サイケデリック・奇譚

永遠の日常は非日常。

タグ:犯罪

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1416044711/

409 : 本当にあった怖い名無し:2015/01/16(金) 22:31:11.62 ID:wAcPyzrLO.net
西大門刑務所では拷問が行われていた。

当時の朝鮮の警察官の7割は現地の朝鮮人といわれ、
特に下っ端の警官,刑務官はほとんどが朝鮮人。
拷問を行っているのは、全てと言っていいほど朝鮮人。
それとあの拷問のやり方は、拷問史などに詳しい人に言わせれば、李氏朝鮮時代の朝鮮式拷問。
伊藤博文は、朝鮮式拷問の残虐さを聞き、禁止令を出したほど。

日本統治時代35年間に処刑された朝鮮人は
強盗・殺人など、刑事犯を含んでも約1万人。


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1429018865/

160 : 本当にあった怖い名無し:2015/05/02(土) 02:20:19.21 ID:iNYxxxbB0.net 
暴力は受けてはいないものの悪口を執拗に言われ続ける、所謂いじめを受けていた時の話
担任に度々相談に行っていたが典型的なことなかれ主義の教師みたい?で
性格上連中に注意をしていないのか事態は収まらず。

ある日自分は怒りのままその教師に生意気に
もいじめ問題に取り組まない姿勢を職務怠慢だと非難した
すると平常時の何事が起きても飄々としている態度が一変し、自分に怒鳴りかかった

詳細に記述すると長くなるので要約するが
俺もガキの頃テメェみたいなウジウジと気の弱い奴をいじめてたぜ!
自分で解決しろよ?
俺は○○(いじめっ子たちの名前)と同類、あいつらの味方かもなw

悔しくてその日は泣いて帰り、数日間学校を休んだ。
それから連中は悪口で無罪だし俺だって!と暴力で仕返しをし、
そのことが学校で問題になり
教員や生徒の間でも事の発端となった連中のいじめ行為が浮き彫りになって解決した。

先生はリア充スポーツマンというタイプで何の不自由もない青春を送ってきたのだろうが
例の言葉のように人を見下している面もあるのかと怖くなった。
まぁ教職を選ぶ時点で学校が好きなリア充で悪いこともする
どちらかと言えば加害側に分類される人が多いか

実は何度も連中に注意したが無駄で、
あの時の煽りは自分を決起させるために言ってくれたのでは?とも思う
大学時代の友達に教師になった子がいるが
彼女も生徒を平等に見ることが大変といった旨の話をしている





165 : 本当にあった怖い名無し:2015/05/02(土) 08:43:15.65 ID:zheIoTjR0.net 
教師って色々おるからね。
俺も小学生の頃に壁にスプレーでイタズラ書きをしたという無実の罪で
一時間くらい尋問を受けた。
結局疑いを晴らせず泣きながら家に帰って親に報告して抗議してもらったよ。


167 : 本当にあった怖い名無し:2015/05/02(土) 11:56:21.34 ID:hUcwe0cuO.net 
教師や警察官を立派な人間がなるものだと勘違いしてる奴が未だに居るのか
単なる職業の一種だからクズ教師やクズ警察官なんざ珍しくない


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1382553456/

594 : 本当にあった怖い名無し:2014/11/07(金) 03:31:59.83 ID:/jAPGSOB0.net 
うちのマンションにはエレベーターが2基ある
一定時間使用が無いと電気が消えてモニターが真っ黒になるんだけど
ボタンを押すと電気がついてモニターが映る

深夜自宅に戻ってきた時のこと
その時両方とも1階で止まっていた
モニターはどっちも真っ暗だった
片方のエレベーターを押したらモニターがついてドアが開いた

その時上の階で誰かが呼んだのか隣のエレベーターも動き出して上がっていった
でも何気なく隣のモニターを見たら帽子をかぶってうつむいた男が乗ってたんだよ
今まで止まってて真っ暗だったはずのエレベーターに。
泥棒か不審者かもしれないけど
一定時間真っ暗なエレベーターの中にずっと居た?って気づいて心底ぞっとした

あまりに怖くてエレベーターに乗れず
食い入るようにモニター見てたら
最上階まで行ってドアが開いたのにその男はエレベーターを降りなかった
そのまま、またその階で止まったままになった
止まったエレベーターに男がじっと立っている

恐ろしくてたまらず、足音を消して自宅の階まで階段で必死で帰った
自宅に戻って鍵をかけ、しばらく耳をすませていたけど
その後もエレベーターが動く気配はなかった

あの男は一体何をしてたんだろう?


