サイケデリック・奇譚

永遠の日常は非日常。

タグ:正体のわからないもの

503:本当にあった怖い名無し:2013/01/28(月) 23:55:15.15 
最初に書いとくけど、面白い話でもないし、オチもない話。
俺が毎日通勤に使ってる道ある。
田舎だから交通量は大したことないし歩行者なんて一人もいない
でも道幅だけは無駄に広い田舎にありがちなバイパス。
高校時代から現在(27歳)まで毎日といっていいほど使っている道だから
その日も特になにも考えず車で通勤。
このときは何事もなかった。

問題は帰り道。その日は急な仕事で少し帰りが遅くなった(23時頃)
街灯もロクになく、時間も時間なので車もほとんど走ってない
もちろん歩行者なんて一人もいない…と思ってたら
一人の背の高い人が横断歩道の手前で立ち止まっていた。
こんな時間にこんな暗い道を散歩か~物好きやな~なんて考えながら
俺は車内で信号が青になるのを待っていた。

…が、よく考えるとおかしい。
俺が自動車用の信号に引っ掛かって止まっているんだから
歩行者信号は青のはず、何故渡らないんだ?
暗いので目を凝らしてその人を見ると、全身真っ白。
白い服を着ているとかそういうことじゃなく、ただひたすら白い。
次の瞬間俺はゾッとした。こいつ両腕がねぇ!
しかも身長が高いという次元ぞゃない、細長すぎる。
後から思い出すと顔まで真っ白で、のっぺらぼう状態だった気がする。
不気味で仕方ない、信号が青になった瞬間俺はアクセルをベタ踏みして急発進。
あんなものを見たのは初めてだったので一刻も早くその場を離れたかった。




504:本当にあった怖い名無し:2013/01/28(月) 23:57:06.94 
サイドミラーに映る白い奴がどんどん小さくなっていく、
ベタな怪談話のように追っかけてくる気配もない
俺はホッとしたが体の震えが止まらない。
温かい飲み物でも買おうとバイパス沿いにあるセブンイレブンに車を停めた。
車から降りるとすぐ近くのバス停にあいつがいた。

こちらを見ているのかどうかはさっぱりわからないが、
コンビニの光のせいで先程より鮮明に奴の姿が見えた。
やっぱり両腕がない
そして上半身だけ左右にゆらゆら揺れている。
ヤバイ、直感的にそう思った俺は降りたばかりの車に飛び乗り家まで直帰した。
自宅に逃げるように駆け込むと居間に母が座っていた。
母が振り向き俺に言った。
あんたどぎゃんした?鼻血垂れ流しとーがね。

鼻血が出たのなんて産まれて初めてだった
これがあいつのせいなのか、恐怖のあまり鼻血が出たのか、それともただの偶然かはわからない。
しかしいずれにしてもあの道は二度と使わない。

よく考えるとあいつを最初に見た交差点の少し奥には階段があって、
その先には草がおいしげし手入れなど全くされていない神社がある。
あいつはあの神社関係の何かだったのかもしれない。

文章に起こすと全く怖くないね、
でも実際体験してとんでもなく怖かったので書き込ませて貰いました。
駄文申し訳ありません。



799: 本当にあった怖い名無し:2011/07/29(金) 00:13:09.72
昔、おばあちゃんから聞いた話
おばあちゃんの住んでいた地域は何度も空襲にあったという。
ある夜、警報が鳴り近所の皆で防空壕に避難する途中、
防空壕の付近に爆撃を受け、皆は覚悟した。

すると、いつのまに混じっていたのか、
見たことのない子供が先頭に立っており、空を見上げていた。
小さな町内だから知らない子供などいるはずがないのだが、見覚えのない男の子だった。
すると、空を見上げていた男の子がそのままの姿勢で、
ぬーっと体がのびあがり、皆を包むような姿勢で空を塞いだ。

敵機の焼夷弾は男の子の背中に落ち、燃えていたような感じだったとか。
皆唖然となったが、それよりも燃え盛る炎が
いつ自分達に降りかかってくるかと恐れ、小さく固まって頭を抱えていた。

男の子はそのままおばあちゃんたちを包み込み、長く続いた空襲から守ってくれた。
爆撃が終わるともとの身長に戻り、ペコッと頭を下げると走ってどこかへいってしまった。
幸いなことに、そのときその場にいた皆に怪我人はでなかった。

終戦後、おばあちゃんのお母さんや近所の人があの時の子供のお化けににお礼をと、
方々に聞いて回ったが、子供の情報は得られなかった。

おばあちゃんは、なんだったのかわかんないけど、お化けが守ってくれたんだねえ。
日本のお化けはやっぱり日本人の味方なんだねえ。
と言っていた。

また、地元に伝わる伝承に似たような話がある。
数百年前、この辺りは小さな農村だったらしいが、
大飢饉の際、1人の童がぐっと背伸びをすると、その体は遠くの山を越えてしまい、
大きく伸ばした腕いっぱいに魚や木の実や米俵を抱えて戻り、
荒れ果てた田んぼにドサッと落としてくれた。
童は何度か食糧を運んでくれて、そのおかげで村人は生き延びることができたとか。

が一方で、帰宅中に後ろをついてきた男の首と肩がどこまでも伸びて追いかけてきて、
ほうほうのていで家まで逃げ帰ったが、数日もたず狂死してしまった。
なんていう怪談も伝わっている。

これらはおばあちゃんや町の史料館、観光案内等から抜粋したものだが、
何か得体の知れないものがこの地域にずっと




800:  本当にあった怖い名無し:2011/07/29(金) 00:20:54.44 I
戦争とお化け(妖怪)っていうと、日露戦役に狸が出征したって言う話を思い出すな。


821:  本当にあった怖い名無し:2011/07/29(金) 10:06:43.53 

文章が途中で終わってるのが一番こわい…




15:本当にあった怖い名無し:05/03/07 00:48:22 ID:qnXflfTE0
目をつぶっていても目の前に手をかざしたりすると
影というかなんというかわかるよね、障害物があるって。
目を閉じて寝ていると、時々覗かれるのがわかるのだけど。
なんだろう?



