サイケデリック・奇譚

永遠の日常は非日常。

タグ:憎悪

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1392678004/

116 : 本当にあった怖い名無し:2014/07/01(火) 20:00:58.98 ID:mnZy5A8KO.net
このスレ見て
数年前の朝にゴミ捨て場に捨てられてた市松人形を見た瞬間に何故か全身に鳥肌が立って
すぐ逃げなきゃいけない気がして即行でその場から離れたの思い出した
霊感の類は数年に一度奇妙な体験する程度だけど
瞬間的にヤバイと思ったのは初めてだった。



119 : 本当にあった怖い名無し:2014/07/02(水) 22:39:06.57 ID:oJa85bGX0.net
捨てられた市松人形の怒りを感じ取ったんだな。
捨てた持ち主はもしかしたら、、、
でもさ、人形捨ててその時というか生きてる間はなんも無くても
捨てられた人形が、自分が捨てられたことを神にちくったら、
持ち主が死後の世界で神から
「人形捨てたことを罪に問われたりして」


121 : 本当にあった怖い名無し:2014/07/04(金) 19:25:26.71 ID:zsRuUjRmO.net
アレは怒りだったのか呪われてのかはわからないけど
持ち主に良くない事が続いたりして怖くなって捨てたんだろうなとは思った
自分が幼い頃に追跡者に殺される夢見て夜中に起きた時に
耳元で「殺してやる」って女の声が聞こえた時と同じくらいの恐怖感があった。


122 : 本当にあった怖い名無し:2014/07/05(土) 10:57:24.29 ID:hYIyq3N90.net
返り討ちにしてくれるわ!!って言わないと


124 : 本当にあった怖い名無し:2014/07/05(土) 23:01:58.36 ID:y3mC3Z/JO.net
当時の自分には無理ですね、
あの時代は取り憑かれてみたいで引越しするまで病気が悪化してて
本当に殺されかけてたんで…
多分あの時の女の悪霊のせいで未だに微妙な霊感引きずってるんだと思う。
 


【閲覧注意】

ここで軽く印旛沼事件に触れておく。
連合赤軍の発足は1971年の7月だが、実際には12月まで革命左派・赤軍派と分離したまま情報交換のみを行っていた。
事件が起きたのは革命左派の山岳ベースであり、建前としては思想は比較的自由であり、また進学希望や親族に会いに行くなど、当初は下山は自由のはずだった。
(ベースはあくまで警察の追及を逃れるための拠点にすぎなかったため)

しかし向山茂徳早岐やす子の2名はは下山が許されず、やむなく脱走
後に捕まり殺害され千葉県印旛沼周辺に埋められた2人は、ともに情報漏洩の恐れありと判断されたため、処刑対象となった。
(実際には向山は大学進学、早岐は恋人に会いたいという下山理由)

この2人の処刑を提案したのが赤軍派の森恒夫であり、この件は革命左派の中でも一部以外には伏せられていた。
しかし森は本当に殺害するとは思っておらず、処刑を知って驚愕・震撼「あいつらは革命家じゃない!」と叫んだという。


【崩壊する組織】
1971年 8月 印旛沼事件の発生
・早岐殺害時に関わった小嶋和子の精神が不安定になり、衝動的に脱走を繰り返す。

9月
・印旛沼事件実行犯の1人が脱走しようとして失敗。
「殺されちゃうんだぞ」と吉野雅邦が泣きながら詰め寄り、既に不穏な空気が流れ始めていた。

9月11日
・元赤軍派の坂東國男と植垣康博が福島県の交番をナイフで武装し襲撃するが失敗。(失敗の原因は、たまたま交番が無人だったため)

森は印旛沼事件から革命左派に内心恐れを抱いていた。そのため、箔をつけて優位に立とうと必死だったらしい。
交番襲撃失敗に関し、ナイフではなく銃でしっかり攻撃しろと2人に強く指示
この心理は後の残虐性に繋がってゆく。

10月
・森、永田洋子、坂口弘、寺岡恒一(後に森により死刑宣告)の4人で会議が開かれ、合同軍事訓練を赤軍派拠点の新倉ベースで行う事が決定。

12月2日
・山梨県新倉ベースに向かう山道に元革命左派が集結するも、各自水筒を持参せず。

12月3日
・新倉ベースにて「連合赤軍」が初めて合流。水筒問題を利用して森は優位側に立つ事に成功。

12月4日
・森が元革命左派所有の銃の譲渡を要求
永田は要請を保留しつつ、元赤軍派の遠山美枝子が指輪をしたままでいることを「革命的警戒心が足りない」として批判対象に挙げた。

⁂前日の水筒問題で、リーダーである永田らが自己批判を行わせられた報復との指摘あり。
遠山は美人であったため永田に目をつけられ、陰惨な最後を遂げる。彼女の遺体は顔が潰されていた。

12月5日
・遠山が指輪を外さないことに永田が激怒。しかし元赤軍派には理由がわからず、怒った永田は「このままではとても一緒にやっていけない」ふて寝

12月6日
・元赤軍派メンバーで遠山問題について議論。
何が悪いのかと首をひねる面々に、森は革命左派は脱走者を殺害すると告知。ここで初めてメンバー達は「下山=死」であることを知った。

同日、森は永田に遠山批判は至極当然のことと報告。彼女が総括終了しないうちは下山させないこと、他の者も下山したら殺害すると伝えた。
対して永田は「必ず」「なるべく早く総括」し「総括できるまで山から降ろさない」と強く要求。

その日のうちに遠山は総括(全員からの批判)を受ける。その直後、行方正時と進藤隆三郎(森と折り合い悪し)の総括も行われた。

12月7日
・合同訓練最終日。
全員が訓練の感想を述べ、団結に涙を流して感動・感激する者もいたが、理解できずに戸惑う者も少なからず。統一性全く無し
元革命左派メンバーは新倉ベースを去り、別の山岳ベースに移動。

⁂この後も遠山・進藤・行方の批判・総括は連日続く
森は3人に雪の降る屋外での射撃訓練を命じていたが、実際には訓練でも何でもなく、ただ発射の構えをひたすら長時間繰り返させるだけの意味のないものだった。

12月10~12日
・元革命左派が本来の拠点である群馬県の榛名の山榛名ベースに帰還。
後に元赤軍派が合流し、惨劇の場所の1つとなる。

12月20日
・森と坂東が指導部会議のために榛名ベースに到着。
留守中も総括対象の3人に監視をつけ、訓練を続行

この日には様々な論議が芽吹く。
森は小嶋和子の発言を問題視し、擁護する永田と寺岡恒一と対立
また妊娠中にも関わらずキャンプに参加した金子みちよを絶賛する一方で、尾崎充男の行動が「軍人らしくない」と批判
永田は強くこれに反発、尾崎を擁護するとともに同志であるはずの金子には問題があると主張。
議論は夜を徹し、最終的には森が中国の革命戦争史を共産主義に絡めた理論演説で永田を説き伏せた形となる。森の毛沢東思想への強い執着に感動した永田は、その後は彼に心酔し無条件で従う。

⁂この頃に革命左派内で都市部と山岳部で対立が悪化
世論の動きを肌で感じていた都市部と柴野の一周忌を巡って衝突した永田らは荒れていた。

12月21日
・連合赤軍としての結束を固めるために元赤軍派の坂東と元革命左派の伊藤和子の結婚が決定
永田は伊藤に他に好きな人がいる事を知りつつ、説得という名の命令を下す。
小嶋が印旛沼での殺害が「良い」結果をもたらしたと口を滑らせ、森の不評を買う。

この日、山本順一と保子夫妻が生後1ヶ月の乳児を連れてキャンプに合流
しかし理想と現実のギャップは大きすぎ、離脱は不可能となった。

12月22日
加藤能敬小嶋が革命左派の歌のリードを取っていたところ、森が批判を始め、空気を察した寺岡が歌うのをやめさせる珍事が発生。夜、森は各自に自己批判を要求。

12月24日
・森が指導部会議にて革命左派の最高指導者である川島豪を批判
川島と森は意見が合わず、川島の立場の方が上だったため渋々森が従った因縁がある
更に深夜、被指導部の人間が再び能敬のリードで歌を歌っている事が気に食わず、寺岡に命じて歌をやめさせた。永田が能敬と小嶋の2人に討論による総括を提案、以降2人は作業から外される