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1427669698/


129 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/15(水) 22:06:57.40 ID:MPeaTGdc0.net
昔、曽祖母(現在生きてたら100超えてる)から聞いた話が
本当に胸糞悪いし後味悪かった。
最近母と祖母と話しているときもこの話題になり、
詳しい話を聞きいてとても嫌な気持ちになったのでここで吐かせて欲しい。

 
曽祖母がまだ第一子(叔父)を産んだばかりの頃、
近所に新婚のA夫婦が引っ越してきた。
A夫婦は当時にしては結構な裕福な暮らしをしていて、とても美男美女だったそうな。
しかしそれを鼻にかけることなく、
物凄く親切で優しい人柄から近所でもみんなから可愛がられていたという。


しばらくしてA夫婦は当時の一般市民では夢のまた夢である海外
(国は曽祖母も忘れたって言ってた)に新婚旅行へ行った。
だけどそこで事件に巻き込まれてしまう。
今でも国によって言われているけど、日本人=金持ちと思われ
現地でA夫婦は別々に拉致され、監禁暴行されてしまった。
幸いなことに2人とも軽い骨折程度で済み、それぞれ別々の場所で捨てられているところを保護された。
そして無事に日本に帰国。


長いので切ります。
文章力ないから読みづらいと思うごめん




130 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/15(水) 22:09:03.97 ID:MPeaTGdc0.net

それからしばらくA奥さんは自宅療養をしていたが、持ち前の明るさと
周りの助けもあって徐々に回復。
そして嬉しいことに妊娠も判明。
これからはたくさん良いことがあるからね、と曽祖母たちも心から祝福した。

いよいよ陣痛がきて待望の赤ちゃんが産まれた。


…もう読んでる人は分かってると思うけど、そう、産まれた赤ちゃんは真っ黒の肌だった。
 実は新婚旅行のあの事件でA奥さんは黒人にレイプされていて、
そのときに妊娠してしまっていたのだった。

 
奥さんは赤ちゃんを見るなり発狂してしまって、その日のうちに
旦那さんと親宛に「私のせいですごめんなさい」と書き置きを残して飛び降り自殺をした。 
旦那さんが急いで仕事から抜けて駆けつけた頃には
奥さんはこの世にはいなくて、真っ黒の赤ちゃんと書き置きだけが残っているだけだった。


その後、旦那さんと御両親が近所に挨拶を来て引っ越して行った。
そのとき赤ちゃんの姿はなく、
他の近所の人によると、赤ちゃんはあの後すぐ施設に入ったみたい。
旦那さんが別人のように痩せ細って
うつろな目をしていたのが忘れられない、と曽祖母が言っていた。


その赤ちゃんは今でもご健在ならうちの祖母と同じくらいなんだよね。
せめて、赤ちゃんだけでも幸せに生きててほしいな。と思うけど
当時の時代を考えると、そんな綺麗事じゃ終われない話なんだけどね。

 
長々とごめんなさい、ありがとう
こういう話は別世界の話だと思ってたから、
まさか時代は違うとはいえ、うちの近所での話だったから余計に色々考えさせられた。



138 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/16(木) 00:15:01.15 ID:Quq9XRdu0.net
曽祖母の第一子が叔父?



143 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/16(木) 01:56:52.53 ID:zIHkQVnm0.net
>>129の曽祖母の話を書いた者だけど、色々と間違いと思い込みもあってごめん。 
叔父じゃなくて、大叔父か。祖母の兄だから。
おじさんって普段呼んでるからごっちゃになってしまった。


あと金目当てでって書いたのは、
後日祖母と母にこの話曽祖母が言ってたけど本当なの?って聞いたときに、
祖母が新婚旅行の下りで「金目当てだろうね~怖い」って言ってたから納得してけど、
確かに時代的にはおかしいよね。
もしかしたら現地でトラブったりしたのかもしれないね。