979:本当にあった怖い名無し:2013/02/02(土) 15:25:22.99 
小学校4年生の夏休みのことで、今でもよく覚えてる。
川と古墳の堀をつないでる細い用水路があってそこで一人で鮒釣りをしてたんだ。
3時頃から始めたんだけど、
いつになくたくさん釣れるので面白くてやめられなくなった。
だんだんあたりが薄暗くなってきて日の長い時期なので7時近かったと思う。

そろそろ帰らないと怒られるな、もう一匹だけ釣ったらやめようと思っていたら
ガサガサと藪を踏み分ける音がして
川原の丈の高い草の中を何かが近づいてくる音がする。
人が通るような道はないので動物かと思ってちょっと身がまえたが
出てきたのは自分の父親より少し年上くらいのおじさんだった。

おじさんは神主さんのに似た上下白の着物を着て
顔は大人なんだけど小学生の自分と同じくらいの背丈で頭に黒くて長い帽子をかぶってる。
それが烏帽子というものだとは後でわかった。

はじめは怖いという感じはぜんぜんしなかった。
おじさんはにこにこ微笑んでいてとても優しそうにみえたから。
おじさんは体についた草の葉を払いながら「ぼうや釣れるかい?」と聞いてきたので、
「はい、釣れます」と返事をすると
「ちょっとお魚見せてくれるかい」と言いながら歩み寄って魚籠を引き上げ
「ほーう大漁だねえ。いくらかもらってもいいかな」
そしてこちらの返事も待たずに魚籠の中から一番大きい鮒を二本指ではさんでつまみ上げ
「いただくよ」と両手で抱えて頭から囓り始めた。

バリバリという骨の砕ける音が聞こえてくる。
おじさんは「いいな、いいな、生臭いな」と歌うようにつぶやいて
頭のなくなった鮒を草の上に捨てた。
自分が呆然と見ていると「殺生だよ、殺生はいいな、いいな」と言いながら
魚籠の上にしゃがみ込んで
今度は両手をつっこんで2匹の鮒を取り出すと
こちらに背を向けるようにして、交互に頭を囓りだした。
やっぱりバリバリゴリゴリと音をたてて頭だけ食べている。
生臭い臭いが強くした。


980:本当にあった怖い名無し:2013/02/02(土) 15:31:00.19 
魚を捨てると立ち上がってこちらを振り向いた。
にこにこした顔はそのままだが額と両側の頬に鮒の頭が生えていた。
鮒はまだ生きているようでぱくぱく口を開けてる。
「ああーっ」と声を上げてしまった。
ここから逃げなくちゃいけないと思ったが体が動かない。

おじさんは動物のような動きで一跳びで自分の側まで来て
「ぼうやももらっていいかな」と言って肩に手をかけてきた。
思わず身をすくめると同時におじさんのほうも弾かれたように跳び離れた。
そしてこちらを見て不審そうに首を傾げ
「・・・ぼうや、神徳があるねえ、どこかにお参りにいったかい?」
そう言うおじさんの顔から目を離せない。

すると急におじさんの顔が黒くなり、
吠えるような大声で「どっかにお参りにいったかと聞いてるんだ」と叫んだ。
気おされて
「・・・この間お祭でおみこしを担ぎました」と、なんとか答えると、
おじさんは元のにこにこ顔に戻って
「そうかおみこしねえ、ふーん残念だなあ、じゃ20年後にまた来るよ」
ゴーッと強い風が顔に当たって、
目をつぶってもう一度開けるとおじさんの姿はなくなっていた。

体が動くようになったので釣り道具をぜんぶ捨てて家に逃げ帰った。
家族にこの話をしたけど何を馬鹿なことをという反応だった。
母親が変質者かもしれないと少し心配そうにしたくらい。
翌日中学生の兄といっしょに昼前に堀にいってみたら
釣り竿なんかは草の上に投げ捨てられたままになっていた。

ただ魚籠に近づくとひどい臭いがして、
中はどろどろになってあたりの水面に油と魚の鱗が浮いていた。
その後はその古墳の堀には近づいていないし、特に奇妙な出来事も起きていない。
ただもうすぐあれから20年になるんだ。



639 :本当にあった怖い名無し:2017/07/28(金) 00:03:38.42 
お寺に泊まった時の出来事

ある大きなお寺から、法要と片付けの仕事の依頼を受けた。
法要も無事に終わり、夕方頃には片付けも終わってそろそろ帰ろうかと思った時に、
このお寺の副住職から「少し話をしないか」と言う事で寺に残る事になった。

本来ならここで怪奇現象についての相談かと思うけれども、
実際は自分達の教義について意見を聞きたいという事だった。

実はこのお寺は俺と同じ宗派だけれども少し教義が違う。
元々別宗派だったけれども一緒になったという事もあり、
外から見れば教えの内容はほとんど変わらないけれども、厳密に言えば違う所も多かった。
こういう話になるとお互い譲らないので(この辺は色々な事情がある)、
時間がたつのも忘れて言い合っている間に深夜なった。
帰りの電車は当然ないし、日帰りの予定だったのでホテルも予約していない。
向うも「こんな時間になったのは自分のせいだから」と言って寺に泊めてもらえる事になった。