12月25日
・再び森の川島批判が続く。
大きく影響を受けた永田に対し、坂口にはその批判内容は荒唐無稽に感じられた。

更に森は能敬と小嶋の態度が「総括する態度ではない」として正座させ、2人を呼び捨てにする。(以後、他のメンバーもこれに倣う)
「総括に集中させるため」、2人に食事を与えることを禁止

12月26日 
・能敬と小嶋のキス現場を永田が目撃。「神聖な場を汚した」として強く激怒・批判
加藤が沈黙すると他にも隠していることがあるはずと永田は感じ、森にどうするか詰寄り、森は「殴るか」と返答。

森は以前に剣道の試合で負けて気絶した事があり、覚醒時には新鮮な気持ちで全てを受け入れることができたと語り気絶するまで能敬を殴る事を提案。

坂口は残酷と思いつつ、気絶すれは終わると考え賛同。
就寝していた他のメンバーも起こされ、全員が加藤と小嶋のリンチに加わる事が義務付けられた。
加藤の弟である倫教と元久はためらったが逃げ場はなく、倫教は泣きながら兄を殴る

厳しい追及と暴行に、やがて能敬は小嶋と性的関係にあると答え、永田はさらに激怒
暴行を受けていた小嶋がトイレを訴えると、その場で排泄させた。

キャンプ内での性的関係はその時によって善悪が変化する。
永田本人は妊娠不可能の体であり、森と性的関係を結ぶ前は坂口とも関係があった。
恋愛沙汰は永田にとってかなり複雑なものであり、気分次第で追及・放置が繰り返されている。
(本人は「恋愛はブルジョワ的」なもので「戦士には必要ない」境地に至ったと後に証言)

ブルジョワ・・・ここでは資本主義の金持ちを指す。⇔プロレタリア(労働者)階級

12月27日
・能敬は一晩中殴られたが気絶せず。腹を立てた永田は極寒の屋外の木に縛り付けて放置を指示。
森は気絶しなかったのは「総括できていないから」であり、木への束縛は「集中させるため」と説明。
この後さらに数人の批判が行われ、殴るのをためらった、或いは途中でやめた者も批判対象となった。

この日、決定的な判断が下される。
元赤軍派は覚悟が足りないとされ、新倉ベースから榛名ベースへの全員移動が決定。
被害者らの運命が決まった。

12月28日
・縛られた小嶋がガラス戸を見ていたところ、森は彼女が逃亡を企てていると騒ぎたて、永田に何故見抜けないのかと批判(抗議)
永田が指導部メンバーと協議し始めると、今度は嫉妬「指導者として正しくない」と批判
その後永田は指導部メンバーとの会話を避けるようになり、コミュニケーション分裂に拍車がかかった。

夜。尾崎充男が正座させられる。森は彼が「日和見主義」「敗北主義」だと追求。

12月29日
・森の指示で尾崎の主義克服のため警官役をさせ、坂口との決闘が開催される。
実際には一方的な殴り合いでしかなかったが、この決闘で森と尾崎が和解すると、今度は永田が嫉妬で苛立ち尾崎批判を始めた。
決闘中に妊婦である金子が席を立った事を指摘(批判)し、決闘後に尾崎がティッシュを取ってくれと頼んだ事を「甘え」と批判。総括する態度ではないとして、さらに殴る事を提案
その後は直立不動を命じ、食事なし、トイレも禁じる。
殴られる尾崎に「頑張れ」とエールを送った加藤能敬は、今度は森に褒められている。

リンチを「暴力的総括援助」と言い換えた彼らは、肉体の限界状況下の態度で初めて真価が問われると考え始めていた。閉ざされた世界で、急速に彼らの思考は麻痺してゆく。

大槻節子は美容室で髪を切ったため批判対象者となった。
杉崎ミサ子は「革命戦士として自立するため」内縁の夫・寺岡と離婚すると表明。永田と森は多いに評価したが、肝心の寺岡本人は不在のまま。
様子をみていた金子みちよもまた吉野との離婚を持ち出したが、永田は許可しなかった。

12月30日
・一晩中立たせられていた尾崎が弱音を吐いた事に怒り、森はさらに殴打し立ったまま縛り付けた
ところが尾崎の腕に長時間縛られた事による水疱が現れると、森はひどく動揺する。
山田孝に相談し、結局は「腕の1本や2本なくなっても革命戦士になったほうがよい」と判断。
尾崎の刑はそのまま続行となる。

また、森は加藤能敬・小嶋・尾崎ら3人に食事は与えず、今後の総括態度により様子を見て決めるという「決定報告」を宣言。さすがに永田は驚くが無条件で従った。

また、警察に収監されていた中村愛子がベースに帰還。
空腹に耐えかねて刑事が出した食事を食べた事を自己批判するが、永田は総括者の見張りを命じただけで追求せず。能敬の弟の倫教は兄との待遇の違いに不満を持つが口には出さなかった。

⁂印旛沼事件の被害者・早岐は親族の刑事と食を共にしたことが殺害原因の1つ。

12月31日(大晦日)
1人目の被害者・尾崎の死亡
食事の準備の傍らで、空腹に耐えかねた尾崎が「すいとん」と繰り返しつぶやいたのが暴行の発端

森はかつて能敬は顔面を殴ったせいで気絶しなかったと考え、腹部を中心に殴ることを提案。
尾崎は繰り返し腹部に膝蹴りを受けたが失神せず。森は強く憤ったものの、夜には死亡しているのが見つかった。

死因は餓死(栄養失調)凍死衰弱死内臓破裂等いくらでも可能性はあるが、彼は死ぬ前に舌を噛み切っていた。自殺か、苦悶の痙攣によるものかはわからない。
(遺体発見は翌年3月以降のため、正確な死因は不明)

尾崎の死亡は「共産主義化しようとしなかったために、精神が敗北し、肉体的な敗北に繋がっていった」結果であり、「本気で革命戦士になろうとすれば死ぬはずがない」ため、「総括できなかったところの敗北死」であり自己責任の死であると森が結論づけ、以後「敗北死」が常用される。

永田は尾崎の死に気づかぬよう、能敬と小嶋を屋外の木に縛り付けた。
遺体は吉野雅邦、前沢虎義の2人が地中に埋め、山田と岩田充男が縛られた2人の監視に立つ。
前沢と岩田はここで初めて印旛沼事件の事を知る。
岩田にとって向山は同級生であり、尾崎は大学の寮で同室で、ともに親しい友人達であった。

更に永田が全体会で尾崎の敗北死を報告。
「彼の敗北死を乗り越えて前進する決意を我々自身がより固めていかなければならず、食事が食べられないということもあってはならない」と宣言し、全員にパンとコンビーフを配布。
活動資金に困っていた彼らにとって、これは非常に豪華なディナーとなった。
 
時系列は前後するが、この日、元赤軍派が榛名ベースに到着。
森は到着を受け入れたが、進藤・遠山・行方ら3人の総括が終了していないと批判。
進藤が脱走を考えていると感じ、永田と坂口に総括不足を報告。
しかし2人の同意は得られなかった。

森が総括不足と感じた理由は以下。
進藤・・・縛られた尾崎、能敬、小嶋を気にして落ち着きがない
遠山・・・女同士のライバル心がまだ残っている
行方・・・神経質でノイローゼ的な様子に見える

翌日、年の明けた1月1日から、一気に死者が続出する。

おーぷん2ちゃんねる百物語2015

154 : 宵待草@代理投稿◆zGmkUMDv/mqt:2015/02/20(金)18:00:28 ID:qVe 
第51話  ナカさまの作品

まだ、私が、高校生の頃の夏の話だ。
鹿児島の本駅(今では、新幹線の駅)の裏側5~6分の所のマンションに
母と2人で住んでいた。
その当時あまりクーラーが得意でなく、寝るときだけ
窓を開け放した部屋に布団を、2つ並べて敷き、母と並んで寝ていた。
 
ある夜 ふと目が覚めると突然、突風がふき
カーテンが、揺れた瞬間、体の上にズシンと何かが乗ってきた感触、
その後、砂が積もるように人の形が出来上がっていった。
テレビの砂嵐模様の人だ。
体は金縛りにあい、動かない。
すごい力で首を絞めてくる。何か凄い悪意と殺意とを感じた。
私ができることは少し首を動かすことと唸ることぐらい。
どれぐらい時間が経ったのか、隣から母の声。

「大丈夫?どうした?」。
すると突然、体の上の砂嵐模様の人型のものが風に吹かれた砂のように消えた。
どうもその母の声で消えたらしい。
私は、やっと自由になり身体を、起し「ゴホッ ゴホッ」と咳をし、
母に今、あった事を、そのまま話した。
 
母も何か異様な雰囲気を感じて起きたらしい。
その夜は、窓を閉め、クーラーをかけ寝ることになったが、金縛りにあい、
幽霊らしきものを、見たことも数回あったが、
あまりに先ほどの体験が強烈で朝まで一睡もできなかった。

それ以降、窓を開け寝ることはなく、得意ではないクーラーをかけ寝ることになった。


https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1400141498/
人を呪うと自分にも返ってくるって

1 :名無しさん@おーぷん:平成26年 05/15(木)17:11:38 ID:k8MiE04xf
何なの?そーゆールールなの?
  

3:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/15(木)17:28:05 ID:k8MiE04xf 
ただ漠然と人を呪わば穴二つって言われてもわかんないんだよね。仕組みが知りたい


17:名無しさん@おーぷん:平成27年 03/21(土)23:42:12 ID:xKy 
だって呪詛って邪霊が寄ってくるもん、自力で祓う力のない人は自分もかぶるぉ




4:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/15(木)18:00:15 ID:bpIbpfEhc 
呪法を遣う陰陽師が呪い返しを覚悟して
自分の分の墓穴も準備してたって話だよね

仕組みはわからないけど自分が子供から思春期にかけてくらいの頃
面白いほど恨んだり呪った相手が怪我したり原因不明の病気になったりした
でも後から考えると必ず自分もその後に事故にあったりした
それに気づいてから人を極端に強く憎んだりしないようにしてる
たまにうっかり激怒して相手が病気になるとやっぱり後からろくなことがない
偶然だとしても気持ち悪いからできるだけ心穏やかに暮らすよう心掛けてるよ


5:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/15(木)18:28:56 ID:k8MiE04xf 
>>4の話が本当ならやっぱりそういったルールなのかもなあ。


7:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/17(土)12:27:55 ID:8IVZtDMoq 
ルールやで
他人も自分の一部分自分の足が嫌いって言って毎日呪うようなもん
言われた、された時は自分の飛躍の時
宇宙の法則やで
自分だったら悪いことしても許すやろ他人も時と共に許していく
そうすると業がたまらん


9:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/17(土)16:40:21 ID:WrdHAQHPT 
情けはひとのためならずの逆バージョンか


8:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/17(土)13:04:23 ID:XCU7CWEzX
俺いまだに許せない奴がいるんだが
業溜まりまくり?


10:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/17(土)19:49:27 ID:t1gH5Wkd1 
徐々に許していったらいいで
思い続けると、いつの間にか心の中が地獄みたいになってるやろ
それが次の不幸を呼ぶんやで
神さんはそんなルールを知らない人間が見てられへんのやで
幸せになってな


12:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/18(日)01:34:43 ID:MjqEY1lxZ 
ありがとう
でもやっぱり許せない?かも?w好きだったぶんの反動が
でも、ありがとう
神様か、神社の神様と仏様は信じてる。


11:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/17(土)23:13:25 ID:Korlvk5je 
なんか読んでたら涙出てきたわ
宗教は興味ないけどここでそういう言葉に触れたのもなにかの縁かもしれない
そう思って心に刻ませてもらいます


13:8だが:平成26年 05/19(月)22:53:22 ID:4F60bmh5i 
やっぱり許せないんだ
もっと話を聞かせてくれ


14:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/20(火)11:14:03 ID:abP7mlwaO 
人生は長いんやで
そんな慌てんでも、ゆーっくり何年かかってもええんやで
人間は川の石といっしょやで
尖った石が川の中で他の石とぶつかって丸なっていくんや
自分の心が傷ついて、どうや?
前より人の心の痛みのわかる人間になってるやろ?
成長してるんや
ピカピカの石になってやー
あんたは素直やから神さんに愛されとるでー


15:名無しさん@おーぷん:平成26年 05/20(火)18:50:49 ID:FmBGYtTBk
そっか
ありがとう
もっと早くに聞いてたかったなw
ゆっくりか、いつになるか解らないな
書き込んでる今でさえ思うと憎しみが沸いてくる
前よりはましになったけど
頑張ってもっと丸い綺麗な石になるよ
ありがと!


16:名無しさん@おーぷん:平成27年 03/21(土)08:57:47 ID:XYK 
呪う必要は無い、代わりに報われますようにと祈るのだ。因果応報


https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1394250909/#
韓国と中国

1 : 名無しさん:2014/03/08(土)12:55:09 ID:x00nPI8K5 
確かに韓国や中国に拒絶反応は感じる、
最近ふと思ったんだが 韓国人は何者かに操られているんじゃないかと…
いくらレベルが低くてもあり得ない程の反日政策、増えつづける軍事費。
ひと昔前だったら防衛費が増えたら叩かれてたのに。
いい加減隣国と仲良くなれないものかな~。
悩める俺に隣国とのハッピーエンドのシナリオを教えてくれ!!


3 :名無しさん:2014/03/08(土)18:55:08 ID:babjUNg9I
縁を切る、これしかない
確かに紛争としての規模はショボいが、ここまで
片方が片方を許す可能性が無い状態の敵国は無いんじゃないか?




5 : 名無しさん:2014/03/08(土)19:43:06 ID:dxvK7XwnD
今韓国のある地は過去二回も日本だった
一回は日本帝国
一回は 任那日本府や百済民族
ただし 任那日本府は黒歴史扱い


9 : 名無しさん:2014/03/11(火)17:26:22 ID:E06xCAqV4 
雨にも恨み 風にも呪い
雪にも夏の暑さにも妬む

丈夫なエラをもち 慾は果てしなく
決して静まらず いつも大声でどなってゐる
一日にコーリャン四合とキムチと少しのコチジャンを食べ
あらゆることを自分の勘定に入れ
半ば見聞きし分かったつもりになり そしてすぐ忘れ

半島の禿山の陰の小さな萱ぶきのあばら家にゐて
東海に日本の竹島あれば行って旗を立てて威張り
西に宗主国あれば行ってそのご機嫌を伺い
南に死にそうなベトコンあれば武器を向けてこわがらなくてもいいと殺し
北に旱魃や飢饉があればつまらないものですがと日本の米を送り

日照りの時は謝罪を求め 寒さの夏は賠償を求め
みんなにでくのぼーと呼ばれ 褒められもせず 尊敬もされず
そういうものに ウリたちは なってるニダ


12 : 名無しさん:2014/03/12(水)06:14:18 ID:AHv1AqxAn 
関係改善を望んでる人、いる?


16 : 名無しさん:2014/03/13(木)17:48:00 ID:uVpNQ13so 
ヨハネの黙示録に赤い竜(中国)とバビロンの婬婦(南朝鮮)が、あるから
恐らく中鮮人は、自分の国に封印されるんだろうから
共存は、無理!!
中鮮人が、自分達の力で共産党を倒せば、少しは、可能性も出てくるが、
中国四千年の歴史の中で外国の干渉無しに代わったことはなく
永遠の中間国で先進国になれない


22 : 名無しさん:2014/03/21(金)08:16:16 ID:WrFBQCDDc 
もうね、半島は、特に南は駄目ですよ。
終わってます。昔、穢族って名前をつけられてたわけですがピッタリなネーミング。
穢(けがれ)としか言いようがないんですわ。
貢物が少ないってことで、朝鮮とつけられたそうですが。
ただ単に少ないというより、貢物にいい所が少ない、質が悪いって感じがしますね。


31 :名無しさん:2014/04/02(水)17:38:49 ID:pgIBEUAYR 
ほっといても業(カルマ)で滅ぶな……


33 : 名無しさん:2014/04/06(日)06:53:03 ID:0pOTTBVds
パククネは両親を韓国人に殺されたから
実は本人自体、韓国に恨みがあって、滅ぼす為に政権握ってるんじゃないか?
ってレスしてる人がいたけど…それだったら面白いね。


35 : 名無しさん:2014/04/07(月)09:09:00 ID:qQxkaKFY6 
クネの家族はおかしいよね。
でも、韓国人は狂っているからそれで正常なのかもしれない。
だから、自分一人だけ助かろうとしているような気がする。
覚せい剤で何回も逮捕された弟は捨てると思うな。
試し腹があった国。赤ちゃんカプセルを中国から輸入してた国だよ。