曽祖母は嘘が大嫌いで、心霊系や都市伝説も興味ないような人だったから嘘だとは思えないんだ。

祖母も母も曽祖母本人から聞いてる。
私含め全員があそこの場所に家があった、と詳しく場所まで聞いていたし、
それぞれ話を聞いた時期が10年以上あいてるんだ。

 
私だけが話を聞いたなら、その当時でもう曽祖母も歳だったから痴呆で済まされるけど、
祖母に至っては祖母が学生時代のときに話を聞いたと言っていた。

もしこれが嘘ならひ孫の代まで
なんのためにこんな胸糞悪い話したんだよ、と思う。


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1429018865/


217 : 本当にあった怖い名無し:2015/05/05(火) 22:54:18.52 ID:bv3Nt0HL0.net
小5のとき、幼なじみと英会話の塾に通ってた。
ある日の帰り道、面識の無いおっさんに呼び止められた。
「ちょっと僕、ここ見てごらん。面白いものがあるよ」
おっさんは手招きして停めてあった車の運転席のドアを開け、そこから中を覗いてみろと言ってきた。

ものすごい怪しい。
幼なじみもいぶかしんでいた。

ただ、自分は当時からキョロ充で
相手がこうしろって言ってきたことを拒否できない人間で
(街で配られてるティッシュやチラシは必ず受けとるし、街頭アンケートもうまく断れない)
今回も相手が中を見ろって言ってきた手前、断りあぐねていた。


でも近づいた途端に車に押し込められ
誘拐されるんじゃないかって不安が強かったから
どうしようか悩んだんだけど(幼なじみはやめとこう、帰ろうって訴えてた)
変に断って相手の気を立たせて追いかけられたら嫌だって気持ちの方が強かった。




218 : 本当にあった怖い名無し:2015/05/05(火) 22:55:45.51 ID:bv3Nt0HL0.net
だから言われた通り中を除いてみることにした。運転席側じゃなく助手席の窓から。
車からはある程度距離をとって。
相手は運転席側に立ってるから変な動きしたらすぐ逃げれるようにと思って。
 
中を見ようとしたんだけど、とくに何もおかしいものはなかったと思う。
そしたらそのおっさん
「そっちじゃなくてこっちから見てみなよ」って言ってきた。

あ、これマジでヤバイってなって二人して
「あ、ぼぼぼ僕たち急いでるんでもう帰ります!」
「あ!い、急いでます!」
みたいにテンパって自転車で全力で逃げた。
 
二人でヤバイヤバイ!って叫びながら
走ってたんだけどそんときは追い付かれることは考えてなかったと思う。
それよりもこのまま家に帰ったら家覚えられるんじゃね?ってなって
どうしようどうしようって自転車こぎながら言い合ってた。

もう少しして家に着くって所だったんだけど、
その前に団地があって自分等と同学年の子らとその親が広場で遊んでた。
自転車くっと曲げてそこに入ってって
おばちゃんだったと思うんだけど今あったこと二人で捲し立てるように説明した。

でも二人とも興奮してたから
「車の中覗けって誘拐されそうになって!」みたいな滅裂なこと言ってたと思う。
おばちゃんも落ち着いて、
誘拐?みたいにわけがわかってないようだったから
「だからさっきあっちでへんなおっさんに誘拐されそうになって!」って
塾の方を指差そうと振り返ったら
さっきの車が団地の前に停まってて、振り返ったとたん走り出してった。

 
結局それから何かあった訳では無いんだけどやっぱり誘拐しようとしてたのかな。
それよりも自分がおっさんになって思った事なんだけど、
当時は運動もしてたしいざとなったら逃げ切れるだろうって思ってたけど
小学生位だったら走っても捕まえることできる気がする。
相手車だし逃げ切れて本当よかった。

 
自分の息子が似たような体験をしないことを切に願う


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1424959780/


682 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/02(木) 10:59:35.49 ID:tneJWhJ70.net
昔友達と遊ぶ約束しててとある繁華街の近くで待ち合わせ
俺が少し遅れて現場に到着すると
着崩した友達が今まさにハイエースされそうになってた


思わず「何してんだゴルァ!!」て叫んで走って行ったら友達も気づいて抵抗して
そいつらは逃げたんだけど
友達背が小さくて細くて女顔だけどどうみても男なんだよね。

なんで拉致られんだよって言ったら
泣きながら
「あ、こいつ男じゃん?まぁいいか」ってあいつら言ってた!とか
 
やっぱ都会は怖いなあって感じた


おーぷん2ちゃんねる百物語2015 


167 : 宵待草@代理投稿◆zGmkUMDv/mqt:2015/02/20(金)19:16:39 ID:qVe
第55話 『出られないよ』 雷鳥一号◆jgxp0RiZOM 

