サイケデリック・奇譚

永遠の日常は非日常。

タグ:動物

282 :本当にあった怖い名無し:2015/07/02(木) 22:38:19.51 
昨日突然熱が41℃出て下痢と嘔吐が止まらなくて
gkbrしていたら猫がずっと一晩中体の上に乗っかってきて
朝になったら嘘のように治ってた
猫が治してくれたのかしら


283 :本当にあった怖い名無し:2015/07/02(木) 23:00:12.50 
暖かい棒が今日は一段と暖かいんだにゃ( ΦωΦ )


284 :本当にあった怖い名無し:2015/07/02(木) 23:57:39.56 
それだよなw
自分も数年前、風邪引いてちょっと発熱して咳込んでたら、
猫様母娘が真横に交代でキッチリ毛布被って枕に頭乗せて引っ付いてきてたわ。
いつもは足の方とかだったんだが。



177:本当にあった怖い名無し:2011/02/02(水) 21:09:16
お隣さんに、少し痴呆気味のおばあさんと、足腰の弱いおじいさんが住んでいる。
その家では真っ黒なにゃんこも居るんだが
飼っているわけではなく住み着いてしまったとの事。

ある日、私が家の中でだらだらしていたときに
そのにゃんこがいつの間にか隣に居た。びっくりした。
私の隣でやっぱりだらだらしていたわんこも、びっくりした顔をしていた。

そのにゃんこが一言。
「となりのおばあさん水道開けっ放しです」
って言って壁をすり抜けて(通り抜けて?)出て行ってしまった。

お隣さんの家に行くと玄関が開きっぱなしで
台所のほうからドドドドドドドっていう水音がした。
呼んだがおばあさんからもおじいさんからも返事が無いので躊躇ったが家に入った。
おじいさんとおばあさんが台所で倒れていた。
水音は台所の水道が全開になって蛇口からあふれ出てる音だった。

おじいさんとおばあさんは、幸い命に別状は無かった。
しかし、それからあの黒いにゃんこは見かけなくなってしまった。

自分が体験したほんのり怖い体験は、今のところこれっきりだ。




479 :本当にあった怖い名無し:2015/09/01(火) 18:22:31.29 
うちにはもうすぐ19歳の老猫がいるんだけどさ。
朝、旦那の出勤前に珍しく猫が旦那の所に行って鳴いてた。
猫は旦那の事はあんまり好きではなくて、たまに行くぐらい。

で、その鳴き声がいつもの「にゃーん」ではなくて、
どうしても「いた~い」「いた~い」と聞こえる。

その時は私は何も言わなかったし、旦那もなにも言わずに出勤していった。
私としては、「猫も高齢だから、関節とか痛いんだろうな」と思ってた。

昼に救急車から電話がかかってきた。
旦那が倒れてたw

倒れた原因が不明だそうで、医者は「熱中症かなぁ?検査の結果はどこも悪くない」と言ってた。
まぁ、本当に大したことなくて点滴だけして帰ってきたんだけど。



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1426252794/l50

481 :本当にあった怖い名無し:2017/07/22(土) 22:33:09.82 
仕事を頼まれた時の話

偶にだけれども、他の寺院から助っ人を頼まれる事がある。
たいていは大きな法要の準備や出仕なのだけれども、その時はいつもと違っていた。

法要を終えてそこの副住職と一息ついていると、
住職がやってきて「急にすまないが祈祷を行うから出てくれないか」と頼まれた。
別に断る理由もないので引き受けて、
副住職と一緒に法要の準備をしているのだが、一向に祈祷を受ける人が来ない。

住職に聞いたら、実はこの祈祷を受ける人は檀信徒で、しかも自称霊感持ち。
祈祷内容は「犬に霊が取りつき命を奪おうとしている。今すぐお経をあげてくれないか」との事。
いわゆる遠隔祈祷(という言葉があるか知らないけれども…)だった。

この時私が一番最初に思ったのは、「アホくせぇ…」の一言。
一緒に聞いた副住職も「まいったなこりゃ」みたいな顔をしていた。

その後法要準備ができるまで、
「なんでそんな事につきあう必要があるのか」
「そんなんで良くなるなら医者なんていらないだろう」
と副住職と一緒に言っていたが、
どんな事でも仕事は仕事なので準備を終えて祈祷を行った。