問題はこの夜の事。



640 :本当にあった怖い名無し:2017/07/28(金) 00:05:27.77 
寺だから空いている部屋はいっぱいある。その中で八畳ほどの部屋を用意してくれた。
といっても布団と隅にテレビがある位で、ほとんど何もなかった。
元々外部の人が寺に泊まるための部屋との事。現在は誰も使わないらしい。

風呂に入って部屋に戻り、電気を消して寝たのだが何故か急に眼が覚めた。
目が覚めると自分がうつぶせに寝ていて、しかも部屋の電気がついていた。
「あれ、電気は消したはずなのに…」と思って
うつ伏せから起き上がろうとした瞬間、体が動かなくなった。

最初は「金縛りか?」と思ったけれど、
手は動かす事が出来たので金縛りではない事はすぐ分かった。
それに金縛りが来る時は感覚的にわかるので直ぐ外す事もできる。
「あっ、これ違う」と思った時、耳元でものすごい風の音がした。

それは風と言うよりも暴風といった「ゴー」という音で、
金縛りにあったというよりも、暴風に体を抑えられて身動きが取れない状態に近かった。
手で踏ん張って上体を起こそうとしても全く体が上がらない。
耳元で暴風の音がして、体にもかなり強い風を受けているという感覚があった。
結局は「これは無理だ」とあきらめてそのまま寝た。
というかいつの間にか寝ていた。


641 :本当にあった怖い名無し:2017/07/28(金) 00:05:56.21
朝、副住職が「もうすぐ朝のお勤めがあるから」と起こしに来た。
起こされた俺は部屋を見回すと、
電気は消えていて、部屋の隅にテレビがあるという寝る前の光景そのまま。
昨日の事を思い出し、副住職に話をすると、
「俺も前にこの部屋に泊った事があるけど、そんなことなかったぞ」と普通に返された。
「あれ、ひょっとして昨日のは夢?でも体に昨日の感覚が残っているし…」と思っていると、
僧侶が「そういえば、昨日の真夜中何を急いでいたの?」と聞いてきた。
俺は何のことかわからず、「昨日は夜中は部屋にいた」と答えると、
「夜中三時ごろだと思うんだけど…
廊下を走るものすごい足音が聞こえたから、何の音か部屋から出たら、
ちょうどお前の部屋に入る姿を見たんだよ」と言われ、

俺「何言ってんだよ?そんな夜中に足音立てて走るわけないだろ。
寝ている住職が起きたらどうするんだよ」
副住職「でも、確かに見たんだよ。
お前の寝ている部屋に入口を開けて入る、白い衣(法要で使う衣)に袈裟をつけた着た若い人を…」
俺「お前なぁ…どの世界に白い衣に袈裟つけて布団で寝る奴がいるんだよ」
副住職「しかし、若い人って今ここにいる二人以外にはいないはずだぞ」

俺はこの部屋が使われない理由がわかった気がした。



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1498825534/

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1436103903/-100

93 :本当にあった怖い名無し:2015/09/08(火) 23:14:37.21 
今現在進行形で変なことが起こっているんですけど、こちらに書き込んでいってよろしいですか?


96 :95:2015/09/08(火) 23:30:16.70 
とりあえず簡単にまとめると、
なんかすごい特徴ある女の人がたびたび僕の行く先々に現れてきているんです。 
だいたい昨日の昼頃からなんですけど、
なんかずっとその人から視線を感じているような気がしています。


97 :本当にあった怖い名無し:2015/09/08(火) 23:34:26.47 
つストーカー 
つ単なる思い込み




98 :95:2015/09/08(火) 23:35:54.23 
今現在僕は旅行中でして、昨日は高知にいて今は岡山のホテルにいます。 
その女性は高知の山奥のとある村で始めて見かけて、
そこから今現在岡山にたどり着くまでになんども現れています。 
単なる偶然と思いたいんですが、
あまりにもいろんなところで出会いすぎていて、少し今恐ろしくなっています。


99 :95:2015/09/08(火) 23:37:36.19 
本当はただのストーカーで、僕の思い込みならいいんですけど、
さすがに旅行で始めてあった人にいきなりストーカーしてくる人っています?


100 :本当にあった怖い名無し:2015/09/08(火) 23:41:06.41 
いや、この場合、もしもストーカーなら自分は会った事も無いし話した事も 
覚えが無い??にしても、相手はなんらかの情報を辿って張り込んでるって事になる。 
ところでその人、本当に以前から見覚えないの? 


101 :95:2015/09/08(火) 23:42:22.04 
まったく見覚えありませんね、残念ながら……だからこそ怖いんですが


103 :本当にあった怖い名無し:2015/09/08(火) 23:43:20.42
まさかとは思いますが、この「女性」とは、
あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか。


106 :95:2015/09/08(火) 23:50:18.59 
そういえば、その女の人の特徴とか言ってませんでしたけど、言った方がいいですか?


107 :本当にあった怖い名無し:2015/09/08(火) 23:51:45.57 
というかすごい特徴って何よw 外見でインパクトあるんだ?


