サイケデリック・奇譚

永遠の日常は非日常。

タグ:業

644:本当にあった怖い名無し:2010/12/18(土) 02:28:18 
7年前、年が3つ上の兄貴が大学に通っていた頃に聞いた話。
兄貴は大学の理工学部なんだけど
よくオカルト好きな友人を家に招いては霊や超常現象の話題で盛り上がっていた。
科学的な観点から霊や超常現象の正体は何かと
酒を飲みながら結構真剣に話していたのを覚えている。

兄貴が大学4年になったあたりから
そのオカルト好きな友達がぱったりと家に来なくなった。
なんでも、病気になったらしくて大学も辞め入院しているらしい。

それから数カ月経ち、俺は兄貴のオカルト好きな友人のこともすっかり忘れていたある日。
兄貴がふと思い出したように、その友達の話を始めた。
「そういえば3日前に、あいつが俺の家に来てたんだよ」

内容はこうだ。
その友達はガンだったらしく、余命半年と宣告をうけ
しばらくの間病院で治療を続けていたが、最近は自宅療養になった。
久しぶりに会う友人は抗がん剤のせいなのかひどくやつれ
髪も眉毛もなく、身体も青白くやせ細っていたが、やけに目だけは生き生きとしていた。
久しぶりに会ったというのに、その友人は挨拶も早々に、
「実は話したいことがあるんだよ!」と、嬉しそうに話し始めた。

「この世は、永遠に回り続けるビデオテープみたいなものなんだ!
そして常に録画されていて、常にそのテープには
今という瞬間を過去の上から重ね録りされているんだよ!」

兄貴は意味が分からず、唖然とするしかなかった。
友人はそれを気にすることなく話を続けた。


645:本当にあった怖い名無し:2010/12/18(土) 02:30:56 
「テープが一回りする周期が、どのくらいかはわからない。
1年か1カ月か1週間か。もしかすると1時間、1秒かもしれない」
なんとなく兄貴も、その話に興味を持ちはじめた。

「人間の身体は、微弱な電気で動いているのはお前もすでに知っているだろ?
普段は微弱だけど、精神的、心理的に何か強い思いが・・・
つまり・・・喜びや悲しみ、後悔や無念、怒りや憎しみ。
その感情が強ければ強いほど、微弱だった電気が強力な何かになり、時には
その何かが、場所や空間に感情の痕跡を残すことがあるんだ。
感情の痕跡が深く刻まれると、先に話した重ね録りをしても消えないんだよ。
ほら、たまに重ね録りしたビデオテープ再生したら
前の映像がうっすら映ってたり音が残ってたりするだろ?
それだったんだ!
霊や超常現象の正体は!魂や怨念なんかじゃないんだ!
ただの痕跡なんだよ!おい○○(兄貴の名前)!わかるよな!」
突然感情的になった友人に、
兄貴は話の整理ができないまま、うんうんとうなずくことしかできなかった。

その瞬間。
「おぉぉぉぉぉ!解明できたぞ!うおぉぉぉ!」
友人はいきなり立ち上がり、歓喜のような雄たけびあげた。
まるで試合に勝ったボクサーのように拳を天に突き上げていた。
あまりに突然の友人の変貌ぶりと行動に、
兄貴はその場から動くことができず、なぜか笑ってしまった。
その様子を見た友人は涙を流し一言、
「ありがとな」
笑顔でそう言って帰って行ったそうだ。

兄貴は話し終えるとハハッと笑いながら、
「変な奴だよな。元理工学部のくせに、言ってることが科学的じゃない。
言い回しがそれっぽいってだけで、言ってること目茶苦茶www
だけど不思議なことに、あいつがしゃべったこと一語一句覚えてるんだよ」

兄貴が話をしてくれた翌日に、その友人は自宅のベットの中で静かに亡くなった。
それからしばらくしてからかな?
ときどき兄貴が自分の部屋で亡くなった友人の姿を見るようになったのは。
あの時のように歓喜の雄たけびをあげ、拳を天に突き上げているらしい。



523:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 21:20:14.62
昨年末くらいからなんだけど、ときどき急に目眩とか吐き気がするようになりました。
最初は風邪かと思ったんだけど、普通に元気にしてるのに突然気分が悪くなって、
しばらくしたら治ることの繰り返しで、普通の体調の悪さとは違うのです。
病院に行っても原因が分からず、ストレスでしょうとか言われ、
薬をもらって飲んだけど全然治りませんでした。
そんなことが1カ月以上続いていたのですが。。。

つい先日のことです。
用事があって近所の家に行ったのですが、たまたま先客がいらしたので、
玄関先でその方に方に軽く会釈しました。
するとその方、品の良い50代くらいの奥さんでしたが、いきなり顔色が変わったのです。

その奥さんは、「いきなりこんなことを聞いてごめんなさいね、
もしかしてあなたが着ていらっしゃるそのセーターは
手編みで最近プレゼントされたものじゃありません?」とおっしゃいました。
いきなりのことで私は引きまくりでしたが、
確かにそれは、中学からの長い付き合いの友人がクリスマス前に贈ってくれたセーターでした。
友人は編み物がプロ級の腕前で、家族や友人にセーターとか
小物を編んで送るのを趣味みたいにしてるのです。

私がそう言うと、その奥さんは「そのお友達って、こういう感じの方でしょ」と、
容姿を詳しく描写されたのですが、
それがもうビンゴ、本人を知っているのではないかと疑うくらいピッタリ。

その方、いわゆる霊感のある方なのだそうで、
へ~ 世の中には本当にそういう能力の持ち主がいるんだな~と
私は単純に感心していたのですが、
そのあとこの方が言った言葉に激しいショックを受けてしまいました。




524:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 21:21:31.42 
「普段は私、霊感に関することは親しい人以外には言わないようにしてるんです。
だっておかしな人だと思われますでしょ? 
でも、あなたのことはどうしても見て見ぬ振りできなくて。
こんなことを言って気を悪くされるでしょうけれど
私にはそのセーターの編み目の一つ一つから
『死ね』『不幸になれ』という言葉が吐き出されているのが聞こえるんです・・・」

そう言われたのです。
当然私は怒りました。
だってその友達とは長年仲良く付き合ってきたし、
だいたい彼女はそんなことを言うような人ではないんです。

でもよくよく思い返してみると、体調の悪くなるのは必ずそのセーターか
その少し前にもらったマフラーを身に付けていたときでした。
そして、一応すすめに従ってセーターとマフラーを処分したら、体調も良くなってしまいました。

あの奥さんの言葉をそのまま鵜呑みにすることはできないにしても
もし本当だったとしたら・・・・
親友と思っていた人が、一目一目恨みを込めながらセーターを編んでいたってことでしょうか?
恨まれる心当たりは全くないのですが。

その方の言葉によると
「お友達ご自身も自分の気持ちには全く気付いてないのかもしれませんよ。
手作りの物には心の奥底にある思いが乗り移ることがありますから」
だそうです。
手作りの物は、気付かないうちに呪われているのでしょうか。



750 :本当にあった怖い名無し:2010/11/02(火) 22:01:24
皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。
実った木の実を全て取り入れてしまわず、いくつか残す風習は昔からあって、
取り入れずに残した実のことを、木守り(きまもり)と呼びます。
諸説ありますが、来年もまた沢山の実をつけてくれるように、という願いを込めた行為です。

これは、私の祖父の姉が子供の頃に体験したお話です。
祖父の家の裏山には、大きな柿の木があります。
その柿は渋柿で、毎年干し柿をたくさん作っています。
祖父の家では、一本の縄に10個ずつ柿を吊るします。それがズラーッと並ぶと壮観ですね。
良い具合に干された頃に、猿がやってきて盗んで行く事もあるそうです。
毎年、学校から帰ると、お婆ちゃん(祖父の祖母)と姉、弟と一緒に干し柿作りをしていました。

その年の秋も、裏山の柿の木は鈴生りに実を付けていました。
お婆ちゃんは風邪をこじらせ寝込んでしまっており、祖父と姉が干し柿作りを任されました。
柿の実は父親が取り入れてくれており、皮を剥いて縄に吊るすだけです。
祖父と姉は数日掛かりで作業しました。

そろそろ終わりに近付いた頃、姉は柿の実の数が足りない事に気がつきました。
柿が7個しかありません。几帳面な姉は、木にいくつか残っていた事を思い出して見に行きました。
ちょうど3個残っています。姉は少し考えたんですが、区切りが良いので取ることにしました。