で、お経を唱えていくうちに、御宝前に薄い靄の様な膜がかかっている事に気付いた
「あれは何だろう。線香の煙にしては広がりすぎるし、臭いもしてこない」と思っていたが、
靄の中に僅かだけれども、半透明の着物を着た古い時代の女性が見えた。
「うっそー さっきの話は本当なのかよ!」
と思いつつお経を唱えて祈祷を行うと、靄が晴れていつもの御宝前に戻った。

祈祷を終え、控室に下がってくるや副住職と一緒に、
「見たか御宝前?」
「おお見た」
「あれは何だったんだ?」と言い合っていると、
住職がまたやってきて「犬は息を吹き返したそうだ」と言ってきた。

住職に御宝前の女性を見たのか尋ねると、
「そりゃ当然見えたさ。大体本当に霊がとりついていないのなら、
わざわざ祈祷なんてするわけないだろ」と返された。


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1498825534/

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1426252794/l50

130 :本当にあった怖い名無し:2015/04/18(土) 01:12:40.84 
仕事で肩を痛めて猫に『父ちゃん肩が痛いよー』って言ったら
ずっと寝る時は脇腹の所で寝てたのに、肩を抱きしめるように寝るようになった
それから少し肩が楽になった


131 :本当にあった怖い名無し:2015/04/18(土) 01:38:50.48 
猫は治癒能力高いからね
弱ったとこがあると擦りよって体ピッタリあてて治そうとしてくれるよね


133 :本当にあった怖い名無し:2015/04/18(土) 05:00:02.99 
猫のグルグル音にヒーリング効果あるんだっけ


134 :本当にあった怖い名無し:2015/04/18(土) 10:24:17.48 
ヒーリングが本当かは分からないが、何にしても説明のつかない何かがあるよなw




138 :本当にあった怖い名無し:2015/04/18(土) 18:22:36.19
ロシアでは3月1日は猫の日。
ロシアでは3家庭に1つは猫を飼っている。猫は飼い主を守り、痛みを治癒する能力がある。
統計ではロシア人の3家庭に1つは猫を飼っている。
犬を飼う家庭はもっと少ない。なぜなら猫は全く手がかからないからだ。
確かに猫に世話をやく必要はない。それに優れた特徴がある。
それは心理的に非常に繊細な心づかいができ、
ネズミからだけ でなく、飼い主を本当の意味で守ってくれるという点だ。

動物学者のアントン・エヴセーエフ氏は、猫が家を守った例はたくさんあると語る。
盗人に反撃に出たのは、いずれも 世界最大級の猫、メインクーンだった。
また野生動物から人間を守った例もあった。
エヴセ-エフ氏が見たビデオでは、ワニに襲われそうになっている飼い主に
オス猫が飛び掛っていたそうだ。

猫は子どもも守ろうとする。
猫はとても感じやすく、主人の気分を読むことが出来る。
猫は、この人は今近づかないほうがいい、と判断したら近づこうとしない。
そのかわりこの人はいま、話相手を必要としているなと思うと、すぐにやってくる。

サンクト・ペテルブルグの猫博物館のキュレーター、ガリーナ・クルィロヴァさんによると、
猫は治癒能力がある。
猫は体の悪いところに寝そべり、痛みをとることができる。
治癒能力は毛のない猫のほうが高いそうだ。
(ロシアの声)


139 :本当にあった怖い名無し:2015/04/19(日) 22:47:07.84
心が痛む時は胸の上に乗ってゴロゴロ言ってくれる
猫は本当に優しい生き物だと思う
人間が滅びても猫は生き残ってほしい


141 :本当にあった怖い名無し:2015/04/20(月) 03:12:53.44
猫のいない世の中なんていやだ


146 :本当にあった怖い名無し:2015/04/21(火) 22:21:46.02
【ネコ】動物に寄り添う看護師にゃんこ、多くの“患者たち”を優しくケア(画像アリ)©2ch.net
 日夜、病気で苦しんでいる患者に寄り添う看護師は、心強く、頼りがいのある存在だ。
それは動物の世界でも変わらない。
ポーランドの動物病院にいる“看護にゃんこ”は、
治療にやってくる多くの動物を優しくケアしているという。

ポーランド地元紙TVNによると、
この看護にゃんこは、冬に入ろうとする10月に生後2か月で運び込まれてきたという。
人気のないオフィス街で見つかった時、寒さのために気管支を悪くしており、
あちこちに脱毛が見られるなど衰弱しきっていたとのこと。