108 :本当にあった怖い名無し:2015/09/08(火) 23:52:11.13 
めっちゃ巨乳とか


109 :95:2015/09/09(水) 00:01:24.75 
特徴色々あります 
というかもう何回も見てきたので色々と特徴が言えてしまうようになっています…… 
とりあえず、インパクトのあるやつから箇条書きで書きます 

・髪の毛が長い(尻にまでかかっているぐらい) 
・上の服は喪服みたいな奴を着ていて、下は長めの真っ白いスカートをはいている 
・身長がとにかく大きい 
・顔は前髪に隠れてよく見えませんが(というか目を会わせたくないのでよく見ていません)
なんとなく輪郭は縦長っぽい 
・肌の色がすごい白い(スカートの下に見える足を見た感じ) 
・とにかく全体的にモノトーン
(つまり、上の服と髪の毛で上半身は黒、スカートと色白で下半身は白) 
・でも靴は赤いハイヒール 

パッと思い出す限りこんな感じです


110 :95:2015/09/09(水) 00:03:57.87
そういえば108さんの言ってた胸ですが、記憶のなかでは大きかった気がします。 
ですがそんな下心を出せるような雰囲気の人ではなかったので、
まったく考えていませんでしたが……


113 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 00:09:03.69
意識すると独特すぎる格好だわな。 
とにかく意識してしまう所為か不気味に思うわけだな。 
くれぐれもホテル内の鍵の締め忘れが無いように…


115 :95:2015/09/09(水) 00:10:32.74 
ホテル、カプセルホテルなんですよね…… 
一応女性は泊まれないらしいんですが……


116 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 00:12:30.30 
画像うpよろしゅう 
んじゃ!おやすみ!


118 :95:2015/09/09(水) 00:14:39.38
そうですね、そろそろ僕も寝ます 
明日帰る道中に見かけたら写真撮って、家についたらまた書き込みます 
正直まだ怖いですけど……


121 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 00:21:53.52 
毎回同じ格好してるの? 
身長何cmくらい? 
その風貌なら、すごく目立ちそうだけど。


124 :95:2015/09/09(水) 00:28:14.99 
毎回同じ格好をしています 
身長はそうですね……
あまりすごく近くで見かけたときはないので(だいたいいつも10mくらい離れている)
正確には分かりませんが、180cm近くはいってたとおもいます。 
たぶん僕より大きいです(僕は170cm) 
そして色白だから、ほんとに最初見たときは外人さんかなと思いましたね


120 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 00:20:20.66 
デカい女はヤバい・・・・ 
気を付けろ・・・・


125 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 00:29:47.66
あんな感じの体系で身近に知っている男の人いる?


128 :95:2015/09/09(水) 00:32:43.90 
身長は大きいと書きましたが、身体のラインとかは
やはり女性的なしなやかさとでもいうんでしょうか?
そういったものを持っているんで、おそらく女性かと思います。 
男性についての心当たりですが、
女装うんぬん抜きにしてもあのような体つきの男性に知り合いはいないですね……


127 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 00:32:32.09 
まさか報告者がストーカーなんじゃ… 
だがしかし背が高いとか髪長いとか今さら八尺様?


129 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 00:34:52.25 
私も一瞬それ思い出したw ぽぽっとか聞こえるんだっけ。


130 :95:2015/09/09(水) 00:35:33.59
八尺様は自分も思い付きましたが、どうなんでしょう? 
あれはまだ成熟してない中高生くらいにとりつくとかそういう話でしたから、
大学生である自分にとりついてくるかどうか…… 
というか八尺様だったら今頃大変な目にあっていると思いますし


131 :95:2015/09/09(水) 00:37:41.97
そういえばあの八尺様の呟き(?)は聞いていませんでしたね 
近くまで寄りたくなかったので声が小さくて聞こえなかったというのかもしれませんが…… 
もし近くに寄れたら(もしくは寄られたら)聞くようにしてみます


132 :95:2015/09/09(水) 00:39:52.38 
あぁ、怖くて眠れない…… 
と思いましたが以外にカプセルホテルって他の人の生活音(TVとかいびき)が聞こえてきて、
今は少し落ち着いてきました 
あと寝る前にトイレ行くときにだけ現れなければ……


134 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 00:43:08.45 
カプセルホテルが幸いしたね。 
正直これって、妖怪の類と生身の人間、どっちが怖いんだ…と思うが。 
こないだあった本当に怖い話、みたいに生霊とかが一番嫌だよね。 
生霊だと好きなように行けるらしいからさ。


136 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 00:50:35.84 
次に見かけたらその女の周りにいる人間も観察してみたらどうだろう? 
人がいたらだけど。 
周りの人もそんな女を見たら、なんらかの反応をするんじゃないか? 
見えてなさそうなら幻視かもしれん。


137 :95:2015/09/09(水) 00:55:44.43 
そういえば回りの反応を言ってませんでしたね 
人が多いところ(例えば高知駅)とかでも見かけたのですが、回りは反応がまちまちでした 
彼女に気づいて少しだけ驚く人もいれば、まったく気づかずスルーしている人もいた感じです 
どうも人によって違うようです 
単に仕事で忙しくてそんなのに構ってられなかっただけかもしれませんが……


138 :95:2015/09/09(水) 00:58:25.06 ID:e1en8lr+0.net[17/18]
パッと見のインパクトはあるんですが、別に特段顔が醜いとか怖いとかではなく
なんかこう……不気味だけど、
まあこういう人もいるよねくらいに思ってしまうくらいなんですよね 
だから僕も最初はストーカーかなんかだと思っていたんですが……
何回もそれが僕の前に現れてくるとなると、
さすがに怖くなります