知り合いの話。

ある夜、彼女がそろそろ寝ようかと考えていると、携帯電話が鳴った。
すぐ近所に住んでいる友人からだ。
「トイレから出られなくなった、助けて!」という内容だった。

詳しい事情を聞くと、次のようなことを言う。

「トイレに入っていると、ドアがいきなりガタッと音を立てたの。
驚いて開けようとしたんだけど、何かに押さえられているかのようにどうやっても開かなくなってるの!」


「何とか開けようと悪戦苦闘していたんだけど、その時聞こえたの。『出られないよ』って笑う声が! 
もう恐くてドアに近寄れない。お願いだよー、助けに来て!」


取りあえず「落ち着け」と伝え、友人宅へ向かうことにした。
女一人では流石に不安なので、隣部屋に住んでいる男の後輩を叩き起こし、一緒に行って貰うことにする。

到着すると、勝手知ったる鍵の隠し場所を探ってみた。
鍵はちゃんといつもの隠し場所にある。
誰かがこれを使って侵入した訳ではなさそうだ。


後輩と共に上がり込むと、トイレの方から啜り泣く声が聞こえた。
慌てて駆け寄ると、トイレのドアに色々な物がつっかえており、
中からはまったく開かないようになっていた。




168 : 宵待草@代理投稿◆zGmkUMDv/mqt:2015/02/20(金)19:18:03 ID:qVe

二人で障害物を取り除くと、中から青い顔の友人が転がり出てくる。
「ありがとう! 本当に恐かったよー!」
泣きじゃくる友人を宥めながら、注意をする。
「トイレの前にこんなに物置いちゃ駄目だよ」と。

友人はキョトンとした顔になり、答えた。
「こんなに沢山の物、廊下に出しっ放しになんかしてないよー」


そこで、それまで黙っていた後輩が口を挟んできた。
「これって明らかに、つっかえ棒になるように誰かが置いてますよ。
全部が全部、あんなにきれいに並ぶ訳がない。ちゃんと同じ長さの物を揃えてあるみたいだし」

後輩の言っていることが理解できると、二人は真っ青になった。


「やっぱり誰かが屋内に入り込んで、悪さしたんじゃないですかね。
先輩、鍵を外に隠すのは止めた方が良いですよ、絶対」
真面目な顔でそう忠告してくれた。

「先輩も一応、女性なんですから」
一言多い後輩だった。


それからすぐに、友人は引っ越した。
屋外に鍵を隠すことも止めた。
その甲斐あってか、あれから恐い思いはしていないらしい。
しかし「今でも時々思い出して気持ち悪くなるよー」と言っているそうだ。



死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326 


434 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/01(水) 14:48:44.11 ID:+oA/5WDg0.net
うちの社名が変更になった時の話

簡単に言うと商標ゴロにヤラレてただけなんだが
担当者が俺になった

とりあえず相手先企業の連絡先を調べてみると
新宿区は新宿区も新宿駅から徒歩数分程度のマンション
あの辺のマンションはヤミ金と風俗の寮と893様のペパカンの事務所兼チンピラ雑居房だらけだから
この時点でおれは893様案件かとため息ばかりだった

 
いざやいざやと弁護士と部下ひっ連れて乗り込むと
ヤクザのヤの字もない普通に生活痕のある住居
弁護士は訴訟か取り下げかを迫った

簡単に言うとすでに日本国内で著名となった権利者のある商標を他社や他人が勝手に出願した場合は
裁判には長い費用と関係者の疲労がつきまとうものの
高い確率で無効になるんだ
特にこの相手は類似した商品を売ってるわけでもなんでもないから
確実に勝てる案件ということで弁護士はウキウキしてた


数日後、俺が寝苦しくて自宅マンションで目を覚ますと
なんかドアがどんどん叩かれてた
「いつ勝ってくれるんですか? 二敬遠です」
あれ、いつ野球やってんだ
っていうか俺スポーツは剣道派だぞ?
で、よく聞き直すと
「いつ買ってくれるんですか? 二京円です」
 
京なんて単位聞いたことないなあとか思った直後に
ねぼけから醒めてなんでこいつがドアの前にいて叫んでるんだと気づいてドビクリまくった


数分後には他のマンションの住人から通報があったみたいで
ドアの前で警察と悶着から被害者からの聴取まで一連のコース体験
まさか、あんな穏やかそうな人が豹変してあんな真似するとは思わなかった
家? 当然引っ越したよ




435 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/01(水) 15:01:10.21 ID:+oA/5WDg0.net
で、引っ越してから二週間ほど平和だったんだが
唐突に受付から連絡があって俺を名指しで喚いてるというのがいる