751 :本当にあった怖い名無し:2010/11/02(火) 22:02:36 
家に戻って竹の棒を持ち出し、竹の先の切れ込みに柿の枝を挟んで捻ると簡単に取れます。
3個目の柿を取った時に、「ギャ-ッ」という鳴き声が聞こえたそうです。
驚いて怖くなったんですが、きっと鳥の鳴き声だろうと思い、家に帰りました。

翌日、父親から柿を全部取ったことをきつく叱られたそうです。
秋も過ぎて山の木の葉も全て落ち、もうじき雪が降り始める頃の事です。
裏の畑に大根を取りに行った姉は、ふっと山の柿の木に違和感を感じました。
柿の実が一つ木になっています。
全部取ったはずなのにおかしいな?と思った姉は、木の近くに見に行きました。

じっと柿を見ると、突然柿が能面のような真っ白い女性の顔に変わり、
「お前の右足を食べたいねえ」と言った途端にポトリと落ち、
コロコロ転がってきて、真っ赤な口を開けて、姉の右脛に齧り付きました。
姉は痛みと恐ろしさで夢中で家に駆け戻りました。
家に入り足を見ても何もなく、不思議と傷も付いていなかったそうです。
母に話したのですが気のせいだと笑って聞き流されてしまいました。

翌日、友達何人かと一緒に学校から帰る途中の事です。
通学路の途中にある桜の木の下に差し掛かった時、
上から「ギャ-ッ」という鳴き声が聞こえたので、パッと目を向けた瞬間、
体中動かなくなりました。
枝に柿が二つぶら下がっています。


752 :本当にあった怖い名無し:2010/11/02(火) 22:03:46 
柿を見たまま動けないでいると、昨日のように一つが真っ白い女性の顔に変わり、
「お前の右足は美味かったよ」
そしてもう一つが白髪の老婆に変わり、
「私は左足を食べたいねえ」と言って二つともポトリと落ち、
コロコロ転がってきて、真っ白い女性の方は姉の右脛に入ってしまい
白髪の老婆の方が、真っ赤な口を開けて姉の左脛に齧り付きました。
痛いと感じた途端に体が動くようになり左足の老婆も消えていました。

周りを見ると友達はポカンとこっちを見ています。
姉が声が聞こえなかったかと聞いても、「何も聞こえなかった」と言い
柿がなかったかと聞いても「何もないよ」と言います。
それよりも、急に立ち止まったのでお腹でも痛くなったのかと心配したと言います。

恐ろしくなった姉は急いで家に帰り
お婆ちゃんに昨日、今日の事を泣きながら話しました。
話した後も恐ろしくてたまらないので布団に入って泣きながら震えていました。

これはただ事じゃないと思ったお婆ちゃんは、
寺の住職様に相談に行きましたがまともに取り合ってもらえませんでした。
他に頼る当てもなく、途方にくれたお婆ちゃんは
その日一睡もせずに仏壇の前で御先祖様に
「何とか姉を助けて下さい」と繰り返しお願いをしたそうです。


753 :本当にあった怖い名無し:2010/11/02(火) 22:04:37 
お婆ちゃんがお祈りしている晩、姉は夢を見ました。
暗闇の中から真っ白な着物を着た男の人が現れ
姉の前に正座して深々とお辞儀をした後、こう言いました。
「力が及ばず誠に申し訳ない。全部許してはもらえなかった」
そして、また深々とお辞儀した後、ゆっくりと立ち上がりまた暗闇の中に消えて行きました。

翌日、目が覚めた後、お婆ちゃんに話をすると、姉を抱きしめて泣き出し、
「ごめんね、ごめんね、何もしてやれずにごめんね」と、姉と一緒に大泣きしたそうです。

それから、何をするにも姉にお婆ちゃんが付き添いました。
ところが、おかしな事は昨日を最後に全く起こりません。
1ヶ月が過ぎ、2ヶ月が過ぎても何も起こらないので
段々とお婆ちゃんとも離れ以前の生活に戻りました。