139 :95:2015/09/09(水) 01:00:07.05 
それも行く先々全部先んじてボーッと立っているので、ただのストーカーでもなさそうですし…… 
そろそろ寝ますね、おやすみノシ


141 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 01:24:53.54 
何日前から見かけてるの? 常に洋服が一緒だったらヤバいね


146 :95:2015/09/09(水) 08:29:02.54 
すみません、どうも95です 
やばいです 
今朝もいきなり出現してきました 
というか心なしか昨日は気づきませんでしたが、
なんか段々と見える距離が近づいてきている気がしています 
とりあえず、今から電車のって行きますが、
道中は書き込めないと思いますのでよろしくお願いします


147 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 08:34:08.20 
実況してよー


148 :95:2015/09/09(水) 09:15:44.82 
>>141 
とりあえず、一昨日の9月7日からです 
服装は常に同じです 

>>147 
スマホからでauの回線使うしかないので、規制が激しくなかなか書き込めないことが多いです 
書き込めることが出来たらこちらも実況していきたいのですが、
とりあえず、書き込める範囲で行っていくことにしますね


149 :95:2015/09/09(水) 09:21:10.85 
とりあえず今は書き込めるようなので書きます 
先ほど現れたのは僕がホテルを出る時なので、おおよそ7時半くらいで、
ホテルを出たら道路を挟んだ向こう側の歩道にいました 
相変わらず何するでもなく突っ立っていて、
まさかいきなり現れるとは思わず、見た瞬間固まりました


150 :95:2015/09/09(水) 09:27:33.85 
そしてそのままそいつに気づかれないよう駅のほうへと向かい、
そいつはただずっとその間そこにたたずんでいました 

……ほんとなんなのでしょうあれは 
2時間たった今でも血の気が少しひいてます


151 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 09:28:13.12 +
画像か動画。


152 :95:2015/09/09(水) 09:35:49.86
すみませんまた忘れていました…… 
ではこの次は写真を撮ってみます 
が、がんばってみます


154 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 11:24:14.19 
ホテル出たら待ち伏せされてたみたいな気分で、そりゃ怖いね。 
というか…同じ電車に乗っていくのだろうか……


156 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 12:50:50.27
いきなりカメラ向けるのは怖いだろうからビル等のガラス越し、鏡越しとかはいかが? 
若しくは動画起動しておいて映ってるとこだけ
切り抜いてうpとか 
あとはお寺や神社出向けたら出向いてもその人居るのかどうか


157 :95:2015/09/09(水) 12:57:58.85
物忘れちゃんですみませんwww 
なるほど……参考にしてみます 
とりあえず今は米原を抜けた辺りにいますが、新たには現れていませんね 
でも、少し気になることがありました 
ただはたしてこれはあの女性と関係あるかどうか分からないので
書くかどうか迷っているのですが……


159 :95:2015/09/09(水) 14:03:09.82 
すみませんだれかいますかっ!? 
今すごいヤバイです! 
絶対に顔をあげられません


160 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 14:08:01.50 
居るにはいるが・・・


161 :95:2015/09/09(水) 14:13:18.31 
ああいましたか、前より 
ものすごく恐ろしくなっています 
今電車に乗っているのですが、停車駅にかならずあいつがいます! 
まわりはたくさん人が乗っているので襲われたりすることはないとおもいますが、
その距離がもうすぐそばになっています! 
窓から数歩行ったところくらいです 
どんどん近づいています


162 :95:2015/09/09(水) 14:17:14.41 
大垣につくまでこんなことなかったのに……どうしてこうなっているのか分かりませんです 
外はこんなに晴れているのに、どうして?


163 :95:2015/09/09(水) 14:20:35.42 
あと今スマホの充電が切れそうです 
とりあえず、書き込むのはこの辺にして帰ったらまた来ます 
あぁ……でも帰れるんだろうか……


164 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 14:29:43.17 
停車駅に居るって事は電車の外だよな? 
窓から数歩は電車の外で、窓から数歩? 
外なら写真撮ってうp 
後は席移動してもお前の目の前の電車の外にいるの?


165 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 14:32:11.64 
大丈夫か?

167 :本当にあった怖い名無し:2015/09/09(水) 18:52:24.48 
距離つめられてるな。 
無事だといいが。 
少し気になることがあったってのが気になる。


193 :95:2015/09/12(土) 00:12:02.08 
すみません95です 
この二日間のうちになんとか自己解決しました 
どうもお騒がせしたようで申し訳ありませんでした 
今は無事東京の家にいます 
あと一応いっておきますが、今回の件は釣りとかではありませんです 
釣りと思いたい方は釣りと思ってくれていいのですけど……


198 :95:2015/09/12(土) 00:43:49.30 
すみません 
これ以上スレを汚すのもあれかなぁと思ったので、 
一応無事なことだけを伝えようと書き込んだのですが、 
やはり報告はしたほうがいいでしょうか? 
需要があれば書きますけど……


200 :本当にあった怖い名無し:2015/09/12(土) 00:48:42.71
気になるから書いてくれ


201 :95:2015/09/12(土) 00:59:13.09
じゃあとりあえずつまらないかもしれませんが書いていきます 
といっても、何から書いていけばいいのか分かりませんが、 
二日前の最後のレスの後からでいいですか?


