイクでどこぞの山に遊びに行って、
その帰りに仲間全員、バイクの玉突き事故?にあったらしい。
姉の容態は電話じゃよくわからなかったけど、とにかく危ない状態だったらしい。
なのに両親、リビングにいてちっとも病院に行こうとしないの。



961 :本当にあった怖い名無し:2011/05/31(火) 23:25:33.45 ID:BndriAnC0
私はパニックになって、
「おねーちゃんが死んじゃうかも知れない!病院に行こうよ!」って泣いて訴えたが、
両親は頑として動かなかったのね。
で、私が自棄になって、「私だけでも行くから!」ってパジャマのまま玄関に向かったら、
父が全身で阻止してきた。
私はAAのズサーみたいな感じでドアに突っ込んでいく父の異常さが怖くてまた泣いた。
母親は「Cちゃんお部屋にもどろ?ね?ね?」って、
一生懸命宥めてくれるんだけど、その母親の顔も、泣きそうっていうかおびえまくってた。
その両親の異常な雰囲気で、私も『あ、コリャなんか変だぞ?』って
妙に冷静になって、よく見ると両親、ちゃんと外着に着替えてたんだ。

何でだろうっと思った瞬間、
ピンポンが鳴ってBさんの声が聞こえて、
「Cちゃん迎えに来たよ。お姉ちゃんの所においでー!」みたいな事を言ってた。



963 :本当にあった怖い名無し:2011/05/31(火) 23:28:56.66 ID:BndriAnC0
私は「Bさんが迎えにきた!おねーちゃんところ行こう」って親に言ったんだけど、
両親ガクブルして顔真っ青なの。
母親は私を全力で抱き締めて締めて苦しかったし、
父親は何かブツブツ言い出すし、かなり異常な状況だった。
あまりに異常すぎて、私は親が狂った!っと思って、Bさんの名前を呼びまくった。
「Bさん怖いよ!おねーちゃんが死んじゃう!パパとママがおかしくなった!!Bさん!Bさん!!」って。

でも、相変わらずBさんは助けてくれるどころか、
玄関の外で「Cちゃん、お姉ちゃんのところにおいで」しか言わないの。
しかも声は凄く冷静…っていうかむしろ楽しそうな感じ。



966:本当にあった怖い名無し:2011/05/31(火) 23:32:55.08 ID:BndriAnC0
「Cちゃーん、お姉ちゃんの所おいでー」
「Bさん怖いよ!たすけて!」
どのくらいそのままギャーギャーしてたかわからないけど、
急にまたAさんから貰った指輪が熱くなって、
手をはなそうと思ったんだけど、
手だけ金縛りにあったみたいにグーの形のまま動かない。
その内喉が苦しくなって声がうまく出なくなってきて、しまいには、
叫んでるつもりが全く声が出なくなった。

母親が、口をパクパクさせてるのに声が出なくなった私を見てぎょっとしてたけど、
声が出なくなったせいで
更にパニックが加速して、暴れる私を抱き締めてる力は緩めてくれなかった。
その間もBさんは、楽しそうに私を呼んでた。
その内かすれた声が出てきたなっと思ったら、今度は勝手に言葉が溢れてきた。



969 :本当にあった怖い名無し:2011/05/31(火) 23:36:29.10 ID:BndriAnC0
「お前なんか私のお姉ちゃんじゃない!私のお姉ちゃんは○○(姉のフルネーム)だ!!
私は知ってるんだぞ。
私に友達がいなくなったのは、お前(Bさん)が私の友達をいじめて、
『私に近寄るな』って言ったからだ!!
お前が持ってきたお菓子や花火は、全部□□(近所の商店)で盗んだ物だ!気持ち悪い!!
お前なんか大嫌いだ!お前は私のお姉ちゃんじゃない!帰れ!二度と家に来るな!
私の家族は全員こっちにいる!私をそっちに連れて行こうとするな!!!」


関連記事



死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/02(水) 07:03
私は夢をみていました。

昔から私は夢をみている時に、
たまに自分はいま夢をみているんだと自覚する事がありました。この時もそうです。


何故か私は薄暗い無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。
すると急に、駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。
それは『まもなく、電車が来ます。
その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~』と、意味不明なものでした。