3年目の夏、お婆ちゃんは肺炎にかかって亡くなりました。
そして秋になり、柿の実が色付いてきた頃
姉は裏で畑仕事の最中に右足で釘を踏み抜いてしまい。その傷が化膿してしまって
右足の膝下を切断しました。
ただ、それ以降は無病息災で何事もなく平和に生活できました。

その姉も、2007年8月に83才で大往生いたしました。
自宅で寝ている最中に自然と息を引き取ったので天寿を全う出来たのだと思います。
姉のお婆ちゃんの命日と1日違いなのは、ただの偶然でしょうね。


754 :本当にあった怖い名無し:2010/11/02(火) 22:05:46 
姉の生前の口癖は、
「私は欲をかいたばっかりに、右足を無くしたんだよ。
御先祖様とお婆ちゃんの力が無かったら、生きていないかもしれない。
お前たちも、足るを知って慎み深く生きなさい」

私の祖父はもちろん、姉の子供たちも繰り返し聞いた言葉です。
私も自分の心に刻んで、大切に守っていこうと思います。



https://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535920044/-100

322 :本当にあった怖い名無し:2018/11/25(日) 12:27:33.95
石じじいの話です。

レプリカントなどの
「人間に奉仕するべく人工的に作られたヒトモドキ」は、人類の夢なのでしょうか?
死ぬまで思うままに働かせることができるという。

じじいは、朝鮮に住んでいたときに何度か満州に赴きました。
満州には、いろいろな民族が住み、なかにはロシア人もいたそうです。
いわゆる白系ロシア人という人々でしょう。
農業、貿易、商業(食堂、食料品店、パン屋)などを生業にしていようです。
革命動乱から逃げてきた人々ばかりではなく、長らくそこに住んでいた人も多かったとか。
かならずしも反共ではなく、ソ連側と通じているものもいたそうです。
なかには、ユダヤ人もいたそうで、ユダヤ寺(シナゴーグ?)も建てられていました。

帝政ロシアでは、帝国科学アカデミーの学者によって
「不死兵士」の研究がおこなわれていたそうです。

そのような兵士は、手足を切り落とされても、上半身だけになっても生きているのだと。
特別な餌を大量に与えると傷の回復が早いということでした。
手を失っても噛み付くことで戦えるのだと。
その兵士は、選別して子供の頃から育てて「医学的処置」を施すことによって
作り上げられるのだそうです。
「パクロビーチェリ」(とメモにはあります)と呼ばれていたそうです。
研究は実用に近い段階だったそうですが、
ボリシェヴィキ政権になってから、その研究所がどうなったかはわからない、ということでした。

この話をじじいにしてくれたロシア人は、アメリカに移住すると言っていたそうです。



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1436905422/

362 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 12:25:32.99 ID:JMb3Ers20.net 
輪廻は悪いことじゃないと思う
植物の根っこのように必要なもの
成仏とは、一個の生をきちんと終わらせることが出来たってこと

ある次元から見ると過去生も未来生も同時に起きている
仏陀も無数に輪廻してるはず、
でもすべての過去生と未来生でシンクロさせて解脱の境地を知ることになった

解脱すればもう輪廻転生しないってことではなく、
いつでも解脱の境地を覗くことが出来るってこと、根っこと茎と花

変わるのは次の生ではなく、「いま」が変わる、
気づく人は少ないと思うけど



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1436905422/

346 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/05(土) 12:26:51.47
思考はあくまで「ただの思考」真実かどうかはわからない 
思考=自分でもない、だって下手すりゃ1分で考えが変わる、それが人間 

別スレで 
最近の女は調子に乗っている、ってのがあったんだがw 
何をもって「調子に乗っている」のか? 
女が調子に乗って悪いのか?男だったら良いのか? 
調子に乗ってるからどうだというのか? 
考えたことあるのかね?