203 :95:2015/09/12(土) 01:28:31.51
あんまり反応がないようなので、とりあえず書いていきます 
とりあえず二日前のあの後からですけど、 
どんどん迫ってきていたあの巨大女は、三河安城を過ぎたあたりで見かけなくなっていました 
豊橋で僕は乗り換える必要があったので、
その姿が見えなくなったことにそのときはひとまずほっとし、静岡に向かいました 

東京ではなく静岡に向かったのは、
豊橋についた時点でだいぶ時間が遅くなっていたのと、
台風の影響で電車が遅れたり運休したりと
東京にたどり着けない可能性が出てきたので、実家の静岡の家に一度帰ることにしたからです 

その後静岡に帰る道中にはあれはどこにも出てこなく、
なんだかよく分からないうちに収拾がついたのか、
それとも全部ただの勘違いだったのかと思い始め、実家についたころには
だいぶ恐怖も薄れていました 

ですがいざ実家に着き、荷物を二階にある自分の部屋に置こうと二階に上ってドアを開けたら……
あいつが窓からこちらを眺めてました……。 
家にはベランダがあり、
あの女は窓のすぐそばからベランダに突っ立ったまんま部屋を覗き込んでいました


205 :95:2015/09/12(土) 01:45:18.93
どうしようもなくなって、ついに実家にまで現れたか……と固まってしばらくしていると、 
そいつはふっと窓から見えない右の方へと移動し、いなくなってしまいました 

実家のベランダは兄貴の部屋と僕の部屋と父親の部屋と、二階の部屋全部と繋がっており、
右の方は父親の部屋があるところでした 
ですが父の部屋に行って彼女がどうなっているか確かめる勇気もないので、 
ひとまず彼女はいなくなったので、今のうちになんとかしないとと思ったのです 
しかしそんななんとかできるような知り合いやつてもいるはずなく、
かといって親に相談して余計な迷惑を掛けさせるのも悪いと思い、 
再度そのときはまたこのスレに相談しようとしました 

そしてそれでここで前に言ってた気になってたことが出てくるのですが…… 

どうもみなさんには釣りだと思われているようですね 
ここからは簡単にまとめていきます 
みなさんを楽しませられるような文章力もは僕にはないので、
だらだら書いていってもスレ汚しになってしまいそうなので……


206 :95:2015/09/12(土) 02:00:52.39 
そして気になっていたことなのですが、 
二日前の時点では二つあったのですが、
とりあえず重要なのは一つだけなので、もう片方は省きます 
それは何かというと、いつのまにかかばんに入っていた木の板です 

それを簡単に表すと、手のひらに収まるくらいの大きさの六つの角をもった星状の木の板です。 
そして真ん中の六角形のなかには
汚れてほとんど見えないながらも、文字が書いてありました 
(かろうじて文字だろうとわかるぐらいで、なにが書いてあるのかはさっぱりでしたが……) 
これの何が気になるかというと
これを僕はいつこのかばんに入れたのかということです 
なんでこんなものを持っているのかすら分からず
おそらく高知の山奥に行ったときに拾って持って帰ってきたのだろうと思うのですが
これをもって帰った記憶がまったくありませんでした 

(僕は旅行とかに行くとき記念に形の珍しい石や
それこそ木の板などを持ち帰るということをしていたので、 
初めてその木の板がかばんに入っているときはそこまで驚きはしませんでした) 

ですが、いくら思い出そうとしてもこれを拾ったことを思い出せず、 
とりあえずその日は家族と一緒に
表面上は普通に夕食を食べたり風呂に入ったりして寝床に入りました


207 :95:2015/09/12(土) 02:16:04.75 
そしてその夜 
さすがに部屋をまっくらにして寝ることは無理だったので、 
明かりをつけたままベッドに入っていたのですが、旅行の疲れのせいか、 
恐怖の割には自然と普通に眠気が襲ってきて、そのまま眠ってしまいました 

ですが幾分かたった後、夜中のことなんですが、なぜか急に目が覚めてしまい、 
(といっても半分まどろんでいますが) 
暗い部屋を見るのはあいつがいそうな気がしたので嫌だったので、布団をかぶりました 
そしてそのとき、なぜか部屋の明かりが消えていることに気づきました 

寝る直前まで部屋の電気はついていたはずだと一瞬鳥肌が立ったのですが、 
おそらく母親あたりが電気を消したのだろうと結論付け、
そして息苦しくなって布団から顔を出すと……
またあいつがいました 

部屋の隅で、暗い部屋のなかでいっそうそこだけ人の形に黒くなっていたのですぐ分かりました 
別にそのときはよくある怪談話のように何かこちらにのしかかってくるとかはなく、
またいつものようにボーっと突っ立っているだけでした 
ですがこちらからするともうどうしようもなく、
ただひたすら寝たフリをしているだけでした 

それからどれくらい時間がたったのか分かりませんが、
ふいにパッと部屋の蛍光灯の明かりがつきました 

そのときが一番心臓が止まりそうになりましたが、あいつがいた部屋の隅には誰もいなく、 
そしてその代わりにさっき気になっていたと言っていた木の板が
フローリングの床においてありました 
かばんの中にしまってあったので、
誰かが移動させない限りはそんなところに板があるはずもなく、 
そしてなんとなくですが、僕はそのときこう思いました 
もしかして、この板が原因じゃないのかと


208 :本当にあった怖い名無し:2015/09/12(土) 02:19:35.48
板の画像も無し。


210 :95:2015/09/12(土) 02:31:02.65 I
板の画像はありません 
写真は一度ここにうpするために撮ったのですが、 
あまりに気持ち悪い写真が撮れてしまったっため、恐ろしくて消しました 