病院の人たちは死を覚悟したが、
女医がずっと抱きかかえてあげるなど献身的な看護が奇跡を生み、にゃんこは元気を取り戻した。
そしてテレビドラマの中で出てくる願いを叶える黒い猫の名前から“ラデメネス”と命名。
経過を見るために病院で暮らし始めた。

そのうちに女医は、にゃんこの奇妙な行動に気づいたという。
あたたかい看護で命を救われたからか、
このにゃんこは病院に運び込まれてくる多くの動物たちの傍にやってきて、
寄り添い、抱擁し、耳などにキスをしたりしていたのだった。

病院の責任者は「フルタイムの看護師を雇ったみたいだ」と冗談をいうが、
にゃんこの行動に深い感動を覚えているという。
にゃんこの看護の対象は猫だけに限らない。
犬にもかわらない愛情を注いでいるそうだ。

献身的なにゃんこは一躍話題となり、世界の多くのメディアに取り上げられ
「ポーランドで一番有名な猫」と紹介されるまでになった。
米ソーシャルメディア・imgurなどで写真が掲載されると
「今この猫は私まで癒した」
「泣きそうだ。夢のような話だよ」
「愛が伝わって、また愛が伝えられていくんだ」
と感動のコメントが多く寄せられている。


147 :本当にあった怖い名無し:2015/04/21(火) 22:50:42.07 ID:R0G+fzth0.net
やっぱ猫の癒しは本物や



130:名無しの権兵衛さん:2013/06/10(月) 18:19:26.12 
ばあちゃんから聞いたんだが、ばあちゃんが幼い頃に住んでいた
地元(ド田舎らしい)では、犬神憑きがきたんだと。

きたっていうのが、昔は何世帯かの本家と
その親戚一同が集まって出来ていた本当の田舎らしく,
よその村からばあちゃんの親戚に嫁いできた嫁さんが犬神憑きだったらしい。
ちなみに嫁ぐ時に嫁さんの両親が自己申告して了承した形。

ばあちゃんの田舎では、田舎特有のよくあるおはぎやちらし寿司を 大量に作って
近隣の親戚に配るっていうことをしていたんだが
嫁さんが嫁いできてからは 全ての親戚に配らないと
作りたてのおはぎが何日も放置したように カチカチになって食べれなくなっていたり
ちらし寿司に箸をつけた瞬間にガピガピになっていたって。

ばあちゃんは笑いながら 「犬神様は嫁いだ先の親戚を全て見て回るから
食べ物を隠そうが隠れて食べようがどうしても見つかっていた」 と言っていた。

で、その嫁さんは40~50代の若さで亡くなった。
葬式の手伝いで嫁さんの体を見る機会があったが 犬に噛まれた様な跡があったと言っていた。
そのあと、旦那さんも数年経って追う様に亡くなったらしい。

で、未だに謎が解けない話。
犬神憑きや、狐に化かされた親戚の叔父さん、
コトリバコらしき話の後に「猫神様」っていう話を聞いた。

幼かったばあちゃんは全貌を教えてもらえなかったみたいなんだが
村の中で
「あの家の嫁に猫神様が憑いた」
「可哀想に、もう助からん」
と、大人が話している事がたまーにあったと。
猫神が何処から来てどのように憑くのかさえ教えてもらえなかったらしい

ついさっきまで普通に話をしていた人が
前触れなんて一切無く発狂するという内容だった



6: 名無しさん:2014/04/29(火)ID:yPJrJgtZV
夜中に目が覚めると、掛け布団の上に数匹のゴキブリを見つける
そのうちの一匹を握りつぶしてまた眠りにつく
年に数回はそんな夢を見ている
ゴキブリの数だけが少しずつ増えている



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1426252794/l50

618 :本当にあった怖い名無し:2015/10/28(水) 21:17:53.94
小学生の頃、飼い猫に命を救われたことがある。 

実家は雪国で大きな堀ごたつがあった。 
小さかった私は、すっぽりともぐり込んで昼寝をしていて 
そのまま一酸化炭素中毒で気を失った。 

異変に気付いたねこが遊びに来ていた兄の友達に知らせ 
近くで仕事をしていた母が呼ばれて、ビンタされてるとこで意識が戻った。 

そのねこは死んでしまった今も、私が落ち込んでる時に慰めに来てくれる。 
布団の中が暖かくて、もふもふしてるけど目が覚めて捜してもいないんだ。 
淋しいけど温かい気持ちで、いつの間にか笑顔になってる。



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1443066502/-100

876 :本当にあった怖い名無し:2015/12/03(木) 05:08:43.30 
流れぶった切る感じなんだがいいか? 
あんま怖くない切ない話しなんだけど...