347 :本当にあった怖い名無し:2015/09/05(土) 12:35:30.44 
思考の飲み込まれず、客観視する方法は
何かムカつく(今自分はムカついているんだという自覚) 
これだけでも、ブチ切れて暴力をふるったり暴言を吐いて立場を悪くするのを防ぐ 
抑止効果があるww 

なぜ気分がムカムカしているの?と自分に問う 
女が調子に乗っているからだ 
女が調子に乗っているとは、具体的にどういう状況を言うの? 
それは悪いことなのか?悪いと思うなら 
その理由を考える、なぜ悪いことだと自分は思うのだろうか? 
例えば女は大人しく男に従うべきだという思い込みがあったとする 
それは本当だろうか?と考える 
ってやっていくと主観に埋没することはなくなる 

俺がこう感じてこう考えるからそれが正しいってことにはならないと気づく 
著しく客観性を欠いていたんだなと 

ところが根本的なところが狂っていると 
あらぬ方向ににどんどんはまり込んで、狂気を帯びてくることすらある 
思考の迷宮って奴ね、気のエネルギー場で観ると内側に巻き込んだ 
ブラックホールみたいになっていくの

これ実際見ると怖いよ 
イメージとしてはもう人の自分が、自分の考えや行動を冷静に観察する 
それが瞑想の入り口、内観っていうんだけど 

ただねぇ人格の基盤が歪んでいるとブラックホール(妄念)に入り込む場合があるから 
思い込が激しくて、人と意見が合ったことがないって人は 
専門家に相談することをお勧めする
いや…自分おかしいかも?と疑う人はホンモノのキチガイじゃないからな 

一定数いるんだよホンモノが、それは周りが気付いて病院つれて行くしかない 
対処できる病院あるのか知らないけど


348 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/05(土) 12:38:01.02 
イメージとしてはもう一人の自分が、自分の考えや行動を冷静に観察する 
それが瞑想の入り口、内観っていうんだけど 

↑は妄念に囚われない方法、自問自答と客観視を試してみて欲しい


349 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/05(土) 12:43:08.67
妄念体ってのは自分の中で大きくなったあと 
他人を飲み込むことがある、思念エネルギーの塊なんだけど 
これが強力だと大勢の人を飲み込む 
妄念体怖いよww



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1436905422/

363 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 14:52:03.54 
一回の人生で学べることは限られているからね 
わたしは生まれる前の記憶がちょっとだけあって 
多分子供の頃はたくさん覚えていたんだろうけど 
大人になるにつれて記憶は薄れた感じがする 
ただ神様(としか表現のしようがない)と約束したって覚えだけはあるんだよな 
何を誓ったのかは忘れたけどw 
これをやり遂げる的なことだったと思う 
絶対的な存在との約束果たして帰りたい、そんでもって少しでも軽くなって帰りたいよ 
カルマって奴を解消したい




364 :本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 15:01:44.94
逆に重たくなって人生を終える人もいるからな、罪を重ねて重ねて 
あとでしんどいのに 

カルマを解消するヒントになれば 
気をつけなきゃならないのは「感情」引き寄せ系の魔いや…ww

本には良い気分を選ぶと書かれている 
確かにそうなんだけど、でもお天気と同じで日によって気分が違うよね 
ウキウキした日もあれば、どんよりなんとなく億劫で鬱な日もある 
穏やかで平和な気分の時もあれば、イライラが止まらない日もある 
ある程度誰でも感情の波はある、これが固定化するとよろしくない 

仏様のように常に慈愛と平和の波動を湛えていられればいいけど 
この世界ではまず無理
山奥で仙人みたいに暮らせば別だが 

感情ってのは面白い性質がある 
怒っているときは、それをさらに燃え立たせる材料を探す、腹の立つことばかりに気が行ってしまう 
憂鬱なとき、哀しいときもそう、暗いニュースに目が行って更に憂鬱になる 
他人の身の上話を聞いて更に悲しい気分になる 
そしてそこから中々抜け出せない
心が怒りや暗くなる材料ばかり探していたら 
外側の状況も変わらないよな
長雨が続くとき(日照りでもいいけど) 
これが永遠に続くんじゃないかって気になってくる 
感情に飲み込まれると確かにその気分は長引く傾向にあるな


365 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 15:11:48.57 
だから引き寄せ本では「明るいいい気分を選択しよう」って言うんだけど… 
それができりゃ苦労はないわ 
何十年も、いや一生かけて修行する人がいるってのに、 
心ってのはそれだけ御し難い 

まぁ持って生れの気質ってあって、楽天的でお気楽な性質なら 
そんなに難しいことじゃあないかもしれないが
肝心なところがダメだったりww 

自分の今の気分を自覚するだけで、これが永久に続くわけじゃないと思うだけで 
暗い気分の時に上がってくる暗い考えは、ただの思考で真実ではないと知るだけで 
つまりは自分の感情と思考を客観的に観るだけで行動パターンも変えられる
徐々にだけどね
一朝一夕には変わらないよ 