その夜はもうそれ以上とくに何もなく、 
次の日になって僕はまた高知県にいこうとしました 
多分この板を元の場所に戻したほうがいいと思ったからです 
その根拠は、よく怪談話とかで心霊スポットのものをもちかえると変なものがついて困った 
という話があって、それを思い出したからです 

両親には心配掛けたくなかったので普通に東京に戻るといい、 
朝早くの新幹線に乗り、名古屋、大阪、岡山へと向かい、特急を使って高知まで 
その日のうちに戻りました 
そしてその道中についにあの女が新神戸あたりで僕の隣に座ってきたのですが、
とりあえず長くなるのでそのあたりのくだりは省きます 

そしてだいたい3時くらいに高知に着いた僕は、
おそらく女をはじめて見かけた場所のその近くの神社へと向かいました 
神社といっても誰かが整備しているようなものではなく
JR駅の土佐山田駅からバスを乗り継いで二時間くらいかけていけるような山奥にある神社で
多分この板はそこから持ってきたものだと思い 
(これには根拠はとくにありませんでした。
とりあえずこの神社に前行ったときから女を見るようになったから
ここがそうなのではないかと思ったからです) 
そこへ再度むかいました


212 :95:2015/09/12(土) 02:34:13.89 
写真のことを補足しておくと、 
こう床に板を置いて撮ったのですが、板に重なるように 
女の顔が透けて映っていたのと、あと右上端のところに赤い筋のようなものが 
何本も写りこんでおり、そんなものが残っているだけで嫌だったので消しました


213 :本当にあった怖い名無し:2015/09/12(土) 02:36:52.38 
そういうのをここの住人は 
まってるんだぞ


214 :95:2015/09/12(土) 02:39:07.89 
とりあえず、話を先に終わらせてから細かいところは書きます 

とりあえず、神社にたどりついてから、
そこにはそこで使われている神具(であろうと思われるもの)が置いてあるところに
板を置いてきました 
その後高知駅周辺のホテルで一泊し、そのあと東京まで帰ってきましたが、
それから以降あの女が出てくることもなく、
こうして一日たって、心に余裕がでてきたので
こうしてまたここに書きこませてもらったということです


215 :95:2015/09/12(土) 02:42:39.02 
稚拙な文章ですみません 
確かにこちらにうpできたらしたかったですが、 
あれ以上あの画像を見たりするのは僕には無理でしたので……すみません


219 :本当にあった怖い名無し:2015/09/12(土) 03:12:31.12 
結局正体はよくわからないまま? 

https://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535920044/-100

255 :本当にあった怖い名無し:2018/10/31(水) 12:56:23.19 ID:Qkag9T6n0.net
石じじいの話です。

皆さんは「獅子舞」を間近に見たことがありますか?
普通は正月の風景ですが、別に正月に限りません。
家の前で踊って、「めでたいこと」をその家にもたらします。
そのかわりにご祝儀をもらうと。

昔は、家に押しかけて勝手に家の前で(あるいは店や事業所の中で)一舞して
そのあと、お金をせびる、というのがありました。
「門付芸」というやつで、家の門先で歌ってお金をもらう、というのもあった。
踊るだけで、元手がいらないので、「ボロい」しのぎという感じだったのでしょうか。
針を売ってお金をもらう子供もいたそうです。
ストレートな物乞いもいましたが、
何かを売りつけて、その対価として(w)金を得る、というのが普通でした。
いわゆる、押し売りですね。
獅子舞は「めでたい雰囲気」の押し売りということでしょうか。

これらは警察の取締の対象でもありました。
そのような獅子舞にも「縄張り」というものがあり
それを守らず「越境獅子舞」をする者は同業者から焼きを入れられたとか

じじいによると、不思議な獅子舞がいたそうです。




256 :本当にあった怖い名無し:2018/10/31(水) 12:57:31.61 ID:Qkag9T6n0.net
正月になると、どこからともなくやってくる獅子舞がいました。
知らない間に家の前にやってきてひとしきり踊ってお金をもらうのだそうですが
別にしつこく金をせびるわけでもない。
その人(?)が踊っていると
家の人はお金をあげないといけない、という気持ちになったのだそうです。
じじいが住んでいる「ど田舎」には来ず、ある程度大きな街に出没したそうです。

いつのまにかやって来て踊って、いつのまにか姿を消す。
だれも、踊り手の顔をみたことがなかったのです。
獅子をかぶったまま踊り始めて、そのまま去っていく。
タイガーマスクみたいです。

これは越境獅子舞だったので
その地域の獅子舞業の人がクレームをつけたのですが
その獅子舞はすぐに逃げて街角に消えてしまったそうです。

どうしても我慢のならなかった土着獅子舞の人たちが
数人で、その越境獅子舞の人を追いかけて
組み伏せて獅子を剥ぎ取ろうとしましたが、その人達は皆発狂してしまったそうです。
獅子の中を見たために発狂したのだろう、ということでした。

その獅子舞は、十年近く、正月に限って出没していましたが
だんだん現れる頻度が少なくなり戦争が激しくなると消えたそうです。

獅子舞などやっている余裕が社会になく、
また、警察の取締りが厳しくなったためなのかもしれません。

中身はどんな人(?)だったのでしょうか?