38 : 名無しさん:2014/04/30(水)22:50:35 ID:gk5gqPTyX
ハッピーエンドは関わらない事。
これ在日の子も言ってたからw


41 : 今夜はサイコ:2015/04/01(水)13:04:08 ID:EJz
オカルトな書き込みがあれば削除にはならないよね。
だって、非科学的なファンタジーなんだもん。
空想の世界の架空の国である韓国と中国について語ればいいんじゃないかな。


https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1414285872/

12:名無しさん@おーぷん:2015/06/28(日)10:32:00 ID:wG1 
文才ないですけど書かせていただきますごめんなさい。
本当に起きたことなのですが、創作って思われるかたの方が多いかもしれません。

もうかれこれ六ヶ月近く前の話です。
私は天体観測が好きで、車を走らせること50分くらいの山へ
4ヶ月に1回ほど星を見にいっていました。
その山は夜になれば当然明かりはなく、月明かりでなんとか移動する形のところです。




13:名無しさん@おーぷん:2015/06/28(日)10:41:57 ID:wG1
あ、家族のことを書いておきます。
私の父と母の家系は代々霊感?霊能力?みたいなものを受け継いでいるそうです。
私は「気」みたいなのを感じるだけで、勉強も出来ない運動もダメというできの悪い姉です。
弟はあり得ないほど強い霊能力?
を持っていて、私とは全く正反対で頭もよく運動も出来る弟です。
父は幽霊が見えるのにそれに気づかず生活している感じの人です。会社員です。
母は「同じ人生を何回も送ってる」という謎の人です。

私と弟、母は蹴りや殴りが得意です。
それでも私は刃物男に追いかけられてからは常にハサミを常備しています。


14:名無しさん@おーぷん:2015/06/28(日)10:51:44 ID:wG1  
とりあえず、この事が起きる2回ほど前にもあった体験を書きます。

1回目。
私は父と天体観測に行きました。
父がトイレに行き、私が木のベンチに座って双眼鏡で星を見ていると
「すみません」と若い女の人の声が聞こえました。
私は驚いてビクッとしてしまいましたが、「はい」と答えました。
それと同時に後ろを向きました。
そこには、冬だというのにワンピースを着て、上にカーディガンを羽織った女性がいました。

「今日ってどんな星が見えますか?」
そう聞かれたため、星が好きだった私は
そこら辺の記憶力だけはよかったので正直に答えました。
すると女性は「そうですか、詳しいですね。ありがとう」と言って茂みの方へ去っていきました。


15:名無しさん@おーぷん:2015/06/28(日)11:06:07 ID:wG1 
2回目。
私は父と弟と一緒に天体観測へ。春でした。
その時、父と弟はまたまたトイレに行ってしまって一人だけに。
ついていけばよかったなぁ、と思いながら
あのときの女の人は何だったんだろう?と考え込んでいました。
すると「すみません」とあのときの声。
「はい」
「今日って星、何が見えますか?」
星が好きな女性なんだなぁと思い、私は解説を入れながら話しました。

すると、突然「あなたは優しいのね、ちゃんと話してくれるから」と。
「みんなね、私の声を聞いただけで逃げちゃうの」
「それでも聞き続けていたら、あなたは逃げずに答えてくれた」
「だからあなたは大丈夫」
一方的に喋り始めた女性に戸惑いながら少し相づちを打っていた。

「私、会いたい人がいたの」
「星に詳しくて、優しい彼」
「でももういいかな、あなたがいるもの」
「あなたをこっちに引きずりこめば、悲しくない」

その瞬間「気」が悪いものに変わっていった。
ヤバイ、逃げなきゃ…と思っているのに、怖くて動けない。
その時弟が運良く現れ、女性は去っていった。

帰り道、車の中で
弟「なにお姉ちゃんあれと仲良くなってんの?」
私「いや、優しそうな人だったし気だって全然悪くなかったし」
弟「お姉ちゃん、ただでさえつけてきてる霊の数多いんだからやめてよね」
私「すまんすまん」
弟に「あそこには当分近づかない方がいい」と言われました。


16:名無しさん@おーぷん:2015/06/28(日)11:33:42 ID:wG1
そして六ヶ月近く前の話。
1年ほど行ってなかったので
そろそろ行きたいな、そう思って父と二人で天体観測に行きました。
おおじいちゃんのくれたお守りと、小さな容器に詰めた塩とお酢を持って。

おおじいちゃんはわたしを可愛がってくれましたが、もう亡くなっていています。
遺書には「○○(私の名前)に何かあっても、家族に何があっても私が護る」
と書いてあったそうです。

それで、着きました。
父に「私から離れないで」ときつく言っておきました。
すごく怖がりながらも、星を見ることに没頭していました。
隣にいた父が「○○~、寒くなってきたからそろそろ帰るか~」と言ったので
私は「そうだね~」と答え、立ち上がりました。 
もう大丈夫、よかった。
そう思った瞬間

「もう行っちゃうの?」

かなり悪い「気」と女の声。
間違いない、あいつだ!と思い父に「走って!」と叫びました。
私も走っていたのですが途中、なにもないところでこけてしまいました。
最悪だ、と自分の運動神経の悪さに嘆き、
すごく怖くて悲しくなりました。

後ろを振り向けば、女がすぐそこまで迫っていました。
「一緒、ずっと一緒」と繰り返し呟く女。
すると私に触ろうとした女が突然奇声を発して暴れ始めました。
なんで、どうして、と混乱していましたが
「逃げろ○○」と男の人の声。
「許さ…ないィィィ」という女の声が耳に残りました。

私は車まで逃げ、父と猛スピードで逃げ帰りました。
それから数日、友達の父がやっている小さな神社に行きました。
そこで、友達の父に天体観測中にあった話をすると「そうか…」と。
すると「君を護ったのは、そのおおじいちゃんなのかもしれないな」と言われました

私は確かに、あのとき男の人の声を聞いた。
優しくてたくましい、まさにおおじいちゃんのような。そこで少し泣きました。
それから、友達の父に「○○さんはよくつれて帰って来ているだろう?」と言われました。

私「弟によく言われます」
友父「君の中には厄介なものが憑いている。正確に言えば、根付いてしまっている。
とる方が危険なくらい根強く」
私「え?」
友父「だからそういう悪いものに魅入られてしまう。その優しいところもあわせて」

私はゾッとした。これからも、こんなことが続くのか、と。
それからあの山にはずっと言っていない。
でもたまに聞こえるときがある。
「許さない、絶対引きずり込んでやる」と。


17:名無しさん@おーぷん:2015/06/28(日)11:34:40 ID:wG1 
重要かなと思った部分しか挙げていないので展開が急ですみません。
とりあえず、これで終わりです。
見てくれたかた、ありがとうございました。


【閲覧注意】
とある神社で「ことり箱」と同類だと思うもの見せてもらったけど質問ある?
https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1409005274/

1 :名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)07:21:15 ID:2WC0Sazzs
需要あるなら答えれる限り


3:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)09:24:07 ID:r3TfX4E3l 
どういう伝説があるのか聞きたい


4:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)09:24:30 ID:Fpma9q07n 
マジレスするとああいうのって神道じゃなくて
陰陽道や修験道、密教なんかが担当するもんだった
神仏習合の時代ならあったかもだけど
明治時代にソレ系(神道以外のもんや迷信くさいもん)は大抵廃棄されてるからね




5:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)09:44:23 ID:8FYxQ3Rig 
なんで箱がそれ系ってわかったの?


6:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)12:23:43 ID:2WC0Sazzs  
旅行から帰ったままスレ立てたら寝落ちしちまった
>>3 
そこの先代の神主の時代に持ち込まれた物で持ち込まれた時点
力が弱くなってたので神社で保管していて、後50年位で処分できるようになるとの事
>>5
持ち込んだ人が名前や作り方も含めて話してくれたらしい、
昔話に出てくる物が本当にあって
慌てて近場の憑き物祓いなんかもやってる神社に持ち込んで来たと


7:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)13:22:41 ID:8FYxQ3Rig 
解答ありがとう。
てことは、持ってきた人の家とかに知らんまま放置されてたってことか。
ちな、>>1はどうしてその話聞けたの?
神社的に話して利益無さそうだけど


8:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)13:32:15 ID:2WC0Sazzs 
オカルト関連のサイトで神主と知り合いになって前々から見たいっていってたら
今回見せてくれた。
ちな見た目は長方形の両手に乗る位のサイズ
殆ど黒で表面は漆が所々剥けてて赤っぽい黒が見えるで名称は
(「多肢ばこ「はこ」は変換に出ない漢字だった)


9:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)13:35:06 ID:2WC0Sazzs 
作り方も聞けたけど乗せる?


10:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)14:21:18 ID:3cS8Bzyfv  
乗せても大丈夫なの?


11:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)14:53:06 ID:r3TfX4E3l 
作り方なんて書かないしかいいよ。
マネするバカが世の中には絶対いる。


12:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)14:58:15 ID:2WC0Sazzs 
途中まで書いてたけどやめとくよ
コトリ箱と結構つくり方が違ったから聞いてみたかったんだけど


13:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)14:58:15 ID:8FYxQ3Rig 
重要なとこ伏せたらいけるんじゃないか?とか無責任なこと言ってみる。
いいな、神主さん知り合いたいわ。


14:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)15:03:42 ID:2WC0Sazzs 
大丈夫だと思うんだけどね 
ちょっと話ちゃうけど材料の胎児を妊娠から一定期間に取り出すらしいんだけど
その時期も書いてないし


15:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)15:23:33 ID:8FYxQ3Rig  
そか、聞いてみたかったけど、仕方ないね。
てか、胎児取り出すとか恐ろし!


16:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)15:37:07 ID:2WC0Sazzs
別に掻っ捌くわけじゃないからな?どうやるかは知らないけど流産させるらしい


17:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)17:22:42 ID:8FYxQ3Rig 
なるほどねー。
多肢ってことは、そういう子供がいっぱい使われたってことかな?
やっぱりエグいね


18:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)19:45:21 ID:UCSJTcIMn 
折角の機会だし詳しく知りたい。頼む。
あと写真ないの?


19:名無しさん@おーぷん:2014/08/26(火)20:53:39 ID:2WC0Sazzs
今帰宅した。
>>18
写真は許可もらえなかったから無いよ
説明だけど危なそうなばしょぼかしたのならいいかな?


20:名無しさん@おーぷん:2014/08/27(水)01:38:06 ID:6snxo9qIA 
ぼかしてならOkかと
あとできれば酉つけてもらえるとありがたい
続きの話待ってるわ


21:1#saka:2014/08/27(水)12:13:26 ID:DQo25VP0v
酉ってこれでいいのか?
方法は、まず胎児を特定の期間内に流産させ
その直後にそれを加工して糊状にし、胎児の血に浸した小箱に流し込んで行く
後は箱が一杯になるまで胎児を加工して流し込むを繰り返し
一杯になったところで最後に入れた胎児の"糊"を使い箱に封をする。
そして呪いたい目標の近くにその箱を置く、
装飾して相手に贈ってもいいし相手の家の敷地に埋めてもいい

効果は箱の近くの女性の腹に憑き不妊にする、
妊婦なら流産させると言うもの

 
22:1◆iBVPK4.Aq2:2014/08/27(水)12:16:01 ID:DQo25VP0v 
かなだったわこれでどうだ?

補足
箱の大きさで力が決まるらしい(中に入れた胎児の数で決まる?)
持ち込んできた人の話ではこの箱が一番小さく自分たちはそれしか知らないと
また昔話のように伝えられていて上の方法もさらにボカシが入ってるかもしれない


23:名無しさん@おーぷん:2014/08/27(水)13:05:20 ID:bnIdJjlT3 
その箱が作られた動機はコトリバコと似てます?


24:名無しさん@おーぷん:2014/08/27(水)13:37:10 ID:nOeTvpXAd
ほう
糊か…


25:名無しさん@おーぷん:2014/08/27(水)14:24:13 ID:0NLHHmozs  
つまり、お家断絶を狙った呪物か、しかしエグいな。
糊状にするってのも柔らかい胎児だからこそって感じかね。

知らずに保管してた家では怪異は起こらなかったのだろうか?
まあ、力が弱まったからお払い箱として保管されてたのかもしれんが…
胎児ならまだ霊界とのつながりをもつという根拠を利用した、
無垢な人身を依代にした怨念の入れ物か。


36:名無しさん@おーぷん:2014/08/28(木)22:51:57 ID:BHEId7oGd 
てことは洒落怖に伝わるような即死テロアイテムってわけじゃなく
お家に後継ぎを産ませないためのじわじわ系アイテムなわけね
そっちのほうが確かに現実的だな。扱いやすいし。
ちなみに念のために聞くが>>1は男だよな?
男は大丈夫だと言われているがやっぱ心配だわー(´・ω・`)


26:1◆iBVPK4.Aq2:2014/08/27(水)15:05:39 ID:DQo25VP0v ×
補足に入れ忘れたけどこの方法は渡り?の男が伝えた方法らしいから元はよそのらしい
ちなその神社も持ち込んだ人も東北圏


28:名無しさん@おーぷん:2014/08/27(水)16:41:43 ID:BfqFDY5IV 
ふむ、エグイな。
コトリ箱もそうだが、何故ニンゲンを使うんだろう。
犬神とか動物で代用出来そうな気がするんだけどな。


29:名無しさん@おーぷん:2014/08/27(水)17:22:46 ID:NQavG0P5K  
胎児カプセルとか、発想がチョンコロ。発案者は特定アジア人だな。
本国帰って言ってろよ、チョンコロ。


30:1◆iBVPK4.Aq2:2014/08/27(水)17:25:58 ID:DQo25VP0v 
朝鮮系の呪術って昔コトリ箱まとめでいわれてたな。
なんでも朝鮮系は
これだけエグイ事をしたんだからそれだけの見返りがあるだろうって考えらしい


33:名無しさん@おーぷん:2014/08/27(水)21:55:53 ID:r2KiSM6K6  
特に知識があるわけではないからあくまでも仮説というか自分なりの想像なんだけど。
人間を呪うモノだから、よりヒトに近いほうが強力なんじゃないかな?
虫より哺乳類、犬より猿みたいな。


34:名無しさん@おーぷん:2014/08/28(木)09:40:09 ID:YV5Q74YOs 
しかし、箱自体は物質として存在しているのだから、
荼毘にふし、灰を命の源泉である海に放流して供養する事で怨念の解除は出来ないのかねえ?


35:名無しさん@おーぷん:2014/08/28(木)21:12:21 ID:JAdgDGtG6  
なんか聞いたことがあると思ったら高知の【あたみな】に似てる


38:名無しさん@おーぷん:2014/08/29(金)01:30:28 ID:CtEBT6ij8 
高知にあるとか糞ほどこえーわ
地元だし


39:1◆iBVPK4.Aq2:2014/08/29(金)15:53:40 ID:IRd5NzgGd 
【あたみな】って何?調べても店しか出てこないんだけど
>>36
しっかり男だぜ!まあなんかあっても種無しになる程度だろ


40:名無しさん@おーぷん:2014/08/29(金)20:44:54 ID:HNmD3zkkE 
うん。高知というか四国のほぼ全域で見かけた。
コトリバコが流行る前は誰もが同じことを言ってるよ。
むしろ民間伝承で検索に引っかかる物はほとんどないことを知るといい。

民間伝承調べてた頃によくお寺や神社を回ったんだ。
いくつか回って高知だけで3つ【あたみな】って彫った壺があったんだよ。
どうもその壺の作者の名前らしいんだけど
【あたみな】に見えるだけで実際には現地で呼ばれている名前は違うと思う。
始めて見せて貰った時に住職が「あたみなって彫ってあるんです」と
言われてから見たからそう見えたけど
どうみても【み】が草書体の【つ】に見えたんだ。


41:名無しさん@おーぷん:2014/08/29(金)20:52:33 ID:HNmD3zkkE  
隠そうとしているのか本当に知らないのかはわからないけどね。
それで今度は神社で見つけた。
同じ壺ではないけど一回り小さな壺で【あたみな】って書いてあった。
けどその壺には触らしてくれなかった。動かすと危ないってね。

最後に見つけたのが四万十川に埋められているもの。
これは見ていないけど住職に【あたみな】の話を聞いた時に教えてくれたもの。
まだ解けていないから四万十川には行くなと何度も注意された。
こういった時は人災も含まれるから行かないようにしている。


42:名無しさん@おーぷん:2014/08/29(金)21:01:55 ID:HNmD3zkkE
どれも共通しているのは【あたみな】という名前の壺で人を詰めたもの。
高知では方法は教えて貰えなかったんだけどね。

徳島・愛媛で【あたみな】を知ってる人がいたのにはびっくりした。
ただ知りえたのは振って中身が減ったら開封し新たに詰めなおす。
それを数回繰り返して完全に中身がなくなったら壺が完成すると。
骨残るんじゃないか?って聞いたけどそこまでは知らないと言われた。
まあ、そこまで深く追及すると本当に危ないのでそこで【あたみな】に関しては終了したよ。


43:名無しさん@おーぷん:2014/08/29(金)21:03:44 ID:HNmD3zkkE 
書けるのはここまでだけど似てないかい?