まもなく駅に電車が入ってきました。
それは電車というより、よく遊園地などにあるお猿さん電車のようなもので、
数人の顔色の悪い男女が一列に座ってました。

私はどうも変な夢だなと思いつつも、
自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与えられるか試してみたくなり、その電車に乗る事に決めました。

本当に恐くて堪られなければ、目を覚ませばいいと思ったからです。
私は自分が夢をみていると自覚している時に限って、自由に夢から覚める事が出来ました。




12 :まだつづくぞ!:2000/08/02(水) 07:09
私は電車の後ろから3番目の席に座りました。
辺りには生温かい空気が流れていて、
本当に夢なのかと疑うぐらいリアルな臨場感がありました。

『出発します~』とアナウンスが流れ、電車は動き始めました。
これから何が起こるのだろうと、
私は不安と期待でどきどきしていました。


電車はホームを出ると、すぐにトンネルに入りました。
紫色ぽっい明かりがトンネルの中を怪しく照らしていました。

私は思いました。
このトンネルの景色は、子供の頃に遊園地で乗ったスリラーカーの景色だ。
この電車だってお猿さん電車だし、
結局過去の私の記憶にある映像を持ってきているだけで、ちっとも恐くなんかないな。

とその時、またアナウンスが流れました。
『次は活けづくり~活けづくりです』

活けづくり?魚の?などと考えていると、急に後ろからけたたましい悲鳴が聞こえてきました。
振り向くと、電車の一番後ろに座っていた男の人の周りに、
四人のぼろきれのような物をまとった小人がむらがっていました。

よく見ると、男は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様になっていました。
強烈な臭気が辺りをつつみ、
耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴をあげつづけました。
男の体からは次々と内臓がとり出され、血まみれの臓器が散らばっています。
私のすぐ後ろには、髪の長い顔色の悪い女性が座っていましたが、
彼女はすぐ後で大騒ぎしているのに、
黙って前を向いたまま、気にもとめていない様子でした。

私はさすがに想像を超える展開に驚き、本当にこれは夢なのかと思いはじめ、
恐くなり、もう少し様子をみてから目を覚まそうと思いました。

気が付くと、一番後ろの席の男はいなくなっていました。
しかし、赤黒い血と、肉の固まりのようなものは残っていました。
後ろの女性は相変わらず
無表情に一点をみつめていました。

『次はえぐり出し~えぐり出しです』とアナウンスが流れました。
すると今度は二人の小人が現れ、
ぎざぎざスプーンの様な物で、後ろの女性の目をえぐり出し始めました。
さっきまで無表情だった彼女の顔は、痛みの為ものすごい形相に変わり、
私のすぐ後ろで鼓膜が破れるぐらい大きな声で悲鳴をあげました。
眼かから眼球が飛び出しています。
血と汗の匂いがたまりません。

私は恐くなり、震えながら前を向き、
体をかがめていました。

ここらが潮時だと思いました。
これ以上付き合いきれません。
しかも順番からいくと、次は3番目に座っている私の番です。
私は夢から覚めようとしましたが、
自分には一体どんなアナウンスが流れるのだろうと思い、
それを確認してからその場から逃げる事にしました。



13 :これで最後だ:2000/08/02(水) 07:11
『次は挽肉~挽肉です~』とアナウンスが流れました。
最悪です。
どうなるか容易に想像が出来たので、
神経を集中させ夢から覚めようとしました。

夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ。
いつもはこう強く念じる事で成功します。

急に「ウイーン」という機会の音が聞こえてきました。
今度は小人が私の膝に乗り、
変な機械みたいな物を近づけてきました。

たぶん私をミンチにする道具だと思うと恐くなり、
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、と
目を固くつぶり一生懸命に念じました。