警備室案件だというから任せたら
更に数日後には会社から最寄り駅までの通りにあいつがいて
俺に気づくなり
「いつ買ってくれるんですか?今なら99%OFFで200億円にまけておきますよ」
っていいながら迫ってくる
 
で自分から体当たりしてきて仰向けに倒れこむ
でもって自分で頭を地面に打ちつけながら
「いたーいひどーい!わーわー!おぎゃー」
こんなかんじだったかな 
なんか舌っ足らずなしゃべり方に変わってよくわからんかった

 
もう、定時帰りのサラリーマン達がドン引き
同じビルの連中が俺とそれを見比べるし
殴ってくるやつなら殴り返せば済むけどこれじゃ何やっていいかわからなくなるのな


で、こいつが多重人格者だったってことがわかったのは
893っぽい言葉遣いとグレーのスーツに紫色のシャツに黄色のネクタイ締めて来た時
 
端的にいうと新しい家もバレて襲撃しにきた
幸いうちのトイレは窓が割れる音に気づいて通報した俺を助けにきてくれるまで保つだけ頑丈だった

何に使うか考えたくないノコギリやら窓割る道具やらぶちまけて
家の中で警官ととっくみあいはじめるからほんと怖かったわ

 
おまえらも家選ぶときはどんなに部屋が狭くっても個室でドアが頑丈なトイレと
管理人常駐のマンションを選べよ
 もう、そういう場所でしか暮らせない体になってしまった


437 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/01(水) 15:27:11.98 ID:Sl7CDZGD0.net
もちろんそいつはブチ込まれたんだろうな?
ムショなり病院なりにさあ
そんなのがまだ野放しだったらコエーよ
まあ他にもいっぱいいるんだろうが……
世の中キチガイだらけでマジこえーよ


438 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/01(水) 15:37:50.46 ID:+oA/5WDg0.net
刑務所入りは免れたけど病院入りしたみたい
暖かく地方支社へ送り出してくれた本社の仲間からはまた来たって話はきかないんで
多分大丈夫だと思う


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1425021857/


720 : 本当にあった怖い名無し:2015/06/25(木) 17:14:06.19 ID:HNlw3JT40.net
自分が体験した不思議なことを書き込むスレとどっちに書こうか迷ったけど、
こっちの方が進んでそうなのでこっちに書き込みます


昨日体験した話
大学の講義の空き時間にアパートに帰って昼寝してると、
金縛りにあって、上に人が乗っかってきたんだ
 
ここ最近同じように金縛りにあって、顔にキスされたり
胸に顔うずめられたりすることが重なったから、
「やめてよっ」って感じで、そのときは右手で追い払う仕草をしたんだ
(金縛りにあってたんだけど、なんとか右手だけ動かせた感覚があった)

そしたら片目もなんとか開いて、布団に手のひらをつけている自分の右手が見えたんだ
(左側を下にして横向きに寝ていたらしい)

ここで不思議だったのは、
「あれ?私右手動かしてる感覚あるのに、この布団に手のひらつけてる右手は何だ?」と思ったこと

困ってることは、最初は部屋を通過する程度だった気配が、
どんどん距離をつめてきていること
怖くはなかったから悪いやつじゃないのかな、と思っていたんだけど、
別の意味で「嫌だな」と感じるようになって

 
ちなみに一度だけ容姿が見えたことがあって、
顔はよく見えなかったんだけど、スカジャン着たロン毛の男でした
胸に顔うずめられたときは実家だったんだけど、女性っぽい気配だったな…


受け入れるつもりはないのだけど、除霊するのも気の毒に思ってしまう
どうすればいいんでしょうね




726 : 本当にあった怖い名無し:2015/06/26(金) 05:07:20.27 ID:QLN+zkw+0.net
肉体なくても痴漢は痴漢。
生身なら交番に付き出してるでしょう。
除霊できるつてがあるなら、除霊がいい。


http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1430400003/

353 :名無しさん@おーぷん :2015/05/08(金)18:04:13 ID:9DK
大学生の頃貧乏旅行した時の話

半日電車に乗っていて深夜てっぺん近くに関西本線の某駅で降りた。
何もない田舎なんだけど翌朝行きたい史跡の最寄りだから

ここの近くのネカフェに泊まろうと思って調べたら
ネカフェあるにはあるんだけど、駅からちょっと遠いんだ。
仕方ないから重いショルダーバッグ担いで線路沿いの暗い道をよたよた歩いてた。
街灯がチラホラ立ってたんで真っ暗ではなかったんだが
人通りも開いてる店もなくてちょっと怖かった。


