サイケデリック・奇譚

永遠の日常は非日常。

タグ:海

544 :本当にあった怖い名無し:2005/12/07(水) 00:34:03 ID:NZNHKwqA0
普段付き合いのいい同僚が、何故か海へ行くのだけは頑として断る。
訳を聞いたのだが余り話したくない様子なので、飲ませて無理やり聞き出した。

ここからは彼の語り。
ただし、酔って取り留めのない話だったので、俺が整理してる。


まだ学生だった頃、友人と旅に出た。
たしか後期試験の後だったから、真冬だな。
旅とは言っても、友人の愛犬と一緒にバンに乗って当てもなく走っていくだけの気楽なもんだ。
何日目だったか、ある海辺の寒村に差し掛かったころ
既に日は暮れてしまっていた。
山が海に迫って、その合間にかろうじてへばり付いている様な小さな集落だ。
困ったことにガソリンの残量が心もとなくなっていた。
海岸沿いの一本道を走りながらGSを探すとすぐに見つかったのだが、店はすでに閉まっている。
とりあえず裏手に回ってみた。

玄関の庇から、大きな笊がぶら下がっている。
出入りに邪魔だな、と思いながらそれを掻き分けて呼び鈴を鳴らしてみた。
「すんませーん。ガソリン入れてもらえませんかー?」
わずかに人の気配がしたが、返事はない。
「シカトされとんのかね」
「なんかムカつくわ。もう一度押してみいや」
「すんませーん!」
しつこく呼びかけると玄関の灯りが点き、ガラス戸の向こうに人影が現れた。
「誰や?」
「ガソリン欲しいん…」
「今日は休みや」
オレが言い終える前に、苛立ったような声が返ってくる。
「いや、まぁそこを何とか…」
「あかん。今日はもう開けられん」
取り付く島もなかった。諦めて車に戻る。
「これだから田舎はアカン」
「しゃーないな。今日はここで寝よ。当てつけに明日の朝一でガス入れてこうや」
車を止められそうな所を探して集落をウロウロすると、
GSだけでなく全ての商店や民家が門を閉ざしていることに気付いた。
よく見ると、どの家も軒先に籠や笊をぶら下げている。





545 :本当にあった怖い名無し: 2005/12/07(水) 00:35:27 ID:NZNHKwqA0
「なんかの祭やろか?」
「それにしちゃ静かやな」
「風が強くてたまらん。お、あそこに止められんで」
そこは山腹の小さな神社から海に向かって真っ直ぐに伸びる石段の根元だった。
小さな駐車場だが、垣根があって海風がしのげそうだ。
鳥居の陰に車を止めると、辺りはもう真っ暗でやることもない。
オレたちはブツブツ言いながら、運転席で毛布に包まって眠りについた。


何時間経ったのか、犬の唸り声で目を覚ましたオレは、辺りの強烈な生臭さに気付いた。
犬は海の方に向かって牙を剥き出して唸り続けている。
普段は大人しい奴なのだが、いくら宥めても一向に落ち着こうとしない。
友人も起き出して闇の先に目を凝らした。
月明りに照らされた海は、先ほどまでとは違って、気味が悪いくらい凪いでいた。
コンクリートの殺風景な岸壁の縁に蠢くものが見える。
「なんや、アレ」
友人が掠れた声で囁いた。
「わからん」

それは最初、海から這い出してくる太いパイプか丸太のように見えた。
蛇のようにのたうちながらゆっくりと陸に上がっているようだったが、
不思議なことに音はしなかった。
と言うより、そいつの体はモワモワとした黒い煙の塊のように見えたし、
実体があったのかどうかも分からない。
その代わり、ウウ…というか、ウォォ…というか、形容し難い耳鳴りがずっと続いていた。
そして先ほどからの生臭さは、吐き気を催すほどに酷くなっていた。
そいつの先端は海岸沿いの道を横切って向かいの家にまで到達しているのだが、
もう一方はまだ海の中に消えている。
民家の軒先を覗き込むようにしているその先端には、
はっきりとは見えなかったが明らかに顔のようなものがあった。

オレも友人もそんなに臆病な方ではなかったつもりだが、
そいつの姿は、もう何と言うか「禍々しい」という言葉そのもので、
一目見たときから体が強張って動かなかった。
心臓を鷲掴みにされるってのは、ああいう感覚なんだろうな。
そいつは、軒に吊るした笊をジッと見つめている風だったが、
やがてゆっくりと動き出して次の家へ向かった。
「おい、車出せっ」
友人の震える声で、ハッと我に返った。