ムカついているとき、燃料を与えないようにすることはできる 
憂鬱なときも必要以上に落ち込まず、雨が止むのをゆったり待つことができる 
余計なことを考え過ぎて自分がつくりだした邪念妄念の化け物に 
食われずに済むww
自分だけ死ぬならまだいいけど、他人まで巻き沿いするからな
魔は、恐ろしいww
心ってのは一筋縄じゃいかない、制御も難しい 
完璧にコントロールしてやるってムキになっても状況を悪化させるだけだし 
心の手綱の締め方緩め方は経験を通してしかわからないよな


366 :本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 15:19:04.86 
ずっと「争い」「無秩序」「混乱」が続いている地域ってあるよね 
人々の心にあるのは「恐怖と不安」あとは不信感(猜疑心)とか「怒り」「憎悪」 
平和が訪れることを何より願っても
心は不安になることを、憎しみを駆り立てることを探す 

そしてそういうムードの中で、思考パターンも行動パターンも変えられず同じことを繰り返す
そういう状況に慣れきって当たり前になってしまう 
悪循環をどっかで断ち切らないと


367 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 15:34:11.71
手放すってことを難しく考えて、結果、執着し過ぎてる人が多過ぎ。


368 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 15:45:26.43 
心ってのは執着するものだよ 

つーか例えば家族に執着しないとか、お金に執着がないとか逆におかしいでしょ 
給料もらえなくても働く? 
結果に執着しなければ、一生懸命努力することすらできなくなる 
あのゴールを切ろう、そういう執着心も必要なんだよ 

そういうことではないんだよ


369 :本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 15:50:26.23
執着するものや、やりたいことや欲するものがあるなら 
それを認めることだよ、でもって本心から求めるなら 
真っ直ぐそれを求めたらいい 

ただね、素直ってのは素に直なる心、素に直じゃなくて歪んじゃってる場合があってね 
心が歪んでいると本心が何を望んでるかすらわからないことがある 
例えば相手が望んでないのに、どうしてもその人と結婚したいとか 
一方の意志だけでは叶わないこともある


370 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 15:56:39.79
まだうまく説明できないんだけど 
スピ本にありがちなトリックというか根本的な間違いというかがある 
エネルギーが逆行する 

何に従うか?本能でもないしw
衝動でもない、感情でもない 
魂に従うんだよ
性欲感じたからレイプしていいか?金が欲しいから盗んでいいか 
違うよね、それくらいはわかるよね? 

いや、やりたいならやりたい、お金が欲しいなら欲しいでいいんだけど 
やり方があるよね?って話
魂とか品性とか損ねたり穢したりしてはダメなんだよ 
我欲のために他人を傷つけたり(極端な場合は殺すこともある)するのは 
下の下の下、人間として失格犬畜生だってもっとマシだってこともある 
卑しい人間に成り下がるな


371 :本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 16:13:11.09 
しかし何で言葉面というか表面的なことにこだわって 
中身をよく考えないんだろう? 
掘り下げて考えないのかね?


372 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 16:26:51.20
執着するのは当たり前。 
執着し過ぎるから物事が停滞して摩擦が生じる。 


374 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 18:05:06.80 
物質、物事、使命その他じゃなく人そのものに執着する人は確かに不気味 

理解して欲しいのか敵対したいのか
滅茶苦茶になってて言動から読み取り辛いし
後者の「敵対」こそが目的なんじゃないかと思える人までいる始末 

戦争したいなら戦地に行って英雄になって来いよ腰抜けめ、と言いたくもなる


375 : 本当にあった怖い名無し:2015/09/07(月) 18:37:57.83 
なんだろう説明が下手なんだけど 
執着するな、ってのも正しいw、でも… 
それは違うだろ!!!ってことも多いんだよな 