44:名無しさん@おーぷん:2014/08/29(金)23:55:28 ID:7tyf8EWlo × 
骨?


45:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)02:31:06 ID:vUaGnVFgC 
そう骨。色々細かい描写はグロいから省いたんだ。
骨壺の中にぐちゃぐちゃの肉が入っていると想像するとわかりやすいかな。
だから砕かれた欠片は残ってるはずなんだよね。


46:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)02:46:02 ID:HfoXAQH98 
なんちゅうまあ
それはちなみに、赤ちゃんがやっぱりあれなん?


47:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)02:56:48 ID:vUaGnVFgC
いや、調べた中では対象に年齢制限はなかったかな。
恨む対象の血縁者を使用していたらしいからね。


48:1◆iBVPK4.Aq2:2014/08/30(土)03:06:56 ID:3WUmWHicW 
骨砕くのか・・作業工程が胎児より大変そうだし心にきそうだな
そこから考えると胎児まだ楽だし合理的?なのか


49:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)07:49:05 ID:Sq3ba0G2N  
恨む対象の血縁者とか、相手にモロバレじゃんとか思ったけど
そういう心理作戦も含めての呪いなのかね
こわっ!


50:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)08:00:17 ID:vUaGnVFgC  
主に罪人の一家や非道な行いをしていた地主などに対して行われていたようだよ。
戒めも含めて行っていたのだろうとは思うけどね。
>>1
人力ではなかったらしいよ。
使えなくなった井戸の底を砂利と石灰で埋めて、地上に出ている部分に〇〇入れる。
そこに加工した石を落として牛に繋いでゴリゴリと・・・

それと気になった部分が一点あるんだ。
自分が聞いた限りでは後50年で払える物ってかなり強力な部類だと思うんだよね。
四万十川に埋めてあるものでも60歳の住職があと10年位は様子見て、
無理そうだったら息子に伝えて次代の住職に託すって話だったんだ。
本物であるかはともかく、
もし神社で保管されていた状態が悪かったら
憑き物が寄ってくるから>>1に人災が降りかかる恐れがあるから気を付けて。


51:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)08:09:27 ID:vUaGnVFgC 
それと保管状態によっては年々酷くなっていくのが通例だから
人気のない場所に保管していたのでなければお払いに行ってきてね。
出来れば紙で編んだ紐を清めた水で洗ってから身に着けておくといいよ。


52:1◆iBVPK4.Aq2:2014/08/30(土)08:11:18 ID:3WUmWHicW 
50年前後で100%安全に処分できるらしい
やろうと思えばもう少し早くできるらしいけどもしもに備えて長めにしとってるって言ってた


53:1◆iBVPK4.Aq2:2014/08/30(土)08:15:37 ID:3WUmWHicW 
帰りにお祓いしてもらったから大丈夫だと思う


54:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)08:32:12 ID:Sq3ba0G2N
戒めか。それでも巻き添え食らった血縁者は悲惨だね(;´д`)
まあ、同じ穴のなんとやらかも知れないけど。
加工方法怖いわー
ふとした疑問なんだけど、壷の中身がなくなったら継ぎ足すって書いてたじゃない?
加工した材料、どこかに保存したのかしら?
そのまま放置してたら、井戸のなかに染み込みそうだけど。


55:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)09:56:28 ID:vUaGnVFgC 
そっか。なら安心したよ。でも出来ればお守りは作ってほしい。
本当に念のため知り合った神主さんでもいいし、お願いして作って貰って。
あるとないとじゃ絶対後悔するから。
>>54
注ぎ足すのは違う人物だよ。。。
その地域から離れるか壺が完成するまで作られたって話だからね


56:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)11:58:43 ID:Sq3ba0G2N
別の人物っていうのを、作り手が代わるのと勘違いしてた。
読み返して理解したら、電車のなかで変な声出してしまったよ(;´д`)
完成する前に一族全滅しそう……


57:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)13:43:04 ID:vUaGnVFgC
落ち着いて深呼吸して(笑)
私も調べている時に何度も発狂する思いしたからわかるよ。

好奇心でこういったものに近づかない方がいい。
私は仕事で関わっただけなんだけど、今はすごく後悔しているし
なにより人をすごく怖いと思った。

これとは関係ないけど念だけで人を殺す実験だってこの国はしてる。
私は関係ない私はやってない私は関係ない


58:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)13:47:19 ID:gPB3b0SQi
基本的に日本人はこんな事せんやろ
災禍の民族やら
なんやらが、持ってくるんやは


59:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)14:28:35 ID:Sq3ba0G2N
ひいひいばあちゃんに、
「幽霊より生きてる人間のほうが怖い]って言われたこと思い出したわ。
確かに、必要以上に首突っ込むモノじゃないね。
ありがとう。
こんなこというのもあれだけど、>>57も自分を大事にね


60:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)15:08:56 ID:vUaGnVFgC
>>58
そう述べるには根拠がないよ。
日本人だろうが外国人だろうが欠陥を持った者は必ず生まれるよ。
あなたならそれらも日本人ではないと言うのだろうね。
>>59
ありがとう。
自分も本当にそう思うよ。民間伝承は本当に怖くなる。
必ずと言っていいほど人の業を見ることになる。

書いていて気付いたのだけど>>57は自分の書き込みなんだけど
>なにより人をすごく怖いと思った。
で送信しているんだよ。
その下の2行は書いてないんだ。
でも自作自演に見えるね。もう書き込むのはやめるよ。
いろいろとスレッドと違った事書いてごめんね。


62:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)16:08:07 ID:gPB3b0SQi 
いやいや、さすがに日本人ではないとは言わん
だから基本的にとつけてるんだが?


61:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)15:47:10 ID:hdUIFRY3h 
しかし、呪殺って使用者にもリスクがあるんじゃねえの?
「人を呪わば穴二つ」これは単なるストッパー的自戒と自責の言霊なの?
それを気にしなければ、または呪い返し受けの依代があれば呪殺をごり押しできるの?


63:名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)18:07:06 ID:i617ZvLXD 
いやいや、いろいろ質問答えてくれてありがとう。
自演とは思ってないよ。
無意識みたいなことだったんだろうなと勝手に解釈してたww
昔話には人の生きた裏付けがあるんだよね。
ばあちゃんが言うには、殺すの呪うのも、嫌がらせするのも生きた人間しかできない、
だから人間が一番怖いって。
自分も結構スレチなこと書いてるわwww


64:名無しさん@おーぷん:2014/09/01(月)02:00:21 ID:7MYZZHZYT 
コトリバコじゃない話もエグクて怖い


65:名無しさん@おーぷん:2014/11/02(日)19:11:25 ID:VFO2MoEHr 
2008年の投稿で、「小鳥子象」=「子取り小僧」というのがあったな。

2才以下の子どもを子取り小僧の神社に捧げ、相手に厄災を与えると言う話で、
幼少期の投稿者は生け贄になりこの世の者ではなくなった子と遊んでいた記憶があるという。


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1416044711/

430 : 本当にあった怖い名無し:2015/01/18(日) 19:43:01.56 ID:2vnaKdvIO.net 
両班支配の李朝では、大多数の国民は顧みられることなく棄民状態だった。
欧米の植民地が収奪により現地人の人口が減ったりしたのと異なり、
日本は国家予算の2割を注ぎ込みインフラを整備して半島の人口は減るどころか倍増した。

この半島整備の為、逆に内地では東北飢饉に際し
有効な手立てを打てず、みちのく娘の身売りが横行。

そして、この日韓併合により向上した半島の生活を苦々しく見ていたのは
特権を剥奪された両班たち。
彼等は上海や米国で徒党を組んだが、今まで搾取し続けた半島の民衆が
付いて行くことは無く孤立したw

戦後、この地に堕ちた両班のイメージを改善しようとしたのが、
他ならぬ両班出身の李承晩初代韓国大統領だった。
その為に彼は、日本統治下は暗黒時代だったかのような改竄した歴史を捏造して広めた。