 

546 :本当にあった怖い名無し:2005/12/07(水) 00:36:01 ID:NZNHKwqA0
動かない腕を何とか上げてキーを回すと、静まり返った周囲にエンジン音が鳴り響いた。
そいつがゆっくりとこちらを振り向きかける。
(ヤバイっ)
何だか分からないが、目を合わせちゃいけない、と直感的に思った。
前だけを見つめ、アクセルを思い切り踏み込んで車を急発進させる。
後部座席で狂ったように吠え始めた犬が、
「ヒュッ…」と喘息のような声を上げてドサリと倒れる気配がした。
「太郎っ!」
思わず振り返った友人が「ひぃっ」と息を呑んだまま固まった。
「阿呆っ!振り向くなっ!」
オレはもう無我夢中で友人の肩を掴んで前方に引き戻した。
向き直った友人の顔はくしゃくしゃに引き攣って、目の焦点が完全に飛んでいた。
恥ずかしい話だが、オレは得体の知れない恐怖に泣き叫びながらアクセルを踏み続けた。


それから、もと来た道をガス欠になるまで走り続けて峠を越えると、
まんじりともせずに朝を迎えたのだが、
友人は殆ど意識が混濁したまま近くの病院に入院し、一週間ほど高熱で寝込んだ。 
回復した後も、その事について触れると激しく情緒不安定になってしまうので、
振り返った彼が何を見たのか聞けず終いのまま、
卒業してからは疎遠になってしまった。
 
犬の方は、激しく錯乱して誰彼かまわず咬みつくと思うと
泡を吹いて倒れる繰り返しで、可哀そうだが安楽死させたらしい。
結局アレが何だったのかは分からないし、知りたくもないね。
ともかく、オレは海には近づかないよ。

 
以上が同僚の話。
昔読んだ柳田國男に、笊や目籠を魔除けに使う風習と、
海を見ることを忌む日の話があったのを思い出したが、今手元にないので比較できない。



【百物語も】短編怪談大募集!【話が進む】


6 :名無しさん :2014/03/27(木)14:40:20 ID:???
暗くなるころあの海で


7.ウキモノ
新潟の村上は、日本海側では随一の鮭どころとして知られ、冬ともなると
軒先に吊された鮭がひとつの風物詩となっている。
古い城下町の趣きを残すこの地にはまた、それと同じくらい昔から
ウキモノという変わった言い伝えが残されている。
 
村上藩の藩士某が、お役目で島に渡ろうと沖にこぎだすと、霧のむこうに
不思議な形をした大きなものが見える。
岩礁のたぐいかと訝しんだが、動いているので何かの生き物のようでもある。
近づいて真偽を確かめんとしたが、いつのまにか見えなくなってしまった。
 
何をするわけでもなく、この街の沖では
ときおりこうしたものが浮かんでいるのだそうだ。




【百物語も】短編怪談大募集!【話が進む】

11 :名無しさん :2014/03/28(金)10:06:31 ID:???
暗くなるころあの海で

12.イソガキ
三浦半島は砂浜よりも岩場が多く、釣り人ならともかく
海水浴等の遊びには向かない土地柄だ。
そんな土地にはそれにふさわしい話が残っているもので、
以下は三浦に出かけた際、市役所の職員から聞いた話である。

 
昔からこの辺りでは、磯遊びや釣りに出かけるときは芋やカボチャを持っていけという教えがあるそうだ。
もしそれを忘れると、岩場で急に猛烈に腹が減りだし、甚だしくは
そのまま人事不省に陥ってしまうという。
地元の人はこれを「イソガキ」と呼ぶ。

 
深山に分け入った旅人が急に目が回って倒れるという「ヒダルガミ」という話とよく似ている。

あちらは握り飯をもっていれば難を逃れられるのだが、
なぜかこちらはイモタコナンキンだ。これも土地柄か。

イソガキとは磯餓鬼なのだろうが、
なぜ海に限った話なのかは判らない。




【百物語も】短編怪談大募集!【話が進む】


20 :名無しさん :2014/03/28(金)23:56:49 ID:???
 暗くなるころあの海で


14.アトゥイ
アトゥイとはアイヌ語で「海」を指す。
冬になって沖が見渡す限りの流氷に覆われ、果て知らぬ平原のようになったころ、
アトゥイは現れるという。

遙か遠い水平線のあたりに、人とも獣ともつかぬ灰色の影が立ち、
沖から吹き寄せる風に乗せて悲鳴にも似た叫びをびょうびょうと響かせるのだそうだ。
網走では、厳冬期を迎えるころこのアトゥイの声を聞き、狂い死にする者が後を絶たなかったとも聞く。
 