877 :本当にあった怖い名無し:2015/12/03(木) 05:09:53.65 
まぁ勝手に書くわごめん。 

10年位前かな?実家で飼ってた犬が居たんだ。 
俺が小学校に上がる時に姉貴が子犬を連れて来たんだよ。 
その犬は雑種の雌でね、当時はよちよち歩きだったけど物凄く賢い奴でさ。
子犬なのに絶対粗相もせず必ず散歩の時にしかおしっこや排便をしなかった。 
我慢強く賢い犬だった。とてもね。 

俺はその犬にあいちゃんと名前を付けた。 
毎日散歩にも行ったし餌やり水やりもした。 
イタズラ好きな俺はクラスの女子をいじめる度お袋にシバかれ泣きながら
あいちゃんの小屋で慰めてもらったのは良い思い出。 

それから月日も経ち俺は18歳になると実家を飛び出し県外で一人暮らしを始めた。 
23歳になったある日にお袋からあいちゃんが死んだと聞かされる。
老衰だったそうだ。 
たまに実家に帰ると元気なかったし、呼んでもしっぽだけパタパタさせてた。 
耳もほとんど聞こえてないらしく近寄るまで気付かなかったっけ。
なんて色んな思い出を振り返るが不思議に涙は出なかった。 

死ぬ前、お袋は庭で寝ているあいちゃんの横で洗濯物を干してたそうだ。 
あいちゃんがよろよろと起き上がってお袋の近くをウロウロするそうで
お袋は「あ、トイレしたいんだね?いいよそこでしなさい」と

この所はヨボヨボすぎて散歩が出来ないのでいつもこんな感じだそうだ。 
お袋がしなさいと言うと初めておしっこやうんちをするそうだ。 
夜もお袋は我慢しないでいいんだよと声を掛けていたそうだ。
それくらいボケてても賢い犬で
その日も例によってそこでしなさいと言うと
ほんのちょっとのおしっこをしてまた眠りについたそうだ。 

それからしばらくしてお水をあげに行った時
寝ているあいちゃんを撫でると既に冷たくなっていたそうです。 

24歳になって俺は実家で暮らすようになった。 
盆の季節にお袋に「あいちゃんの墓参りしなさい」と言われたのだが.....俺はスルーした。 

どうしても嫌だったんだよな。
あいちゃんが死んだ事を受け入れられないんだよね。だから涙が出なかったのかも。


878 :本当にあった怖い名無し:2015/12/03(木) 05:10:59.69 
一年過ぎて25になる歳の盆前だったか。 
俺が家でパソコンいじってると「ワン!!!!」って犬の声が聞こえた。
聞き覚えのある犬の声。 
居間へ行くとお袋が泣いてんだよな。 
「今、あいちゃんが吠えた気がした。」 
と言うとお袋は「あいちゃん吠えたね」と泣きながら言うんだ。
飼ってる猫もすっげぇソワソワしててさ、
いつもは入りたがらない俺の部屋へダッシュで入って行くとしっぽめっちゃ太くして外見てた。 
俺は今年の盆は墓参り行こうと決め、1人で墓参りに行ったんだよ。 

ペット霊苑の一角に墓はあった。 
手を合わせた時にさ、いきなり涙がボロボロ流れてきてね....
しかも霊苑に居た捨て猫達が一気に俺の所へ走って来た。
何故か物凄く俺に懐いて泣き止むまで猫達はそばに居てくれた。 

それ以来あいちゃんの吠える声は聞こえなくなった。
やっぱり墓参り来てほしかったのかもね。 

ペット飼うとやっぱ死んじゃった時の悲しみが半端ないわ...


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1426252794/l50

205 :本当にあった怖い名無し:2015/06/10(水) 16:53:51.05 
深夜、蒸し暑くて寝苦しかったので 
ぶらっと外に出て自販機に缶飲料でも買いに行くことにした。 
人通りのない自販機前でそれを買って飲んでいると
四つ角を曲がった先の方から小声で話す声がした。 

「最近どう思う?」
「うちの飼い主の会社がダメでね・・・どっか行こうかと思ってんだ」 
そんな会話が耳に入った。 

気になったので四つ角の方まで行き、こっそり見てみると 
そこには猫が2匹いて、こっちを見ていた。



↑このページのトップヘ