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1443066502/-100

317 :本当にあった怖い名無し:2015/10/16(金) 00:16:55.40 ID:w6CMnrGR0.net
5歳の時、バイクにはねられました。
頭を強くコンクリートに叩きつけられ、裂傷。
救急車で運ばれ、頭、手足と、数ヶ所縫いました。

結果的に、骨折や脳に異常はなかったのですが、
それ以来、目に力を入れると両眼球が凄く高速に左右に揺れ(幅1ミリぐらいの範囲)
物は普通に見えるのですが、
普段は見えない【モヤ】のようなものが見えるようになりました。

幼い頃は一人で暇なとき、そのモヤを見て遊んでいたのですが、
中学ぐらいになり、その【モヤ】が、人の形をしていることに気付きました。
町で、その見方をすると、色んなとこに、様々な【モヤ】が見えます。

怖い。


https://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535920044/-100

236 :本当にあった怖い名無し:2018/10/27(土) 21:56:18.56 ID:u1nO5VOX0.net
石じじいの話です。

朝鮮の話が出てきました。
山に入るために立ち寄った麓の村の人と話していると 
ここから登った山の中に無住の仏教寺院があるがそこの僧侶に気をつけろ
と言われたそうです。

「なにか悪さするんか?」
「しないが、怪しいものだ」と。

「ボロ寺に住み着いとる乞食坊主ちゃうんか?」と思って
川沿い歩いて山に入っていくと、
河原のなかのまっすぐな道を僧侶が歩いて下ってきたそうです。
「そうら、きなすった!」
じじいは用心しながら歩を進めました。

しかし、いつまでたっても僧侶は近づかない
こちらもむこうも歩いているのに両者が近づかない。

「村の人がゆうように、あれは怪しいもんやと思うたで。」

じじいは双眼鏡を出してその僧侶をよく見てみました。
その僧侶は若くがっしりした体つきだったということです。
しっかりとじじいのほうを見つめていたそうです。
そして、たしかにこちらに歩いていました。

僧侶は、じじいが双眼鏡から目を離したすきにいなくなったそうです。
消えてしまったように思えたと。

じじいは引き返すわけにもいかず
そのまま歩き続けてその廃寺に行きつきました。
「あのまま逃げて帰ったら朝鮮人に笑われるけんね。」





237 :本当にあった怖い名無し:2018/10/27(土) 21:57:19.42 ID:u1nO5VOX0.net
その寺は荒れていたそうですが
すでに夕刻になっていたのでここで夜を過ごすことにしました。
そのまま山の中に入ってしまうと
あのような魔物(?)に襲われて逃げ道がないと考えたのです。

「そん時はそがい思うたんやが
よう考えると、あの寺があれの住処やったんかもしれんのよな。」
「風が強うに吹きよったけん、寺の中がぬくうてええ思うてな。」

本堂の端に陣取って床に周りの森から拾ってきた枯れ枝を撒きました。
これでお堂に入ってきたモノがそれを踏めば
バキっと音がするのでわかるだろう、というアイディアです。
(しかし、相手が実体のないモノであれば、その仕掛けは無力でしょうに。)
朝鮮語で般若心経を唱えて寝たそうです。
(「朝鮮語のお経知っとるん?」とたずねたら、「知らいでか!日本のとよう似とらい。」と)

眠っていると、ソレは来ました。


238 :本当にあった怖い名無し:2018/10/27(土) 22:00:06.17 ID:u1nO5VOX0.net
夜中に枯れ枝を盛大に踏み折るバリバリという音で目がさめたじいいは
脇に置いていた拳銃をとって構えました。
しかし何かが襲ってくる気配はない。
目を凝らしてもなにかいるようには見えない。
へたに動かないほうが良いと思いそのまま明るくなるのを待ちました。

明るくなって見ると床に敷いた枯れ枝が
お堂の入り口から自分のほうに向けて一直線に砕けていたそうです。

「なんか来たんやろうな。悪さはせんかったが。」

じじいがその後、同じ村に訪れたときに
その怪事のことを話したところ村人は、「やっぱり出るのか!」と驚いていたそうです。

「おお、そうよそうよ、あとで鉄砲みたらな、タマが2発しか入っとらんかったんよ。
自分のと合わせ4発やがw油断したい。」

そのあと、「朝鮮人には犬に金玉喰われてしもうたもんが何人もおる」という
決めことばで話が締めくくられたのは言うまでもありません。



http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1443066502/-100

120 :本当にあった怖い名無し:2015/10/01(木) 22:45:44.18 ID:t1e2LoeB0.net
小6のとき休日に隣学区の公園まで行った際に
そこの学区の連中に缶けりに誘われて
一緒に遊んだ後にお互いの学区や小学校の話を交換し合って
盛りあがったことがあったのだが 

会話の最中一人が「そっちの学校に5年生のヤマダユウコっているでしょ?」って尋ねてきた。
聞けば学区内の別の公園に時どき一人で遊びに来る女の子がいる
何度か一緒に遊んだことがある
「○○小(自分とこの小学校)5年のヤマダユウコ」だと言っていた…という話だった
確かにヤマダユウコという名の子はうちの学校にいた。
いる、ではなくて、いた
自分の一学年下で失踪して捜索願が出ていた子だから

でも失踪したのは自分が小3のときで、そのとき既に3年近く経っていた。
確かに失踪した山田さんが普通に学校に通っていれば
その当時5年生なわけだが…。

後日に友達の弟(5年生)に
現在の同級生でヤマダユウコって子がいるか聞いたがいないとのことだった。

先生にもこの話は伝えたけれど
その後失踪した山田さんについての新しい情報が出たという話は聞いていない。
隣学区の公園に来ていたというヤマダさんは本当に失踪した子だったのか 
そうでないならヤマダユウコと名乗った人物は誰だったのか
今でも思い出すと気味が悪い思い出。



↑このページのトップヘ