この地に生きる人にとって、アトゥイとは海そのものへの畏れに他ならなかったのだろう。
網走の海では、今でもときおり、アトゥイと思われる声が街に響く。




【百物語も】短編怪談大募集!【話が進む】


21 :名無しさん :2014/03/28(金)23:59:15 ID:???
暗くなるころあの海で


15.ヤナムン
ヤナムンとは琉球方言で「悪霊」のことだ。
もっとも現代語である悪霊という言葉のもつ意味とは若干ニュアンスが異なるが。

琉球にはユタと呼ばれる巫女信仰が根強く残る。
ユタは、カミダーリーという憑神状態を経て一人前となるのだが、
この時各地のウタキという聖地を半ば心神喪失しながら経巡るのだという。

昔、このカミダーリーの際、恩納村の海岸でヤナムンにあったユタがいたそうだ。

ヤナムンはユタを見るとともに海の底に行こうと語りかけてきた。
ユタが嫌がると、それでは代わりに
お前の別れた夫のマブイ(魂)を連れて行こうといった。
それをも嫌がるとではお前たちのかわりにもっと多くのマブイをとってくるとしようと言い放ち、
ヤナムンは潮騒の向こうに消えた。

 
ただの言い伝えなので、ヤナムンが何のことを言ったのかは判らない。
戦前の話であれば何か判ったような気もするのだろうが、これは戦後の話だという。



【百物語も】短編怪談大募集!【話が進む】


55 :名無しさん :2014/04/03(木)11:22:35 ID:???
暗くなるころあの海で


46.シチニンミサキ
ミサキ、というものをご存じだろうか。

もちろん知っている。岬のことだろうとあなたは思うだろう。
だがさにあらず、ここでいうミサキとは海で死んだもののことを指す。


ミサキに災いを受けることはイキアイと呼ぶすそうだ。
場所は愛媛県である。

この土地には七人ミサキという言い伝えがある。

時化の海で助けを求めた若い漁師七人に対し、
土地の者は二重遭難を恐れて救いの手を差し伸べなかった。
それから30年もたったころから、
この海域では遭難が相次ぐようになり、いつしかシチニンミサキと呼ばれるようになったという。

真偽のほどは判らない。

七人というのは伝説でよく繰り返される言い回しだ。
また別の存在として天ミサキ、海ミサキというものもあるが、こちらは正体すら判然としない。
岬はもしかしたらミサキの転化したものなのかもしれない。


ミサキは御陵か御霊とでも書くのだろうか。




【百物語も】短編怪談大募集!【話が進む】


60 :名無しさん :2014/04/04(金)07:08:49 ID:???
暗くなるころあの海で


49.モウレイ
帝国海軍において、輸送という任務がつとに軽視されていたのは有名な話だ。
大東亜戦争全般において海陸併せて兵の損耗率が十数%だったのに対し、
徴用された民間船員の実に四十数%が海の藻屑と消えた事実からも、それは察せられる。
武器ももたず、攻撃されればただ死ぬしかない戦場で
彼等は戦っていた。


その日も、南方へ向けての輸送船団を引き連れてたった一隻の駆逐艦が護衛の任についていた。
既に制海、制空権を奪われた海に漕ぎ出したこの作戦は死出の旅路と呼ぶにふさわしいものだった。

日も暮れ、海上に霧が出て視界不良となったが、船団は潜水艦回避の「之の字運航」を続けていた。

ふと駆逐艦航海長が後続すべき輸送船がいつのまにか
前方に回り込まんとしていることに気がついた。
艦長は即座に増速を命じたが、追い付くどころかむしろ引き離されそうである。
無線封鎖の上にこの霧で発行信号にも応答がない。
そのうち、甲板の水兵が海がおかしいと騒ぎ出した。

漆黒の海は血のようにねばつき、あやしくぎらぎらと波打っている。

艦が機関停止して様子を見ると、暫くして後方霧の彼方から僚船がやってくるのが視認された。
前方の船影がなんだったのかついに確認はできなかった。


公式戦史には残っていないので、この船団がどれを指すのか、
その後彼等がどうなったのかは判らない。
終戦時、かろうじて無事に残された船は戦前の二割に満たなかったという。