「ウイーン 」という音がだんだんと大きくなってきて、
顔に風圧を感じ、もうだめだと思った瞬間に静かになりました。

なんとか悪夢から抜け出す事ができました。
全身汗でびしょびしょになっていて、
目からは涙が流れていました。

私は寝床から台所に行き、
水を大量に飲んだところでやっと落ち着いてきました。
恐ろしくリアルだったけど、所詮は夢だったのだから、と自分に言い聞かせました。


次の日、学校で会う友達全員にこの夢の話をしました。
でも、皆は面白がるだけでした。
所詮は夢だからです。


それから4年間が過ぎました。
大学生になった私はすっかりこの出来事を忘れ、バイトなんぞに勤しんでいました。

そしてある晩、急に始まったのです。

『次はえぐり出し~えぐり出しです』
あの場面からでした。
私は「あっ、あの夢だ」とすぐに思いだしました。
すると前回と全く同じで、二人の小人があの女性の眼球をえぐり出しています。
やばいと思い、夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、とすぐに念じ始めました・・・

今回はなかなか目が覚めません。
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ・・・

『次は挽肉~挽肉です~』
いよいよやばくなってきました。
「 ウイーン 」と近づいてきます。
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、覚めてくれ。

ふっと静かになりました。

どうやら何とか逃げられたと思い、
目をあけようとしたその時、
『また逃げるんですか~次に来た時は最後ですよ~』と、
あのアナウンスの声がはっきりと聞こえました。

目を開けると、やはりもう夢からは完全に覚めており、自分の部屋にいました。
最後に聞いたアナウンスは、絶対に夢ではありません。
現実の世界で確かに聞きました。
私がいったい何をしたと言うのでしょうか?


それから現在まで、まだあの夢は見ていませんが、
次に見た時にはきっと、
心臓麻痺か何かで死ぬと覚悟しています。
こっちの世界では心臓麻痺でも、
あっちの世界は挽肉です・・・



関連記事 





【百物語も】短編怪談大募集!【話が進む】


99 :弁天様の使い :2014/04/26(土)14:04:23 ID:???

場所は伏せられないから最初に言っておく
千葉県柏市から東京上野までの間の常磐線沿線のお話


上野には有名な不忍池の弁天様がおられるが、千葉県柏にも布施弁天という弁天様がいらっしゃる
この二社は古来より強い結びつきがあるとされた
その中の有名な話が『弁天様の使い』
江戸の頃から、白無垢を着た娘だの、純白の蛇だのが不忍池と布施の間を往来しているという

その経路というのは、今のJR常磐線と同じなのだ





100 :弁天様の使い :2014/04/26(土)14:13:13 ID:???
ある日、常磐線を通る貨物車が、何かを撥ねたというので緊急停車した
機関士がすぐさま確認に出ると、線路には純白の大蛇が血を流して横たわっている

機関士は弁天様の使いが白蛇だと知っていたので危機感を覚えたものの、
その時少しばかりダイヤが乱れていたこともあり、機関士は強引に運転を再開した


そこで悲劇は起きた
運転中の機関士の首に『何か』が巻きついたかと思うと、一瞬にして彼の意識を奪った
当然貨物車は暴走、停止信号を無視して脱線した。
更に後続の列車も次々と事故に巻き込まれていき、結局死者160人を出す大惨事となってしまった


 
101 :弁天様の使い :2014/04/26(土)14:22:39 ID:???
これがかの有名な『三河島事故』である


事故後、駅近隣の寺に慰霊観音像が建立されたが、
これは事故の死者だけでなく、弁天様の使いたる白蛇の慰霊も兼ねているという
しかしその後不忍池での霊験話がぴたりと止んでしまったというから、
その影響は大きいものである


更には今でも、霊感ある人が夜の常磐線に乗ると
白無垢の女性や白く細長い影を目撃することがあるという
しかしそれは使い魔として霊験あらたかであった頃の彼の者ではなく、
悔恨と呪怨に満ちた表情を浮かべる魔物と成り果てている


弁天様は財産を司る
もしも彼女への信仰なく、また使い魔たる白蛇の恨みを知り憐れむ事もなく、
常磐線沿線でギャンブルをしようと考えている者は注意してほしい
瞬く間に諭吉が吸われてゆくことだろう


↑このページのトップヘ