執着、無執着に限らず何でもそうなんだけど 
意味の次元が違うというか、 
やっぱダメだ説明つかない 

悪徳カルト教祖とか、詐欺師とか 
さも真っ当で正しいことを言っているように聞こえるけれど 
深く考えると違うだろっ!!!ってことがあるよね 
言葉ってのは厄介だ



https://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535920044/-100

280 :本当にあった怖い名無し:2018/11/10(土) 13:24:45.70 
石じじいの話です。 

メモノートの断片から。 
(1) 
じじいにはライバルとも、師匠とも言える人がいたそうです。 
その人は、じじいよりも年配のおばあさんでした。 
非常によく石のことを知っていました。 
また、岩石や鉱物に関係した言い伝えや、学術的なことにも造詣が深かったそうです。 
(私のメモに「けっしょうけい」とあるのですが、これは「結晶系」の意味でしょうね。) 
珍しい石をいろいろと持っていて、
それがどこで手に入るか?というのを
どの川を登って、どこそこにある、ということを詳しく教えてくれました。 
彼女は、ある日、飄然と旅に出て戻らなかったそうです。 

(2) 
昔、女性の理容師で、葬儀のための遺体の死に装束の着付けと死に化粧をしていた人がいました。 
その女性は、理髪も着付けも上手だったので、
葬儀遺体が女性の場合は頼まれることが多かったとか。 
ある時、若い女性の死に化粧をしていると、その遺体が涙を流したそうです。 
その涙を吹きながら化粧をしたとのこと。 
その女性理容師がじじいに語った話です。


281 :本当にあった怖い名無し:2018/11/11(日) 06:19:44.87
>>280 
石じじいの師匠も失踪したのか・・・・・・


関連記事

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1423664447/-100

617 :本当にあった怖い名無し:2015/10/24(土) 19:13:44.55 ID:/hOn6qCT0.net
ちょっと愚痴らせて下さい。

オイラの人生は先祖の所為でメチャクチャ。
最近、やっと先祖の呪いが解けてきて、思考をコントロール出来る様になって来た。
どんだけ、オイラの思考に干渉して、オイラの人生狂わしてんだよ。
ウチの先祖はゴミだ。クソだ。
オイラの人生、どうしてくれんだよ。
責任とれやー、クソ先祖。
先祖なら、子孫の面倒キチンと見るべきだろうが。

ロクな職歴もない、空白期間満載のこの人生。
さてはて、ここから、どう人並みの人生まで持って行くべきか。。。
ハンデキツすぎ。。。
先祖の加護を受けて、今まで世の中を悠々と渡ってきた人が羨ましいわ~。

はぁ、ちょっと、スッキリしたw




619 :本当にあった怖い名無し:2015/10/24(土) 19:36:06.46 ID:bp/FYV010.net
糞先祖に罰を与えるにはどうしたらいい?
奉らない拝まない無視では手ぬるい


620 :本当にあった怖い名無し:2015/10/24(土) 20:16:53.27 ID:/hOn6qCT0.net
先祖はあの世の住人で、既に死んどるから、ブチ殺す事も出来んよね。
しかも、今はあの世からもほぼ消え去っている模様。
今は、あの世には低級の動物霊やそれが化けた偽物の神様や先祖しかおらん。

糞先祖はマジで無責任や。
ケジメとらしたいけど、残念ながら方法ないんだよね~。
でも唯一いい事は、これからは暫くすると、
人間は先祖の信号ではなく、己の本体である魂の信号で思考することができる様になる事かな。
人間は先祖から自立することが出来る。
本当の自己責任の人生の始まり。
先祖供養も無用、やっと先祖の因縁からも解放される。

早くアセンションして~、しかしハンデキツ~い。マジで。
まぁあと数十年は先祖の作った世の中の仕組みは続くからなぁ~。
だんだんと壊れていくというか、もう壊れ始めてるんだけどもw


623 :本当にあった怖い名無し:2015/10/27(火) 00:00:22.00 ID:ZIl+nTYW0.net
とはいえあと数十年は続くの?それまでに寿命が来そう…
自分も人生の空白期間がわりと長くて、
今現在もそうですがまだまだ空白の期間を過ごすことになりそうです。

というか、これからずっと最期の時まで空白のような気がしています。


624 :本当にあった怖い名無し:2015/10/28(水) 01:40:58.34 ID:QdD8+GlT0.net
うちも両親家系とも、エライことやらかした先祖が多く、恨まれまくりの呪われた家系。
かなわんわー、と思っていたら、
「その色々やらかしたことに、お前が関わっている」と言われた。
つまり、自分のやった尻拭い=結果を受け取るために、転生してココにいる由。

もしかしたら、614氏もそうかもしれんね?