434 : 本当にあった怖い名無し:2015/01/18(日) 21:49:30.71 ID:2vnaKdvIO.net 
李明博は大学時代に民主化運動、日韓基本条約の反対闘争に身を投じ、
約1万2千人参加の日韓会談反対闘争を主導したとして国家内乱扇動の罪に問われ、
逮捕され刑務所に3カ月ほど服役した。

この学生運動での経歴が就職活動にモロに影響し、
大学卒業後は就職難に陥る。


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1452547037/

224 : 本当にあった怖い名無し:2016/03/05(土) 20:02:25.82 ID:DRC6DG4k0.net 
嫌いではないのだけどどうもその人を見てるとモヤモヤするという人がいる。
こんなことではダメだ、もっと強い心を持たないと…と
昨日神社で「もっと強い心になるように精進しますので見守って下さい」と念じてお参りをした。
今日、その人の目が腫れていた。
原因不明だそうな。

神様にはなにかしてほしいとお願いはなるべくしないことにしているし、
呪うように念じたつもりもなかったが心の底にある汚い感情を神様はお見通しなのかもしれない。
人を呪わば穴二つという。
近いうちきっと自分もなにか報いを受けるのかもしれない…



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1425032451/

115 :夕紅 ◆e/DkDKVoCg :2015/03/12(木) 01:01:57.42 ID:1OAocZey0.net
私が働いている母校の高校の近くにある喫茶店は、立地の関係上、
よく母校の生徒さん達が訪れます。
お客さんの五割が母校の生徒さん、四割が母校の先生方、残りの一割が一般のお客様、
というところでしょうか。

生徒さん達も悪さをしたり騒いだりするのではなく、
ただ純粋に生徒同士の交流の場ーー
所謂『喋り場』として利用している様で、他愛もない雑談から、真剣な悩み相談まで
学年を越えて交流している様でした。
私やマスター達スタッフも
高校OBという事もあり、勉強や進路の悩み相談をされる事も多々ありました。

また、夏や冬、それに春に卒業・入学シーズン等が特に繁忙期で、 私達だけでは回らない為、
アルバイトで私の小学校以来の友人であるエリカちゃんに来て貰う事もありました。
(エリカちゃんは今で言うゆうこりん系のふわふわした天然系の美人さんなので、
彼女が出てくれた日は男子高校生の来客率が異様に上がるんです。)

そんな、卒業式を間近に控えたある日、店に一人の女の子が現れました。
切れ長の涼しげな目元にショートカットがよく似合う、
本来であればとても快活な雰囲気を持つ子なのでしょうが、伏せられた瞳は不安げに揺れ、
とても元気がない様で。
(何か、大きな悩みがあるのかな・・・?)
彼女はカウンター席に腰掛け、カウンター奥の私とエリカちゃんをちらちらと見ていました。

(私達に相談したいのかな・・・?)
私が思い切って話し掛けようとした時
「あの、聞いてくれませんか?」彼女が口を開きました。
「私、とってもツイてないんです。」
(ツイでない?成程、それで落ち込んでたのかぁ。)
私は、ツイてない時は誰だってあるし、
いつか直ぐにまだ幸運が巡って来る様になるから、と話したのですが。
「そんなんじゃないんです。私、小さい時からずっと、ツイてない・・不幸なんです。」
彼女は、そう言い切ったのです。




116 :夕紅 ◆e/DkDKVoCg:2015/03/12(木) 01:04:04.14 ID:1OAocZey0.net
私もマスターもエリカちゃんも、最初は、そんな大袈裟な・・・と思いましたが、
詳しく彼女の話を聞いてみると。

今まで最低でも一年に一回は居眠り運転のトラックに跳ねられたりする。
(親の運転する車ごと巻き込まれた事故であったりする為今まで無事でいられたらしく、
生身でトラックとの事故に巻き込まれた事はないそうです。)
授業で野球をするとよくボールが頭に当たる。
(バッターが打った球が当たった事もあるそうです。)
頭上から兎に角物が落ちて来る事が多い。
(サスペンスではありませんが、実際に花瓶や鉄骨等が落ちてきた事がある様です。)

そんな一つ間違えたら命に関わるものから
お店に予約をしていた品物がよく間違って売られてしまう。
学校の成績に関わる大きな英語のテストで
書いた英作文を、先生が一切書いていない子のと取り違えて0点にしてしまう。
(その後先生は謝って点数をちゃんとつけてくれたらしいのですが、
名前も全く違うのにどうやって取り違えたのか未だに謎だそうです。)等の些細な物まで、

その『不幸な事例』は数知れず。
特に、前述した『命の危険を伴う』物に遭う頻度が最近上がって来ており、
このままだといつか事故で死んでしまいそうで怖い、とのことでした。
(確かに、命の危険を感じる物は危ないし、怖いっちゃ怖いけど、
それでも今まで助かってるんだし、悪運が強いとも言うんじゃないのかな?)
とも、思いました。

ですが、彼女曰く
『幾ら悪運が強いと言われても、
こう何度も九死に一生を得る体験ばかりしていたのでは命が幾つあっても足りない』そうで。

彼女と一緒に来た友人は
「気にしすぎ」
「神経質になってる」
「誰だってついてない時位あるよ」と、
大して気にもしていない風でしたが、彼女は至って真剣でした。
「こんなにツイてないのっておかしいですよ!」
絶対おかしい! 
そう、彼女は息巻いていました。

そして真剣な彼女の話を聞いていると、
予約していた品物が売られてしまう事等は確かに誰にでも起こり得る事ですが
頭上から花瓶や鉄骨が高頻度で落ちてくる事等は果たして偶然でそう何度も起こり得るのか。
そう、疑問に思う様になっていました。


117 :夕紅 ◆e/DkDKVoCg:2015/03/12(木) 01:06:12.24 ID:1OAocZey0.net
彼女も彼女で、誰かに相談したいという気持ちがあったらしいのですが、
丁度そんな時同級生の男子から
うちの喫茶店にシスター(エリカちゃんの事です)が来ていると知り、
どうにかして欲しいと思って来た様でした。
ですが、エリカちゃんはただのシスターでありエクソシストではないので、
当然彼女が望む様な御祓いの様な事は出来ません。
その日は、落胆する彼女を宥めながら話を聞くだけで終わりました。

一週間後、再び例のツイていない女の子・・・芽衣子ちゃんが店にやって来ました。
しかも、以前より酷く落ち込んだ様子で。
気になった私とエリカちゃんが話を聞いてみると。

彼女はどうやらあの後、自分がツイていないのが気になり、
地元の県では有名な神社やお寺に御祓いを頼んだらしいのです。
ですが
「ちょっとうちの神社では・・・・・」や
「人数がいっぱいでして・・・・・」等、
様々な理由で殆どの寺社仏閣から断られてしまったらしいのです。

また、御祓いを受けてくれたお寺もあったらしいのですが、行こうとすると
電車の場合は人身事故に巻き込まれ電車が動かず、
タクシーで向かおうとしたら
やはり直前で事故が起こり道路が通行止めになる等の出来事が起こり、
結局行けなかったらしいのです。
「私、呪われてるのかもしれない・・・・・。」
芽衣子ちゃんはかなり意気消沈していました。

更に、彼女が落ち込んでいる理由はそれだけではなく、
どうやらうちの店に相談に来たあの夜からおかしな夢を見る様になってしまったらしいのです。
夢の中で、彼女は何かから逃げています。
そこは学校の中で、ひたり・・・ひたり・・・と何かが
這って彼女を追いかけているのが聞こえて来るそうなのです。
彼女も走って逃げるらしいのですが、靴箱まで辿り着いたところで追いつかれ、
強い力で首を絞められ意識を失ってしまうのだそうです。
そして、その瞬間目が覚めるらしいのですが、それが毎朝4時44分なのだとか。

もうそれがあの日からずっと続いているそうで。
最近はそれが原因でよく眠れないらしく、
可愛らしい筈の顔にはくっきりと黒い隈が浮かんでいました。


118 :夕紅 ◆e/DkDKVoCg:2015/03/12(木) 01:07:38.50 ID:1OAocZey0.net
加えて、おかしな事が起こるのは夢の中だけではなく、
一人で自分の部屋等にいると背後から
誰もいない筈なのにシャーペンの芯や消しゴムをぶつけられたりするそうなのです。
そうして、彼女がそれに気づいて振り返ると、それはぱたりと止むそうなのですが。
その振り向いた瞬間に、小さな子供・・・
まるで赤ちゃんがはしゃいでいる様なきゃっきゃと言う笑い声が聞こえるのだそうです。