【百物語も】短編怪談大募集!【話が進む】


70 :名無しさん :2014/04/06(日)08:07:15 ID:???
暗くなるころあの海で

55.イニンビー

沖縄の久米島といえば、行ったことがなくても焼酎の名前などでご存じの方もいるだろう。
東シナ海に面し、ほとんど日本とは思われないこの南の果ての島で
イニンビーという不思議な話を聞いた。


島にはヒヤジョウパンタと呼ばれる断崖絶壁がある。
夏に訪れれば美しい珊瑚礁を見晴るかす雄大な景色が楽しめるが、
実は荒涼と風の吹きすさぶ寂しい荒れ野という形容がしっくりとくる最果ての地で、
この先に人が住まない無限の海が広がることをまざまざと感じさせる場所でもある。

この丘にたつと、海原に
はての浜と呼ばれる不思議な島めいたものが見える。
青緑色の海の中に突然草一本ない砂浜だけがぽかりと浮かび、
なるほどはての浜なのだなと感じられるが、
秋、独りでこの地に立つとごくまれにはての浜に立つ女を見かけることがあるという。


女はたいてい白い単衣を着て、
水字貝と呼ばれる大きな棘を広げた異形の貝殻を持って立っているのだそうだ。
今にも海に呑まれてしまいそうな砂州に、
船らしきものも寄せずに独り立ち尽くす女を見かけたら、決して目を合わせてはいけない。
そんな晩には必ず、沖を一群の漁り火めいたものが
列をなして通り過ぎるのが見えるという。

女と目をあわせ、イニンビーと呼ばれる
その沖の火を見てしまった者は、大概どこかへ失せてしまうと島の者は言っていた。

イニンビーは遺念火と書く。
いつか女の姿を見たいとたびたび訪ねてみるのだが、
どうやら私にはその資格がないらしい。
消えてしまった人々がどこにいってしまったのかは誰に聞いても判らなかった。




【百物語も】短編怪談大募集!【話が進む】


83 :名無しさん :2014/04/09(水)07:49:04 ID:???
暗くなるころあの海で


64.タイノシマ

伊勢湾口に位置する神島は、三重県の最東端にあたり、
伊勢にとっては「沖の島」として信仰の一部をなす重要な島である。

この神島には、今でも語り伝えられる「タイノシマ」という不思議な伝説がある。


かつて、神島よりさらに沖合に大きな島があり、
そこには数百人の暮らす村も大寺院もあって一大集落を形成していたが、
あるとき不意の大津波でなんと島ごと水没してしまったという。

今となっては島の名前も定かではないが、
このとき滅んだ村にちなんでこの島は永く「絶えの島」と呼ばれていたそうだ。
このとき、かろうじて災害を逃れた者のうち、
11の家族が神島に移り住み、6家族が知多半島の内海に移り住んだので、
その土地は「引っ越し」と呼ばれ、やがて「吹越」に変わったと伝説は伝えている。


気の遠くなるような年月の果てに伝説も忘れられ、
「絶えの島」はその海域が鯛の良い漁場として知られたことから
いつしか「鯛の島」と呼ばれるようになった。


生き残りの家族たちが現在でも血筋を残しているかどうかはあいにくと聞きそびれたが、
まるでアトランティスのようなこの伝説を聞くにつけ、
海底に沈んだ村がいつの日にか
その全貌を現してくれることを願ってやまない。



【百物語も】短編怪談大募集!【話が進む】

281 :名無しさん@おーぷん :2015/08/16(日)10:18:19 ID:???
地獄の釜が開くから盆に海には入るなって話は誰しも聞いたことがあると思う
山も正直お勧めできない

ただどこもかしこも危険な海とは違って、山には絶対的に危険な場所がある
霊道といわれる霊の通り道

普段は敏感な人なら何か感じるかもしれないが程度

しかし盆になるととたんに大量の霊の通り道になるため危険度が増す

盆に山に入って虹色の柱が見えたら「近づくな」「触れるな」「手をだすな」
これが鉄則

生きている人間がただ眺めるだけなら何の影響もない

触ったり、いたずら心で物を投げたりなんて絶対してはいけない

あの世とこの世を行き来する霊の道だから
死にたくなかったら眺めるだけにしてほしい

長年林業をしている叔父が実際にこれを見ている
盆は山も案外危険だよと知っておいて欲しい



↑このページのトップヘ