629 :本当にあった怖い名無し:2015/11/10(火) 09:07:06.66 ID:WWrmUo3L0.net
ファミリーヒストリーを見てると、
自分のいる世の中の立ち位置は、先祖も同じような位置にいたんだなと思う。
優秀な家系を遡ると、過去から優秀な人材をずっと輩出してる。
だから因縁のありそうな家系は、ずっと因縁を呼び込んでしまうような人物が多いんだろうね。


630 :本当にあった怖い名無し:2015/11/10(火) 19:01:01.15 ID:7duFoADP0.net
乗り越える為に似たような所を
魂が選んでくるからね


631 :本当にあった怖い名無し:2015/11/12(木) 10:26:04.21 ID:0qt6vZnKO.net
因業な家系は因業な家系と引き合う


652 :本当にあった怖い名無し:2015/11/29(日) 03:09:58.18 ID:iZOl/NG8O.net
本人の修行
偉い人とのあの世からの約束 


654 :本当にあった怖い名無し:2015/11/30(月) 12:49:07.90 ID:vrFoXCXf0.net
生かさず殺さずでギリギリで繋がるようになってるのかも。



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1443768224/-100

24 :本当にあった怖い名無し:2015/11/17(火) 13:29:07.58 ID:fZrJTNGg0.net[1/2]
自殺はガチでヤバイからやめとけ。
少なくとも、分かりやすく自分で首つったり電車に飛び込んだり
ガス自殺したりすると成仏できない。

本来49日で成仏、つまりあの世へ行くための道が開くんだけど、
自殺の場合は開かない。お迎えが来ない。
これは死んだ本人の都合で好きにどうこうできるものではないよ。

それと、死んだときの状況にもよるけど、基本、首つったら苦しいまんま。
練炭自殺でもそう。
電車に飛び込むと体ズタズタのまま。
成仏できないから、そんな状態のまま、ずっとこちらに残る事になる。

普通の人はそもそも霊なんて見えないし、訴えても伝わらない。
下手に姿を現せば、心霊スポット扱いで噂になるだけ。

身内でさえ、相手にはしてもらえない。
そもそも信じていない人の方が多いしね。

一応、他人に憑いたりはできるから頑張って必死に訴えて泣きついても、
霊感のある人でさえ、そのほとんどはあの世へ送る事そのものができないから、
基本無視を決め込む。
面倒事だしね。正直うざったいから。





25 :本当にあった怖い名無し:2015/11/17(火) 13:29:53.86 ID:fZrJTNGg0.net
それ=浄霊ができる人は確かに居ることは居るが極めて希。
普通は霊能者に直接泣きついても全く相手にすらしてもらえないし、
大方の霊の家族は霊能者と言う、胡散臭い相手には関ろうとしてくれない。

仮に本物に出会えて何とかなったとしても、成仏して行く先は普通の人たちとは違う。
平穏ではなく、その前に自殺した罰が待っている。
残念だけどね。

幸せになりたい、楽になりたいと思って自殺をするならやめとけ。
とりあえず楽にも幸せにも成れないから。
幻想を打ち砕かれて泣く人は多いよ。

それ以前に、死=無だと思っている人は死んだ事すら認められない人も居る。
自分の状況を認めないから、
きちんと死に切ろうと自殺を繰り返すんだよ。同じ場所で。
そんな状況の霊はとても多い。
見える人には割と常識なんだよ。

そんな風なまま、周囲は成仏してきっと幸せに成ったろうと、思い出に変えてゆく。
そんな霊と何度か関ってるけど、死んだ後では俺個人ではどうにもしてやれないから言う。

自殺はガチでヤバイからやめとけ。
これが事実だと俺は書いておく。

見えない人がどうやっても真実に自力でたどり着けないのは仕方ない。
信じなくても良い。笑ってくれても良い。
それでも自殺だけはするな、させるな。
認められなくても、これが事実かもしれないと言う可能性をちゃんと見て
先に回避する方法を考えて欲しい。

それでも自殺するなら、その先の状況は全て自業自得だよ。



↑このページのトップヘ