(それ、完全にやばいんじゃ・・・?)
私はそう感じました。
エリカちゃんもまずいと思った様で、私達はお互いに顔を見合わせました。
芽衣子ちゃんも「なんかこれってヤバイですよね?!」と、泣きそうになっています。
「本当に、御祓いした方が良いのかも・・・・・」
エリカちゃんは呟く様に、そう言いました。
「でも!断られるんです!出来ないんですよ!!」
芽衣子ちゃんは半ば叫ぶ様にそう言いました。

すると、エリカちゃんは
「私の従兄弟のお兄ちゃんがね、今、お寺にいるんだけど・・・聞いてみようか?」
そう言いました。
私はクリスチャンのエリカちゃんに僧籍の親戚がいる事自体が初耳で
かなり驚いたのですが、今はそれどころではないと思い直し
芽衣子ちゃんとエリカちゃんの会話に耳を傾けました。

幸運にもエリカちゃんの従兄弟さんがいるお寺はうちの店から近く、
毎晩の夢で追い詰められていた芽衣子ちゃんは今すぐにでも行きたい、という事になりました。
そうして、店はマスターと他の子に任せ、
私の車でエリカちゃんと芽衣子ちゃんとそのお寺に向かう事になったのです。


119 :夕紅 ◆e/DkDKVoCg:2015/03/12(木) 01:08:55.04 ID:1OAocZey0.net
店から車で出て15分、異変は徐々に現れました。
誰も何もしていないのにナビが点滅し、次第に点滅が激しくなり、遂につかなくなってしまう。
受信出来ていたラジオが急に受信出来なくなり、
ザーザーというテレビの砂嵐の様な激しい音を最後につかなくなってしまう。

そして、店を出て45分位走った辺りでしょうか。
目的地のお寺までかなり近付いた辺りだと思います。
車は徐々に人気のない寂しい道に入っていったのですが。
「ねぇ、本当にこの道で合ってるの?」
「お兄ちゃんから貰った地図にはこの辺りって書いてあるけど。」
走れども走れどもお寺らしき建物は何も見えて来ず、私達は徐々に不安に苛まれ始めました。

そこは道の片側に深い森の様な場所がある、
昼間でも少し暗く、人の声すら聞こえて来ない様な静かな道でした。
どれだけ進んでも、お寺は見えて来ません。
不安になった私達は、一度大きな通りまで引き返して、そこで道を聞こうという事になりました。
そして、その道を引き返そうとした瞬間

オギャァー・・・オギャァー・・・・
車内に僅かに赤ちゃんの泣き声の様なものが響いたのです。

「え・・・・・?」
「・・・・・今、何か聞こえなかった?」
何かの聞き間違いだったのだろうか。
全員がそう思おうとした瞬間

オギャァー・・・!オギャァー・・・!
先程より大きな声で、それは響いたのです。

(やばい・・・!確実に何かいる・・・!)
私達は全員そう確信しました。


120 :夕紅 ◆e/DkDKVoCg:2015/03/12(木) 01:12:15.04 ID:1OAocZey0.net
次の瞬間
ドンッ!!!と車のボンネットに強い衝撃が走り、一瞬全員が上を見上げました。

「何これ?!」
「もうやだぁ!」
半ば悲鳴に近い声が上がり始めたその時
「あ、あ・・・あれ!!!」
エリカちゃんが車のフロントガラスを指差し、固まっていました。
その目は恐怖に見開かれ、私達は見てはいけないとわかっているのに、
ついそちらを見てしまいました。
すると、そこには・・・

「きゃああああああ!!!!!!」
産まれたばかりでしょうか・・・体に胎盤の様なものをつけたままの
血まみれの赤ちゃんがフロントガラスにしがみついていたのです。

オギャァー・・・!オギャァー・・・!
赤ちゃんは泣きながら血まみれの手を振り上げ、何度もフロントガラスを叩きました。
その度に、フロントガラスは紅く染まり、
赤ちゃんの力ではありえない筈なのに車がドンッと揺れました。
もう私達は怖くて泣きながら互いに抱き合い、身を寄せ合いました。

どれだけそうしていたでしょうか。
その時の私達には恐怖で時間の感覚などなくなっていました。
ただ、恐ろしく長い時間が経った様な気だけはしていました。
すると、そこに。
コンコン! サイドの窓を叩く音が響きました。
「ひいっ?!」
「きゃぁ!!」
慌ててそちらを振り向いてみると、そこにはとても心配そうな顔をした若い男性がいました。


121 :夕紅 ◆e/DkDKVoCg:2015/03/12(木) 01:13:30.57 ID:1OAocZey0.net
男性は、縹色の法衣を着ており、
その姿で一目で私達は彼がエリカちゃんの従兄弟だとわかりました。
その姿に安心した私達がドアを開け、転がり出す様に
外に飛び出すと、男性は
「あんまり到着するのが遅いから、心配になって迎えに来たんだよ。」と、言いました。

男性・・・瑠之介(りゅうのすけ)さんは
所謂、『視える』人らしく、私達を迎えにお寺から一番近くにある大通りまで出た時
そこにある二つに分かれた道で、まるで女郎蜘蛛が獲物を糸で絡めとる様に・・・
お寺に行く道とは反対の森へ続く道から
本来、人の目には見えない
『悪意』に満たされたエネルギーの糸の様な物が伸びていたらしいのです。

そして、その糸は瑠之介さんの目の前で、
もう既に獲物を絡めとり、奥へと誘っているかの如く、奥へ奥へと後退していったらしいです。
そうして、その糸を辿って行ってみたら、
その糸の先にこの車があり、私達がいたそうです。

私とエリカちゃんは恐怖で完全に腰が抜けてしまった芽衣子ちゃんを支え、
瑠之介さんとお寺に行きました。
そこで、芽衣子ちゃんと、巻き込まれた私とエリカちゃんも御祓いを受けたのですが、
その途中、芽衣子ちゃんが異常に苦しみ始め
まるで赤ちゃんの様に泣き始めたのです。
私とエリカちゃんは慌てて支えようとしましたが、瑠之介さんの鋭い声に静止され
動く事が出来なくなってしまいました。

瑠之介さん曰く、あれは生まれて来られなかった赤ちゃんの霊・・・
水子の霊だそうで、 優しくされるとその人に憑いてしまうかもしれないのだそうです。
だから、可哀想だけれども、その赤ちゃんの霊を成仏させてあげる為にも
心を鬼にして突き放す事が必要なのだそうです。

瑠之介さんがお経を読み進めると
読み進める程、芽衣子ちゃんは苦しみ泣き叫びました。
しかし、その声は徐々に小さくなり、
お経が終わる頃には、そこにはぐったりとした様子の芽衣子ちゃんがいました。

瑠之介さんが言う事には、芽衣子ちゃんには本来生まれて来る筈だった
芽衣子ちゃんのお姉さんである赤ちゃんの霊が憑いていたそうです。
そのお姉さんは芽衣子ちゃんが羨ましかったのだそうです。


122 :夕紅 ◆e/DkDKVoCg:2015/03/12(木) 01:14:27.15 ID:1OAocZey0.net
そして、ここからは芽衣子ちゃんがお母さんから聞いた話も含みます。

昨年まではちゃんと
芽衣子ちゃんのお母さんが月命日には毎回お参りをしていたそうなのですが、
今年は芽衣子ちゃんが受験をする年でもあったので、かなり忙しく、
月命日にお参りに行くのも忘れてしまったのだそうです。

それをお姉さんの霊は忘れられたと勘違いし、その勘違いが
『妹ばかり愛されている』
『私は死んだのに妹ばかりずるい』
『私も生きたかった』
という気持ちを生み出し、
芽衣子ちゃんが上手く行ったり、幸せになるのを妨害していたのだそうです。
そして、最終的には
『お前も死ねばいいのに』という気持ちに繋がり、
あの命の危険に繋がる数々の事故を生み出していたのだそうです。

翌日、芽衣子ちゃんとお母さんはお姉さんのお墓にお参りに行きました。
そして、手厚く供養して貰ったそうです。
そのお陰なのか、或いは瑠之介さんの御祓いの効果なのか、
あの日以来芽衣子ちゃんの身に不思議な出来事や命の危険を伴う事故はなくなり、
あの首を絞められる恐ろしい悪夢を見る事もなくなったそうです。


↑このページのトップヘ