15分くらい歩いていると先の方が林みたいになっていて木の影がたくさん見えた。
うわ嫌だなあと思ったが今更引き返せないし
腹くくってそのま歩き続けた。

だんだん林が近付いてくる。
街灯もこの辺りには立ってなくて真っ暗。
だからそろそろ携帯のライトを付けなきゃなと思い始めた頃だった。

林の向こうからヘッドライトが見えた。
近づいてきてタクシーだと判った。

空車みたいだ。
手を上げようかと思ったが金ギリギリしかなくて
ネカフェまでいくらかかるか不安だったから迷った。


ああ通り過ぎちゃうと思ったら、
すれ違う時に不自然にスピードを落としたんだよ。
あれっと思って運転席を見ると髭面のおっさんがこっちを見て何か合図してるの。

車の進行方向(つまり俺が来た方)を指差してその後左方を指差した。
立ち止まって通り過ぎた車のテールランプを眺めながら首を傾げていると、
車が100メートルほど先で不意に左折した。
ウィンカーを出さずにいきなり曲がった。
俺はさっきの合図と照らし合わせて、ついて来いということかな
と思ったが、正直怪しくて躊躇った。

構わず先を急ごうと前を見たが暗い林を見るとさっきよりも不気味に思えて
よし、と引き返したんだ。

角を曲がるとなんと200メートルも先に車が停まってた。
ますます怪しいのだがここまできたらとそこまでよたよた歩いていった。
バッグのベルトが肩に食い込んで痛かった。

車の側まで行くと運転席の窓が下りておっさんが顔を出した。
「どこに行こうとしてた?」
いきなりそう訊いてきた。

「いやあの、××っていうネットカフェに行こうと思ってたんですけど」
「乗って。行くから」
「え、でも……」
「初乗りでいいから。乗って乗って」
「はあ」

俺は怪しいと思いながらも成り行きに流され
ふらふらと乗ってしまった。

 



354 :名無しさん@おーぷん :2015/05/08(金)18:05:00 ID:9DK
後部座席に乗り込んでバッグをドスンと下ろしたら運転手がすぐに言った
「あそこ曲がる前に伏せて」
「は?」
「さっきの道に戻る前に伏せて。座席の前にしゃがみ込んで。荷物も」
「ええ?なんでですか?」
「後で説明するから。俺がいいと言うまで動かないで」

訳が分からないまま俺は言うなりになって足元にしゃがみ込んだ。
バッグも下に落とした。
運転手はちらっとこっちを見てそのままでねと言った。
窓の外は空しか見えない。やがて右に曲がったようだった。

直進する。
ほどなく林に入ったと見え窓に木の茂みが流れていった。
林を抜けるのに結構長くて30秒くらいかかった。
運転手はあれきり無言のまま。
いつまでこうしてなきゃならないんだろうと思いながらも喋りかけ辛くてしゃがんでいた。


ふっと嫌な想像が頭を掠めた。このままさらっていく気じゃないだろうな。こっそり外を見ようか。
そろそろっと頭を上げ始めた時、運転手が言った。
「着いたよ」
外を見るとそこは確かにネカフェの前だった。

「ありがとうございます」
メーターは回ってなかった。
運転手は初乗り料金を告げ俺は払った。

このまま降りようかと思ったがやっぱり気になって
なぜしゃがませたのか、そもそも最初の合図は何だったのかを訊いた。

「いたんだよ、あそこに」
「え、どこですか?」
「林を通っただろ?あそこな、時々おかしな奴らが待ち伏せしてるんだよ」
「待ち伏せ……」
「通りかかった奴を殴ってボコボコにして身ぐるみはいでレイプして、もう何人も被害に遭ってる。男も女も」
「ええ?!何ですか、それ。警察は?」
「捜査してるはずだが、一向に捕まらない。暗くて目撃者もいないせいか、他に何かあるのか。
何にせよ地元の人間は夜は決して徒歩や自転車で通ったりしない」
「とにかくそれで合図を?」
「もう林まで近かったから、あからさまに停まったらバレる。獲物を奪ったと
追っかけてこられたら面倒だからな」
「しゃがんだのも僕を乗せてることを隠すためだったんですね」
「ああ。じゃもう帰るから」
「あっ、最後に一つだけ。なぜ今夜いると判ったんですか?」
「血がね。ライトで見えたんだ。まだ乾いてなかった」


↑このページのトップヘ